「 仕事 」のお役立ち記事一覧

仕事
働く女性は、妊活・妊娠をしたときにはさまざまな選択を迫られることになります。仕事を続けていく場合も、妊活中・妊娠中の仕事との付き合い方、上司や同僚など職場の理解を得られるのかなど不安が伴うでしょう。国や自治体から受けられる手当、補助金などの制度や、退職すべきか、育休や産休を取るべきかなど、妊婦さんと仕事に関わる情報をご紹介しています。

子どもが急に発熱!仕事を休んだ時・早退時の働くママのビジネスマナー

子どもが急に発熱!仕事を休んだ時・早退時の働くママのビジネスマナー

めでたく保育園が決まって職場に復帰することになり、ママが意気揚々と出社した途端、園から「熱があるのでお迎えに来てください」と呼び出し電話が来てしまう。こんなことは働くママなら誰しも通る道でしょう。ただ、いくら子どものためとはいえ、職場の誰かに迷惑をかけていることに変わりはありません。職場の雰...

育児には協力してほしいけど・・・パパが育休、時短でも将来、昇進できるのか?

育児には協力してほしいけど・・・パパが育休、時短でも将来、昇進できるのか?

「イクメン」という言葉が流行して以来、男性の育休や時短勤務を取り入れる企業が増えてきました。一昔前とは違い、共稼ぎが主流になってきたので、育児は男性も女性もお互い協力し合わないと大変です。女性の育休は取りやすいですが、男性の場合は色々問題点がありそうです。ここでは、男性が育休や時短を取得して...

将来子どもはお医者さんに!しかし私立医大にかかる費用は驚きの4000万?!

将来子どもはお医者さんに!しかし私立医大にかかる費用は驚きの4000万?!

今のうちから準備すれば、わが子に将来お医者さんになるための教育を受けさせることも、十分可能です。しかし、医者になるためには、子ども本人の学力のほかに「学費」という大きな要素が関わってきます。私立医大にかかる費用は、最高4,000万とも言われています。そこで今回は、私立医大にかかる費用について...

厚生労働省発!こんなにあった「プラチナくるみん」に認定された企業!

厚生労働省発!こんなにあった「プラチナくるみん」に認定された企業!

厚生労働省が企業を対象に認定している「プラチナくるみん」をご存知でしょうか?あまり、聞き覚えのないワードかもしれませんね。実は、「プラチナくるみん」の認定制度は、働くママたちにとって、重要な関りをもってくるものなのです。今回は、「プラチナくるみん」とは何かと、その認定企業と取組みに焦点を当て...

働くママは週末に1週間の予定を考えておくのがポイント

働くママは週末に1週間の予定を考えておくのがポイント

働くママは、平日をいかに効率良く過ごすことができるかがポイントです。そのためには、休日に1週間分のおかずをまとめて作ったり、買い出しに行ったり、平日に手がとどかなかった箇所の掃除をしたり、やるべきことは一気に片付けたいですよね!そこで今回は、無駄なく平日を乗り切るための"効率の良い週末の過ご...

春から仕事復帰するママへ、子どもがいながら働く際の心構え

春から仕事復帰するママへ、子どもがいながら働く際の心構え

春からの子どもの保育園なども決まり、育休を終え仕事を再開するという方も多いと思います。ひさしぶりに働くということで楽しみな反面、うまくやっていけるだろうかというような不安もあるのではないでしょうか?生活の中に子どもがいる中で働きに出るということで、いくつかの心構えをしておいた方がよさそうです...

きちんと丁寧に!育休復帰の挨拶でやっておくべきこと6ケ条

きちんと丁寧に!育休復帰の挨拶でやっておくべきこと6ケ条

久しぶりの職場復帰、育休明けに向けて準備しておくと安心なことがいくつかあります。初出社の朝、職場に行って「さて、何から始めたら・・・」ととまどってしまわないように、仕事の段取りや職場の方への挨拶、育休中に特にお世話になった方への特別な心遣いなど事前に準備することで、落ち着いてお仕事を始められ...

もうすぐ職場復帰!母乳育児を続けるのは可能?不可能?

もうすぐ職場復帰!母乳育児を続けるのは可能?不可能?

もうすぐ育休を終えて職場復帰というママは、心配事がたくさんあると思います。中でも母乳で育てているママは、このまま母乳育児を続けられるのか、断乳した方がいいのかと迷うこともあるでしょう。赤ちゃんが何ヶ月で職場復帰するかにもよりますよね。母乳育児を続けていけるのか、続けるとしたらどのように母...

旦那さんが突然のリストラによる失業や病気で退職したときの心構え!

旦那さんが突然のリストラによる失業や病気で退職したときの心構え!

旦那さんが、突然リストラや病気によって仕事を辞めてしまったら?これからの生活はどうなるのか、子どもはどうやって育てていけばいいのかなど、不安なことだらけだと思います。リストラや病気は、突然予告もなしにやってきます。そんな時、お先真っ暗と嘆いてばかりいるわけにはいきません。そこで、ここではそのよう...

産後の職場復帰を目指すために利用したい一時保育とは?料金や相場について

産後の職場復帰を目指すために利用したい一時保育とは?料金や相場について

「働きながら子育てをする」ということが当たり前になりつつある現代。女性の社会進出が増え、子育て支援の制度は年々充実してきています。しかし、それでも待機児童などの問題は解消されておらず、お悩みの方も多いはず。そんな中、おすすめの制度が一時保育です。「あくまでも一時でしょ?」と思われるかもしれま...

パパ、ママ、子ども、家族の医療保険ってどうしたらよい?子どもも入るべき?

パパ、ママ、子ども、家族の医療保険ってどうしたらよい?子どもも入るべき?

保険はかけておけば安心を得られますが、保険料の支払いが負担となります。そのバランスを考えながら保険の加入を検討することになるわけですが、子どもの場合は公的な助成制度があることもあって、大人ほど保険の必要性を感じないかもしれません。ただし、油断は禁物。なんとなくイメージで判断するのではなく、い...

月末金曜日は早めに帰る!プレミアムフライデー導入で子育てに変化はあるのか

月末金曜日は早めに帰る!プレミアムフライデー導入で子育てに変化はあるのか

2017年2月より経済産業省の呼びかけで始まろうとしている「プレミアムフライデー」。詳細は知らないけれど、名前だけはなんとなく聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか?ここでは経産省が導入を目指すプレミアムフライデーの制度とそのねらい、プレミアムフライデーの広がりが子育て環境に与え...

育休中にとるべし!子育てと両立OKで求人が多い資格はコレ!

育休中にとるべし!子育てと両立OKで求人が多い資格はコレ!

ワーキングマザーにとって育休中は資格にチャレンジできる時期でもあります。今就いている仕事のスキルアップを目指して資格をとるのもいいでしょうし、将来の転職を見越して資格にチャレンジするのもいいでしょう。育休中、子どもが寝ている合間を勉強時間にあてているママが多いようです。子育てと両立できて求人...

24時間じゃ時間が足りない?働くママのメリットとデメリット考える!

24時間じゃ時間が足りない?働くママのメリットとデメリット考える!

ワーキングマザーを取り巻く環境というのは、少しずつ良くなってきているものの、子育てと家事をしながらの仕事は本当に大変なことが多いと思います。産後は仕事を「続ける」のか「辞める」のか、たくさんのママたちが妊娠中から悩む問題ですよね。今回は「働く」という選択をしたときのメリットとデメリットをまとめて...

産休育休、妊娠したら必ず確認したい、社内規定のポイント

産休育休、妊娠したら必ず確認したい、社内規定のポイント

妊娠したら、産休育休ってどうやってとるのだろう、などいろいろ法律に関するわからないことが出てきますね。産休育休は休暇にあたるので労働基準法によって規定されていますが、社内規定にも書かれていなければいけない項目です。このような、法律や社内規定を既に理解されている方というのは少数派なのではないで...

ママの便利なコミュニケーションツール『ママ名刺』っていつ使うもの?

ママの便利なコミュニケーションツール『ママ名刺』っていつ使うもの?

子どもがいると子どものつながりで知り合いが増える時期ってありますよね。幼稚園から小学校にあがるときや新たに習い事を始めた時など、一度にたくさんのママ友ができる時期に便利なのが「ママ名刺」です。ネットでは夫の職業や年収を記載して格差を促すなど恐ろしい噂も流れていますが、実際はとても有益なも...

もう一度働きたい!再就職支援セミナーを有効活用しよう!

もう一度働きたい!再就職支援セミナーを有効活用しよう!

事情があって産休・育休を取らずに退職したママが「そろそろ再就職しようかな」と思った時にまず役立ちそうなのが「再就職セミナー」です。就活に必要な面接や服装のセミナーはもちろん、家事や育児との両立についてのセミナーなど、様々な内容のものがあります。ママ向けのセミナーには、託児サービスなどもありま...

自治体によって大きく対応が違う病児保育や病後児保育の対策!あなたの住んでる自治体は?

自治体によって大きく対応が違う病児保育や病後児保育の対策!あなたの住んでる自治体は?

仕事を持つママ、つまりは共働き家庭にとって、子どもの病気は本当に困りますね。しかも、どうしても出席しなければならない会議や、外せない打ち合わせがパパとママにあるときに限って、子どもが熱を出したりするものです。近くに預けられる祖父母などがいる場合は良いのですが、ほとんどの場合は保育園も預かってはく...

男性の育休取得は未だにハードルが高い?上手な取得方法をご提案

男性の育休取得は未だにハードルが高い?上手な取得方法をご提案

産後も女性が働き続けられる社会を目指すために男性の育休制度が重要視されていますが、政府が出した育児休業取得率の目標基準値には到底およびません。その背景には「パタハラ」が存在することも明らかになってきています。また、育児休業という名目にも関わらず、取得日数が5日だけなんてことも。今回は、男性がしっ...

育児との両立は本当にしんどい!在宅の仕事を上手にこなす工夫

育児との両立は本当にしんどい!在宅の仕事を上手にこなす工夫

育児があるけど仕事がしたい…そんなときに思いつくのが在宅の仕事ですよね。在宅の仕事だから簡単?いいえ、簡単ではありません。それなりの報酬を得るのですから、在宅の仕事が簡単と思うのは大きな間違いです。では、育児と両立させるのには、どういった在宅の仕事がよいのか。また、上手に時間を有効活用するに...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る