親の遺伝が関係あり?!子どもの視力を低下させない3つの予防方法

良ければシェアをお願いします。

眼鏡の子

「子どものころから近視で、それがコンプレックスだった」「子どものころ眼鏡をかけていて、それをからかわれた」という人もいるのではないでしょうか。このような人にとって、「実は近視は遺伝するのかも」という情報は、「自分と同じ苦しみを子どもに味わわせることになるのか…」と頭を抱える原因となりかねません。今回は、遺伝と近視の関係、そして視力低下を防ぐ方法をお教えします。

スポンサーリンク

実は視力を矯正している人は全体の75パーセント程度!

眼鏡

5万人近くのPontaリサーチ会員を対象として、視力矯正の実態を調査したところ、非常に面白いことがわかりました。なんと、「視力を矯正している」と答えた人の割合は、全体の74.1パーセントにものぼっている、というのです。もっともこれは「12歳以上」を対象としたものですから、それより下の低学年の子どもを対象とした場合は、もっと視力矯正率は下がるのかもしれません。

ただ、現在では「裸眼」の人よりも「裸眼ではない人」の方が多い、という衝撃的な結果が明らかになったのです。視力矯正率が多くなった現在、「眼鏡をかけていること」は決して悲観すべきことではありません。

合わせて読みたい

汗はかく方がいい?かかない方がいい?子どもの発汗についての基礎知識
子どもの体温調節はとても難しいです。汗は、子どもが新生児の頃からのママの悩みのひとつです。子どもは少し走り回るだけで汗だくになり、ついついクーラーに頼ってしまいます。しかし、その対処方法は合っているのでしょうか。ここでは、子どもが汗かきな理由とその対処方法、また子どものいい汗、悪い汗と病気に...

近視体質は遺伝するの?

遺伝

近視になるにはいくつかの理由があります。そのなかでも、保護者として気になる「遺伝」について見ていきましょう。

近視については、現在は「遺伝すると考える方が自然である」と見る見方が多いようです。ただし、「どの程度遺伝するのか」については、専門家の間でも見解が分かれています。「子どものころ、非常に幼いころから起こる近視は遺伝的なものである」と考える向きもありますが、ある程度大きくなってからなる近視は、生活習慣によるものが大きいと言えるでしょう。

ちなみに、この「遺伝による近視」は、「軸性近視」と呼ばれています。これは自分自身では治すことのできないものだと考えられています。遺伝による近視は、親としてはとてもつらいことではありますが、どうしようもない部分でもあります。そのため、それ以外の対策を考えていく必要があります。

子どもの視力を低下させない3つの予防方法

双子

1.目をきちんと休ませてあげる

DSやスマホのゲームするときは30分続けたら5分休憩。1時間したら10分休憩とするようにしましょう。ゲームをするときは一定の距離を保って姿勢は正しく、画面ばかりずっと見ないように。もちろん寝ながらやるのはNGです。遠くのものをみたり、近くのものを交互にみたり、緑のものをみたりすることは目によいと言われています。また、規則正しい生活を送り、睡眠もしっかりとって目を休めせてあげてください。

2.暗いところで本を読むことをやめる

現在では「暗いところで本を読んでいたら目が悪くなる、というのは迷信だ」「根拠がない」とする説もでてきていますが、実はこれにはきちんとした根拠があります。

私たちは物を見るとき、瞳孔でピントを合わせています。ただ、暗いところではこの「ピントの調節」がうまくいきません。そのため、目を非常に酷使してしまうことになるのです。目の酷使は近視の要因となり得ます。このため、「暗いところで本を読むこと」がいけないと言われているのです。

3.目にいいものを食べる

  • 眼球の主成分はたんぱく質
  • 視力を保つのはビタミンA
  • 目の粘膜の保護はビタミンC

で形成されています。これらの状態を保つには目にいいものが含まれた食材をしっかり摂取して、目の健康を心がけましょう。

合わせて読みたい

5~6歳児におすすめの知育ゲーム6選
5~6歳児は、基本的な生活習慣が身につき、さまざまなことを自分で考える思考力や認識力が発達する時期です。ものの考え方が本格的になり、集団行動の中で自分の意見を言うことや他人の意見を聞くなどのコミュニケーション能力などが大きく発達していきます。そんな他人との関係を築く大切な時期に選ぶべき知育ゲーム...

賛否両論? 携帯型ゲームによる影響とは

ゲーム

では、もう一つ、「近視の原因になる」とよく取り上げられているDSやスマホなどの「携帯型ゲーム」についてはどうでしょうか。携帯型ゲームをしていると、ゲームに夢中になるあまり、まばたきの回数が減ったり、目の周りが緊張したりすると言われています。現在の子どもの目が悪くなってきたことには、これらのゲームが関わっていると言われています。

ただ一方で、「携帯型ゲームは、確かに目にはよくない。しかし近視の直接的な要因となっているわけではない」という慎重な見方をしている医師もいます。携帯型ゲームをすると絶対に近視になるというわけではなく、大切なのは、携帯型ゲームとどう付き合うかということにあるのでしょう。眼科医のなかには、「適度な休憩を挟むことが重要。1日のゲームの時間は1時間程度と決めて、半分やったら10分くらい休憩をとるとよい」としている人もいます。

携帯型ゲームゲームは、とても面白くて刺激的です。ゲームを全面的に禁止にしてしまうと、子どももストレスがたまるでしょう。そのため、「1日1時間やってもいいけれど、きちんと休憩をとるようにね」と親が声かけをしていく方がいいと思われます。

ちなみに視力が落ちた場合は、速やかに眼鏡を使用しましょう。眼鏡を早くつけたからといって、視力がまた落ちるということはありません。目が悪いとしかめっつらになったり、無理にピントを合わせようとしたりすることになるので、さらに目が緊張してしまいます。

おわりに

意外に思われるかもしれませんが、現在は眼鏡をしている人の方が多いとのこと。私がまだ子どものころ(もう20年以上前ですが…)は、眼鏡の子どもはまだまだ少数派だったように思うので、時代は変わったものだなあと思います。もちろん私が気づいていなかっただけかもしれませんが……ただ、当時に言われていたような、「暗いところで本を読まない」「遠くのものを見るようにする」「ゲームはやりすぎない、休憩をとること」という理念は変わっていないようです。

ピックアップ

ハマり過ぎは禁物!お子さんをゲーム依存にしない3つの方法
子供の身近な遊び道具のひとつとして与えられるゲームですが、その裏でゲーム依存症という言葉があります。ゲーム依存症とは、どの程度のものなのでしょうか。また、どのように予防し、直せばいいのでしょうか。私の息子の実体験を含めながら、ゲーム依存の理由、症状と子供をゲーム依存にしない3つの方法を紹介し...
赤ちゃんにテレビは悪影響!?テレビとの上手な接し方は?
家事に追われているとき、おとなしくなるからといって、ついついテレビを赤ちゃんのお守りがわりにしてしまっていませんか?実際にテレビが赤ちゃんにどんな影響を与えるのか、子育てとテレビの関係について調べました。 テレビが与える悪影響とは? まずは一般的にいわれる、テレビが子ども...
子どもには何を習わせる?幼児期に人気の習い事TOP3
幼児期の子どもの成長や物事の吸収力は、計り知れません。無限の可能性を秘めた子どもには、多くの経験をさせたいと思うのが親心です。そのため、子どもの成長や将来につながるような習い事をさせたいですよね。 しかし、今は身近にある習い事が多すぎて悩んでしまいます。そこで今回は、今人気の習い事とその効果や...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
親の遺伝が関係あり?!子どもの視力を低下させない3つの予防方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

3歳~6歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る