相場はどのくらい?認可保育園と無認可保育園の保育料比較

良ければシェアをお願いします。

相場はどのくらい?認可保育園と無認可保育園の保育料比較

働くママたちがの安心して子どもを預けられる場所といえば?そう保育園ですよね!でも、実際に子どもを預けるとなるとどのくらいの金額がかかるのでしょうか。認可保育園と無認可保育園、そして私立や公立での違いはあるの?知っているようで知らない金額の違いを調べてみました。今後保育園を利用しようと考えられているママはぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

保育園ってそもそもどんなところなの?

保育園は、仕事を持つママたちのために0歳からの子どもを保育してくれる施設です。施設によっては、朝早くから夜遅くまで家庭の都合に合わせて預かってくれるところもあります。働くママたちにとって、なくてはならない存在なのです。

認可保育園ってどういうところ?

認可保育園とは、国の定めた最低基準を満たしていると認可された保育園です。具体的には保育士の数や資格の有無、保育内容や施設の設備・広さなどです。

公立保育園と私立保育園に分かれており、どちらもその区市町村に住んでいるか、もしくは職場があれば応募できることになっています。公立保育園と私立保育園の大きな違いは、保育の内容がどの園もほぼ変わらない公立に対し、園の方針で保育内容に個性が出せるのが私立です。

無認可保育園ってどういうところ?

認可保育園との大きな違いは、国の定める基準を満たしていないということです。国からの認可を受けていない保育施設の総称が無認可保育園です。例えば、企業内の保育施設や、ベビーホテルなども当てはまります。

また、各自治体で独自の呼び方をしているところもあります。無認可保育園は施設としては認可保育園には劣るものの、24時間保育など柔軟な対応が可能なところもあります。

認定こども園ってどういうところ?

最近増えてきたのが「認定こども園幼稚園」です。こちらは基準を満たした施設が各都道府県知事から認定される施設です。幼稚園であり、保育園でもあるという2機能を兼ねそろえた施設なので保護者が仕事をもっていない場合も、失業した場合でも、さらに下の子を妊娠して産休を取った場合でも、変わらずに通園が可能です。

合わせて読みたい

年収1000万だと保育園の料金はどのぐらい?
保育園に入ることすら難しいとされている現代、「やっと入園できた」と思って安心していられるのも束の間。次にあたる壁が保育園の料金ですね。自身の家庭の年収を計算しながら頭を抱えているお母さん、お父さんも多いのではないでしょうか。 今回はズバリ「年収1000万の場合の保育料金」という基準のもと、平均...

結局のところ保育料はいくらかかる?

それでは実際に、保育料金はどのように決まるのでしょうか。せっかく保育園に子どもを預けて働いても、あまりにも高額である場合はお給料が保育料にそのまま消えていってしまうなんていうことも考えられますよね。実際にどれくらい保育料がかかるのか調べてみました。

認可保育園の1ヶ月の保育料は?

平均すると2~3万円になるのですが、各自治体で大きな違いがあり、都内などは保育料がかなり高騰しています。前年度の所得税で段階別に区分けされており、こちらも自治体によってさまざまですが、年齢別に保育料が異なる場合も多いです。保育料は自治体に払います。

第1子と第2子の同時通園で第2子の保育料は半分になったり、第3子目以降が0円となったりする自治体もあります。

無認可保育園の1ヶ月の保育料は?

無認可保育園は施設によって料金はさまざまです。自治体によっては保育料の上限が決まっている、もしくは補助金が出るといった場合もあります。保育料は認可保育園とは違い、園への直接払いとなります。

認可外の保育園は料金の仕組みが施設によってさまざまです。稼いだお金がそのまま保育園料金になる!なんてことがないように入園前に詳しく調査し、ご家庭にあった保育園を選ぶことが必要となります。

保育料以外にかかるお金があった

保育料だけを計算して安心してはいけません。実はまだまだ見えないお金がかかるのです。それは給食代、ミルク代、オムツ代などです。これらは毎月かかるお金です。なかには制服がある保育園もあるようなので、こちらもやはりそれぞれの施設に事前に確認をして、入園時と月々いくらずつかかるのかを知っておく必要があります。

合わせて読みたい

認可保育園・認証保育園・認可外保育所の違い
小学校に入る前の子どもを育てながら、夫婦ともに仕事を続ける場合には、保育園に子どもを預けることになります。保育園には、「認可保育園」や「認可外保育所」の他に、「認証保育園」などがありますが、具体的な違いが分からないという方も少なくありません。今回は認可保育園と認可外保育所と認証保育園について...

それぞれの家庭にあった保育園探しを

保育園を探すときは、まず各自治体にどんな園があるのかを確認しに行くことがおすすめです。また、保育料が高ければ高いほどよい園、安いから悪い園というふうにはかることはできません。各家庭とお子さんにあった保育園選びが重要です。

金銭的に苦しい方は認可保育園を

キャリアの継続、家庭だけではなく社会で活躍したい、家計の足しにしたいなど。さまざまな事情で働いているママたちがいます。その中で、どうしても生活が苦しいという方はやはり国が支援・助成している認可保育園への入園を目指すことがよいでしょう。公立でも私立でも保育料金は変わりません。ただし、待機児童の多さと延長・休日の対応が難しいという問題点もあります。

無認可=保育内容が劣るわけではない

公的補助がないため、料金が割高になってしまう無認可保育園。認可保育園に預けた場合と比べてもかなりの金額がかかってしまうこともめずらしくありません。ただ、認可保育園では対応しきれない延長保育や休日対応、24時間保育など働くママのさまざまなニーズに答えてくれる施設も多いです。

無認可だからといって保育内容が劣るわけではないのです。

結局保育料の差はここで決まる!

まずは前年度の世帯年収、そしてどこの自治体(市区町村)であるのか、子どもの年齢(年齢が低ければ金額が上がる)、人数(兄弟の有無)、認可と無認可の違い。ただし、無認可であっても補助金があるかないかで保育料も変わってきます。やはり入園前に各自治体に直接確認をしてご家庭にあった保育園を探すことが一番ですね。

おわりに

認可保育園の保育料はいくつもの要素が組み合わさって決まるため、一概にいくらとはいえずかなり世帯での差が大きいです。まずは各自治体で確認し、自分の目で園を見学し、納得できる保育園を選ぶことが大切です。保育園にはさまざまな種類があり、多くの特徴があります。たくさんの選択肢の中から、お子さんにベストな保育園を見つけてあげたいですね。

ピックアップ

保育園には入園条件があった!知っておきたい審査基準3つ
保育園に子どもを入れたくても、なかなか審査に通らず諦めかけてしまっている人もいるでしょう。詳しく探す前から、「夫婦ともにフルタイムで働いていないと無理なのでは」「実家が近くにあるのでダメかしら」と考えている人も多いようです。 しかし、保育園にはそれぞれ入園条件が具体的に決まっており、申...
保育園見学ではココをチェック!失敗しない保育園の選び方
申請・待機登録したからといって、希望通りの時期や園への入園が確約されない、まさに保活氷河期のいま。誰も教えてはくれないけれど、みんなどうやって保育園を選んでいるの?保育園見学ってどんなもの?わが子が長い時間を過ごす場所だから、しっかり見極めてあげたいですよね。そんな想いで取り組んできた、保活...

https://tamagoo.jp/childcare/waiting-list-child-cancellation-acceleration/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
相場はどのくらい?認可保育園と無認可保育園の保育料比較
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る