断乳したい!卒乳したい!赤ちゃんにとってはどちらがいいの?

卒乳のメリット、デメリット、タイミング

笑っている赤ちゃん

卒乳のメリット、デメリットを、赤ちゃん側、ママ側それぞれから見てみましょう。赤ちゃんにとっては理想的、ママにとっては大変そうな卒乳ですが、赤ちゃんとママがともに幸せにおっぱいを卒業できるヒントが見つかるかもしれません。

赤ちゃん側、ママ側から見た、卒乳のメリットは?

赤ちゃんの意志にまかせる卒乳には次のようなメリットがあります。

【赤ちゃん側】

  • ストレスなく自分のペースで進められます。
  • 病気にかかりにくく健康にすごせます。
  • 病気で食事がとれないときも、母乳なら水分と栄養の両方を摂取できます。

【ママ側】

  • 赤ちゃんがしっかり飲んでくれるから乳腺炎の心配がありません。
  • 授乳を赤ちゃんとの究極のふれあいタイムとして楽しめます。
  • 長期の授乳は乳がんリスクを低減すると言う説があります。
  • 災害などで十分な食事が用意できないときも母乳ならいつでもあげられます。

赤ちゃん側、ママ側から見た、卒乳のデメリットは?

赤ちゃんの意志にまかせる卒乳には次のようなデメリットがあります。

【赤ちゃん側】

  • いつまでも母乳を飲みたがり、離乳食になかなか移行できなくなります。

【ママ側】

  • 赤ちゃんの体重増加により、体力的にきつくなります。
  • 授乳のしやすい服装を続けることに不便を感じます。
  • 断乳をせかすまわりからのプレッシャーを感じるようになります。
  • 良い母乳のために食生活に気を付けなければいけない生活が続きます。
  • 体調が悪くても薬によっては飲むことができません。

赤ちゃんが決める、卒乳のタイミングはいつ?

卒乳は、赤ちゃん自身のタイミングで行います。個人差がありますが、離乳食から幼児食に変わる1歳半ごろが一般的と言われています。
1日3回の食事でおなかが満たされるようになり、おっぱいの時間以外にもママとのコミュニケーションの時間が十分にとれるようになると、母乳を必要としなくなり自然に卒乳へと向かいます。

おわりに

最近は赤ちゃんが自然に卒乳することを目指すママが増えているようです。急に授乳をやめると赤ちゃんに不安を与えることは間違いありません。理想は卒乳ですが断乳の良い点も取り入れて、無理のないよう計画的に行いましょう。

ピックアップ

【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多い...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、...
母乳とミルクの混合育児のコツを伝授!
母乳とミルクの混合育児のコツを伝授!
待望の赤ちゃんが生まれて、ママにとってもはじめての経験となる授乳。できれば母乳で育てたいと考えているママも、ミルクでもあげた方がよいのか...
小学生と高校生の2人の男の子の母です。海の近くに住んでいます。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
断乳したい!卒乳したい!赤ちゃんにとってはどちらがいいの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る