良ければシェアをお願いします。

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう

良ければシェアをお願いします。

199_断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう

赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

離乳期とは

道に座る赤ちゃん

離乳期とは、卒乳や断乳と少し意味が異なり、母乳やミルク以外の食べ物に赤ちゃんが興味を持ち始め、に移行していくことを指します。このころは、母乳やミルクの乳首を吸うといったことから、食べ物を歯で噛み砕くということができるようになります。

また、離乳期は、母乳やミルクを口にする以外にも、食事で栄養を摂ることができるようになる時期のことも指します。つまり、離乳食の始まりから終わりまでの期間も離乳期と呼ぶのです。離乳が始まる時期としては、生後5~6ヶ月頃が一般的ですが、赤ちゃんのタイミングやペースによって異なります。赤ちゃんが母乳やミルクを欲しがらなくなってきた時には離乳を開始しても良いでしょう。

卒乳について

髪を拭く赤ちゃん

卒乳とは

卒乳は、赤ちゃんのタイミングに合わせて自然に母乳やミルクを断つのを待つことを指します。かといってママは何もしないわけではなく、赤ちゃんを主体として、ママが母乳やミルクの量を減らしていき、赤ちゃんが自然に卒業するのを待ちます。

時期

卒乳は、赤ちゃんのタイミングに合わせて行うものですが、実際の時期は、離乳食が終わる1歳半ごろが一般的とされています。しかし、3歳ごろまで母乳やミルクを欲しがっても問題はなく、ママとのスキンシップや精神的に不安な状態から求めているようであれば母乳やミルクを与えても悪影響はありません。

注意点

卒乳を選ぶ際には、赤ちゃんが大きくなった際、抱っこをして母乳やミルクをあげるのでママに負担がかかったり、母乳の場合は、卒乳するまでママの食生活や薬の服用にも気を遣ったりなど、気を付けなければいけないことが続きます。また、離乳食より母乳やミルクを欲しがる場合もあるので、あくまでも母乳やミルクは補助として、離乳食からしっかり栄養を摂らせてあげるようにしましょう。

合わせて読みたい

子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...

断乳について

ママと赤ちゃん

断乳とは

断乳は、ママだけの意思や都合によって、赤ちゃんに与える母乳やミルクを断つことを指します。

時期

断乳を始める時期の目安ですが、早くても生後10ヶ月から1歳以降となります。その中でも、一人歩きができる、離乳食が朝・昼・夜と食べられ固いものでも食べられる、赤ちゃんやママの体調が良い、ママの乳房や乳首のトラブルがないなど、赤ちゃんとママの状態に関して問題がない場合に始めることができます。ほかには、夏場や保育園にあがるタイミングなど、生活の変化が訪れるときには避けるようにしましょう。

断乳の進め方

  1. 飲ませる時間を減らす
  2. 1回にあげていた母乳やミルクの時間を減らしてみましょう。その時間に合わせて赤ちゃんが飲む量を減らすようになります。そうすることで、断乳する際に赤ちゃんのストレスが少なくなります。

  3. 飲ませる回数を減らす
  4. 1回にあげる母乳やミルクの時間を減らしてから2,3日様子を見たあと、赤ちゃんが平気そうであれば回数を減らしましょう。朝から昼、夜とあげていたなら、朝と夜だけにするなどし、欲しがるようであれば赤ちゃんの気を紛らわすようにします。

  5. 3日間母乳やミルクを断つ
  6. 大抵の赤ちゃんは、3日間母乳やミルクを与えないでいると忘れてしまいます。そのため、3日間だけと言い聞かせて母乳やミルクを断ってください。どれだけ泣いても絶対にあげることはしないようにしてください。

注意点

断乳をしてからの3日間ですが、ママの乳房が張って辛くなります。痛みが和らぐ程度に排乳し、乳管口の詰まりを解消させましょう。そこから1週間ほど排乳せずに溜めます。そして排乳をし、乳管口の詰まりを解消。次は1ヶ月ためて排乳といった繰り返しを3~4回繰り返してください。

もし、母乳がなかなか減らない場合は、排乳に加えて冷やしたり、ペパーミントティーやセージ茶を飲んだりと、母乳の分泌を抑える作用のあるお茶を飲むことをおすすめします。

合わせて読みたい

【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る