断乳したい!卒乳したい!赤ちゃんにとってはどちらがいいの?

良ければシェアをお願いします。

ミルクを飲む赤ちゃん

よちよち歩きの赤ちゃんがはじめてのお誕生日を迎えるころ、ママたちが考えはじめるのは「おっぱいの卒業時期」ではないでしょうか?
断乳、卒乳したいけれど実際どちらがいいのかわからない。赤ちゃんにとって本当はどっちがいいのか知りたい。そんなママのために断乳、卒乳についてメリット、デメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

断乳と卒乳の違いはなんでしょう?

一見同じように捉えがちな断乳、卒乳という言葉。ともに赤ちゃんがおっぱいを卒業することですが、ママと赤ちゃん、どちらの意志でおっぱいをやめるのかによって呼び方が異なります。断乳と卒乳はどう違うのでしょう。

断乳はママの意志で授乳をやめること

順調に母乳が出ていても、赤ちゃんが母乳を好んで飲んでいても、ママがこの日と決めて授乳をやめるのが断乳です。
断乳を選ぶ理由としては、ママが休職中の仕事に復帰する、継続的に薬を服用する必要がある、疲労が蓄積して授乳を続けられない、赤ちゃんが1歳を過ぎてもをあまり食べてくれない、などが挙げられます。

卒乳は赤ちゃんの意志で母乳を飲まなくなること

離乳食を3食しっかり食べるようになり母乳を必要としなくなる、先に卒乳や断乳などでおっぱいを卒業したお友達の影響を受けるなどして、赤ちゃんが自分の意志で母乳を飲まなくなるのが卒乳です。
また、何らかの理由で赤ちゃんが必要とする十分な量の母乳が出なくなり、自然に赤ちゃんが飲む母乳の量が減っていくこともあります。

断乳という言葉はいずれ使われなくなる?

すでに母子健康手帳からは、1歳での「断乳」という言葉がなくなっているという事実があります。このことからもわかるように、今主流になりつつあるのは、1歳を過ぎても無理に母乳をやめる「断乳」の必要はないとする考え方です。年齢に関係なく赤ちゃんが自然におっぱいから離れるのを待つ「卒乳」を目指すママが増えています。

合わせて読みたい

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...

断乳のメリット、デメリット、タイミング

断乳のメリット、デメリットを、赤ちゃん側、ママ側それぞれから見てみましょう。また、断乳することを決めた理由も人それぞれ。先輩ママたちがどのタイミングで断乳をしたのか知り、自分に置き換えて考えるヒントにしましょう。

赤ちゃん側、ママ側から見た、断乳のメリットは?

ママの意志で行う断乳には次のようなメリットがあります。

【赤ちゃん側】

  • 朝までぐっすり眠れるようになります。
  • 離乳食をたくさん食べるようになります。
  • おっぱい以外でのママとのコミュニケーションが増え成長します。

【ママ側】

  • 妊娠前の身体に早く戻ります。
  • 薬を連続して服用しても大丈夫です。
  • 食事に気を使う必要がなく、アルコール類も飲めます。
  • 授乳室の有無や授乳時間を気にする必要がなく外出が楽です。

赤ちゃん側、ママ側から見た、断乳のデメリットは?

ママの意志で行う断乳には次のようなデメリットがあります。

【赤ちゃん側】

  • 突然母乳が飲めなくなりストレスを感じることがあります。
  • 情緒不安定になったり、急に指しゃぶりが始まったりすることがあります。

【ママ側】

  • 母乳がたくさん出ていたママは、ケアを怠ると乳腺炎になりやすい傾向にあります。
  • 母乳が飲めなくなりストレスを感じている赤ちゃんのお世話が一時的に大変になる可能性があります。
  • 赤ちゃんが泣き続けて断念するなど、計画通りに終わらないこともあります。

ママが決める、断乳のタイミングはいつ?

断乳を決意するには次のようなタイミングが考えられます。
赤ちゃん側としては、1歳の誕生日を迎えるからそれをきっかけに断乳したい、3食しっかり離乳食を食べるようになったなどです。
また、ママ側としては、仕事に復帰することが決まり赤ちゃんを保育園に預けたい、2人目の妊娠を早期に希望している、継続的に薬を服用しなければならなくなったなどがあげられます。

合わせて読みたい

母乳とミルクの違いとは?
赤ちゃんが産まれてはじめて口にする母乳について、妊娠中の方なら一度でも考えたことがあると思います。 「ちゃんと母乳は出てくれるだろうか?」ということから、「母乳とミルクだったらやはり母乳の方が良いのだろうか?」といった疑問や、「母乳育児とミルク育児ではどのような差が出るのだろう?」など、考え出...

卒乳のメリット、デメリット、タイミング

卒乳のメリット、デメリットを、赤ちゃん側、ママ側それぞれから見てみましょう。赤ちゃんにとっては理想的、ママにとっては大変そうな卒乳ですが、赤ちゃんとママがともに幸せにおっぱいを卒業できるヒントが見つかるかもしれません。

赤ちゃん側、ママ側から見た、卒乳のメリットは?

赤ちゃんの意志にまかせる卒乳には次のようなメリットがあります。

【赤ちゃん側】

  • ストレスなく自分のペースで進められます。
  • 病気にかかりにくく健康にすごせます。
  • 病気で食事が摂れないときも、母乳なら水分と栄養両方を摂取できます。

【ママ側】

  • 赤ちゃんがしっかり飲んでくれるから乳腺炎の心配がありません。
  • 授乳を赤ちゃんとの究極のふれあいタイムとして楽しめます。
  • 長期の授乳は乳がんリスクを低減すると言う説があります。
  • 災害などで十分な食事が用意できないときも母乳ならいつでもあげられます。

赤ちゃん側、ママ側から見た、卒乳のデメリットは?

赤ちゃんの意志にまかせる卒乳には次のようなデメリットがあります。

【赤ちゃん側】

  • いつまでも母乳を飲みたがり、離乳食になかなか移行できなくなります。

【ママ側】

  • 赤ちゃんの体重増加により、体力的にきつくなります。
  • 授乳のしやすい服装を続けることに不便を感じます。
  • 断乳を急かすまわりからのプレッシャーを感じるようになります。
  • 良い母乳のために食生活に気を付けなければいけない生活が続きます。
  • 体調が悪くても薬によっては飲むことができません。

赤ちゃんが決める、卒乳のタイミングはいつ?

卒乳は、赤ちゃん自身のタイミングで行います。個人差がありますが、離乳食から幼児食に変わる1歳半ごろが一般的と言われています。
1日3回の食事でお腹が満たされるようになり、おっぱいの時間以外にもママとのコミュニケーションの時間が十分にとれるようになると、母乳を必要としなくなり自然に卒乳へと向かいます。

おわりに

最近は赤ちゃんが自然に卒乳することを目指すママが増えているようです。急に授乳をやめると赤ちゃんに不安を与えることは間違いありません。理想は卒乳ですが断乳の良い点も取り入れて、無理のないよう計画的におこないましょう。

ピックアップ

【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...

https://tamagoo.jp/childcare/mixed-child-care/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
断乳したい!卒乳したい!赤ちゃんにとってはどちらがいいの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る