「 7歳~12歳児 」のお役立ち記事一覧

7歳~12歳児
お子様は小学校の6年間で非常に多くのことを学びます。低学年の時期は、「人としてやってはいけないこと」、「集団で生活すること」など、社会のルールを体感するといった基礎形成がメインになります。一方、10歳以降の高学年になると、より主体的に集団行動に参加したり、役割や責任などの意識も芽生えるようになってくるでしょう。このページではお子様の成長段階に合わせた、さまざまな記事をご紹介していきたいと思います。健やかに成長され、輝かしい中学校生活を迎えられるよう一歩一歩進んでいきましょう。

【新小学1年生必見】2020年から教育が大きく変わる!先読み3つ

【新小学1年生必見】2020年から教育が大きく変わる!先読み3つ

2020年に学習指導要領の改訂があり、小学校の教育内容が大きく変化します。新1年生の保護者としては、今後の変化にどう対処すればいいのか、...

記事を読む

【夏休みの自由研究】子どもとワークショップへ行こう!

【夏休みの自由研究】子どもとワークショップへ行こう!

夏休みの「自由研究」のテーマで頭を悩ませているお子さんも多いでしょう。最近ではさまざまな子ども向けのワークショップが開かれています。そ...

記事を読む

中学受験を目指すなら、模試を受けるのは必須?

中学受験を目指すなら、模試を受けるのは必須?

中学受験を目指すなら、模試を受けるのは必須でしょうか?答えは「YES」です。塾に通っている子と通信教育や自学のみで勉強している子では、テ...

記事を読む

小学校の事故ってこんなに多い!ケガしやすい状況は?

小学校の事故ってこんなに多い!ケガしやすい状況は?

小学校入学を機に、保護者から離れて「子ども一人」での通学になるというケースも多いのではないでしょうか?ただ、小学校生活の中の事故ってかな...

記事を読む

「いじめ」は証拠で立証!いじめ探偵が人気の理由

「いじめ」は証拠で立証!いじめ探偵が人気の理由

NHKスペシャルで報道された「いじめ探偵」についでご存じですか。いじめに悩む子どもたちやその親が、最後に助けを求める駆け込み寺のような存...

記事を読む

分け隔てなくみんなで学ぶ【インクルーシブ教育】その問題点とは

分け隔てなくみんなで学ぶ【インクルーシブ教育】その問題点とは

インクルーシブ教育とは、ソーシャル・インクルージョン(社会的包摂)の考え方を教育の分野で実践していく取り組みです。障害の有無にかかわらず...

記事を読む

もはや心理戦!中学受験の学校をママ友に知られてはいけない理由

もはや心理戦!中学受験の学校をママ友に知られてはいけない理由

中学受験は、親子が二人三脚で挑む大きな挑戦です。特にママの支援は必要不可欠。そのせいか、受験時期のママ友とのトラブルをよく耳にします。模...

記事を読む

小学生もストレス時代!「心の不調」を抱え込む子どもが増加

小学生もストレス時代!「心の不調」を抱え込む子どもが増加

「現代はストレス社会」という言葉は、数十年前からいわれていることですが、この波は大人のみならず小学生にも影響を与えています。特に最近では...

記事を読む

進化中!中学受験は通信教育だけで乗り切れるものなのか?

進化中!中学受験は通信教育だけで乗り切れるものなのか?

中学受験の準備を始める時期は、およそ小学4年生。塾に通うという選択肢のほか、比較的時間が自由になる通信教育に注目が集まります。しかし、中...

記事を読む

子どもにそろばんを習わせたい!そろばんを学ぶメリット

子どもにそろばんを習わせたい!そろばんを学ぶメリット

親世代が子どもの頃は、そろばんは習い事の定番でした。最近はパソコンが普及し「そろばんよりも計算ソフトを使いこなせた方が将来役に立つ」と思...

記事を読む

学校で子どもが答える「いじめアンケート」って効果あるの?

学校で子どもが答える「いじめアンケート」って効果あるの?

いじめによる事件が起こるたびに、学校の「いじめアンケート」が話題になります。多くは「アンケートでいじめは把握できなかった」という、責任逃...

記事を読む

「朝読書」は公立小学校の約8割が行っている!どんな効果があるの?

「朝読書」は公立小学校の約8割が行っている!どんな効果があるの?

「朝読書」は小学校の始業前に行われる、10分程度の自由な読書活動です。本を読まない子どもが増えているといわれるなか、「朝読書」は多くの学...

記事を読む

「不登校は不幸ではない。」小学生YouTuberのゆたぼんの言い分

「不登校は不幸ではない。」小学生YouTuberのゆたぼんの言い分

「ゆたぼん」は、不登校の小学生YouTuber。小学校3年生から学校へ行くことをやめ、5年生になる現在、「不登校は不幸ではない」と動画で...

記事を読む

子どもが「習い事をやめたい」と言ったら。意思を尊重すべき?

子どもが「習い事をやめたい」と言ったら。意思を尊重すべき?

子どもが「習い事をやめたい」と言ったとき、「子どもの意思を尊重したい」と思う反面「もったいない」「一時の感情かも」と思う親が多いようです...

記事を読む

親が子どものLINEを監視するのはある?なし?

親が子どものLINEを監視するのはある?なし?

親が子どものラインを監視するのはありでしょうか、なしでしょうか?犯罪なども増えていることから、親が子どものインターネットの利用を制限した...

記事を読む

マラソンが苦手なうちの子ども。教えておきたい走り方

マラソンが苦手なうちの子ども。教えておきたい走り方

冬にマラソン大会を実施する小学校があります。マラソンは横っ腹が痛くなったり、呼吸が苦しくなったりするので苦手な子どももきっと多いのではな...

記事を読む

子どもに「危ないことを察知する力」を身につけさせるには?

子どもに「危ないことを察知する力」を身につけさせるには?

学校の登下校や通塾時、子どもたちがひとりで行動することの代償として痛ましい事件や事故にまきこまれてしまうことがおこっています。これらを未...

記事を読む

新しい教育思想!オルタナティブ教育とは?モンテッソーリ教育、シュタイナー教育との違い・・・

新しい教育思想!オルタナティブ教育とは?モンテッソーリ教育、シュタイナー教育との違い・・・

オルタナティブ教育という言葉を聞いたことはありますか?モンテッソーリ教育やシュタイナー教育との違いが今一つ分からないといった方もいらっし...

記事を読む

偏差値が高くない中高一貫校でもメリットはたくさんある?!

偏差値が高くない中高一貫校でもメリットはたくさんある?!

小学生が毎日のように塾に通い、勉強漬けの日々を送る様子に「かわいそう」という声もありますが、都心部では一般的になりつつある中学受験。中学...

記事を読む

【保育監修】学校に慣れた5月が危険!小学校1年生の交通事故が多い理由

【保育監修】学校に慣れた5月が危険!小学校1年生の交通事故が多い理由

交通事故総合分析センターのデータによると7歳の子どもが歩行中に交通事故による死傷に至る人数は、他の年齢の約2倍から2.5倍も多い...

記事を読む

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る