「 健康 」のお役立ち記事一覧

健康
健康に関してのお役立ち記事を紹介しています。妊活中・妊娠中に必要な健康についての知識を広く取り上げました。さまざまな病気に関しての治療法や食事法、薬や生活習慣まで覚えておきたいことはたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてください。

子宮底長を目安に胎児の発育状況を知ろう!

子宮底長を目安に胎児の発育状況を知ろう!

子宮底長(しきゅうていちょう)という言葉を聞いたことはありますか?妊婦さんでもちょっと聞いたことがあるという程度かもしれません。しかし妊娠初期から健診では子宮底長を計測しています。では子宮底長はどうやって計測するのでしょうか?計測する事によって何が分かるのでしょうか?正常値や短い・長い場合の...

「食育」の効果・重要性・注意点まとめ

「食育」の効果・重要性・注意点まとめ

食育とは、2005年に施行された食育基本法を元に、国民一人一人が食に関する様々な経験を通じ、健康な心身や豊かな人間性を育むための取り組みのことです。食に関する正しい知識を身に付けることは生きる力を身に付けることであり、子どもの頃から学ぶことが大切です。ではその「食育」の効果・重要性・注意点に...

若年出産と高齢出産、それぞれの特徴を比較

若年出産と高齢出産、それぞれの特徴を比較

多くの女性が妊娠と出産を経験します。けれどもその時の年齢によっては、体の作りや機能面で通常と違いが出てくることも。そのため若年出産と高齢出産では抱えるメリットやデメリットも違ってきます。 デメリットを知らずに「知らなかった」と後悔するよりも、どんな違いがあるのか理解した上で人生のプランを立...

断乳したい!卒乳したい!赤ちゃんにとってはどちらがいいの?

断乳したい!卒乳したい!赤ちゃんにとってはどちらがいいの?

よちよち歩きの赤ちゃんがはじめてのお誕生日を迎えるころ、ママたちが考えはじめるのは「おっぱいの卒業時期」ではないでしょうか? 断乳、卒乳したいけれど実際どちらがいいのかわからない。赤ちゃんにとって本当はどっちがいいのか知りたい。そんなママのために断乳、卒乳についてメリット、デメリットをまとめて...

産後の肥立ちとは?無理をすると辛い更年期がやってくる?!

産後の肥立ちとは?無理をすると辛い更年期がやってくる?!

産後の肥立ちとは、妊娠して出産するまでの10カ月の間に大きく変化した女性の体が、妊娠する前の体に回復することです。具体的にはどのくらいの期間が必要で、産後の肥立ちが悪いとはどういうことなのか、産後の肥立ちと更年期との関係についてご紹介します。これを知っておけば将来訪れる更年期のつらい症状を軽減で...

おいしくて簡単♪妊活中に人気の献立6選

おいしくて簡単♪妊活中に人気の献立6選

妊活は、妊娠しやすい健康な体づくりをすることです。妊娠しやすい体をつくるためには心がけることがいくつかあります。その中でも食事による妊活は、今すぐにでも始めることができます。毎日続けて栄養のある食材を使ったバランスのいい食事を摂ることで妊娠への近道になります。 ここでは、妊活に活躍する食材...

お散歩でコミュニケーション! 子どもと一緒に犬を飼うメリット

お散歩でコミュニケーション! 子どもと一緒に犬を飼うメリット

動物と触れ合う機会が多いと、それだけ様々なことを学ぶ機会が増えます。そこで、子どもの成長のために、ペットして扱いやすく人気の高い犬を飼おうと検討している家庭も多いのではないでしょうか。お散歩でコミュニケーションがとれるのもいいですよね。そこで今回は、子どもと一緒に犬を飼うとどんなメリットがあ...

妊活の必須栄養素③「鉄分」を豊富に含む食材まとめ

妊活の必須栄養素③「鉄分」を豊富に含む食材まとめ

「妊娠をしたい!」と考えるのであれば、通常以上に「栄養素」に気を付けたいものです。今回はそのなかから、「鉄分」を取り上げることにしましょう。だれもがよく知る栄養素ですが、これは実は妊活にも大きな影響を与えています。鉄分がなぜ必要なのか、たくさん含まれている成分はなんなのか、そしてその効率のよ...

妊活の必須栄養素②「乳製品」を豊富に含む食材まとめ

妊活の必須栄養素②「乳製品」を豊富に含む食材まとめ

チーズや牛乳に代表される「乳製品」。この乳製品が妊娠に及ぼす影響というのは、非常に複雑なものです。できるだけ公平な視点で、乳製品と妊娠の関わりを見ていきましょう。 また、代表的な乳製品やその取り入れ方などについても見ていこうと思います。さまざまな意見を見てみて、それが正しいかどうかをご自身で判...

親の遺伝が関係あり?!子どもの視力を低下させない3つの予防方法

親の遺伝が関係あり?!子どもの視力を低下させない3つの予防方法

「子どものころから近視で、それがコンプレックスだった」「子どものころ眼鏡をかけていて、それをからかわれた」という人もいるのではないでしょうか。このような人にとって、「実は近視は遺伝するのかも」という情報は、「自分と同じ苦しみを子どもに味わわせることになるのか…」と頭を抱える原因となりかねませ...

トップへ戻る