認可保育園・認証保育園・認可外保育所の違い

良ければシェアをお願いします。

認可保育園・認証保育園・認可外保育所の違い

小学校に入る前の子どもを育てながら、夫婦ともに仕事を続ける場合には、保育園に子どもを預けることになります。保育園には、「認可保育園」や「認可外保育所」の他に、「認証保育園」などがありますが、具体的な違いが分からないという方も少なくありません。今回は認可保育園と認可外保育所と認証保育園について解説していきましょう。

スポンサーリンク

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

認可保育園

認可保育園

認可保育園は児童福祉法上の保育施設で、都道府県知事の認可を受けて運営しています。認可を受けるには、国で定めている基準を満たしていなければなりません。施設の広さや開所時間、職員数などに関しての定めがあります。

公立の施設の他に民営の施設がありますが、いずれも公的資金が投入されて運営されています。そのため、保育料が安く抑えられているのが特徴です

世帯年収により保育料が決まり、世帯年収が低めの家庭は特に安く済みます。逆に世帯年収が高い場合には、認可外保育所よりも保育料が高額になってしまうこともあります。

認可保育園では、居住地や勤務先の場所により、子どもを預けることできる保護者を限定しています。基準は市区町村によって異なり、居住地が保育園と同一の市区町村である場合のみ対象にするところと、居住地が他の市区町村でも勤務地が市区町村内にあれば対象にするところもあります。ただ、その場合でも同一市区町村内に居住している人が優先されることが多いようです。

入園申請をする際には市区町村に対して行います。ただ、待機児童が多いことが社会問題化しているように、認可保育園は入園希望者が非常に多くなっています。入園申請を出しても、すぐに入れるとは限りません

また、入園条件も厳しく決められています。入園条件を満たさないため、入園申請を出せない場合も少なくありません。

合わせて読みたい

保育園・幼稚園・保育所・託児所の違い知ってますか?
新米ママさんは日々子育てにおいてさまざまな壁にぶつかると思いますが、中でも大きな壁は「保育園・幼稚園」選びでではないでしょうか。「保育園がいいのか、幼稚園がいいのか、でも保育所や託児所もある…」と頭を抱えているお母さんも多いはず。実際、それぞれの違いを正確に述べられるかと言われると難しいですよね...

認可外保育所

保母さん

認可外保育所は、認可保育園になるための都道府県知事の認可を受けていない民営の保育所を指します。つまり国で定めている基準のうち、一部を満たしていない施設になります。ただし、届出をした上で運営しています。

認可保育園に支給されているような補助金を国から支給されていないため、保育料は若干お高めです。しかし、なかには市町村や都道府県から補助金の支給を受けている認可外保育所もあります。そういったところであれば、比較的安い保育料で利用できます。

認可保育園の場合には均一的な保育サービスを行っているため、保護者によるニーズの違いを十分に満たせないことが少なくありません。これに対して認可外保育所は、幅広いニーズを満たすことをアピールポイントにしているところが多いです。例えば、認可保育園は開所時間が11時間とされていますが、認可外保育所なら24時間保育が可能なところもあります。

認可外保育所に入園を希望する場合には、入園希望の施設に直接申込をします。認可保育園よりも入りやすいですが、待機児童問題の関係上申込をすれば必ず入れるわけではありません。

また、企業などで保育所を併設しているところがありますが、そういった保育所もほとんどが認可外保育所です。国や自治体からの補助金は受けていなくても、企業が福利厚生の一環として行っているため、無料か非常に安い保育料で利用できるようになっています。

合わせて読みたい

年収1000万だと保育園の料金はどのぐらい?
保育園に入ることすら難しいとされている現代、「やっと入園できた」と思って安心していられるのも束の間。次にあたる壁が保育園の料金ですね。自身の家庭の年収を計算しながら頭を抱えているお母さん、お父さんも多いのではないでしょうか。 今回はズバリ「年収1000万の場合の保育料金」という基準のもと、平均...

認証保育園

認証保育園

認可外保育所のうち、地方自治体の独自の認証等を受けて、地方自治体から補助金の支給を受けているところもあります。地方単独保育事業と呼ばれているものです。

認証基準は地方自治体によって異なりますが、国の認可基準ほど厳しくはありません。認証等を受けることで、地方自治体から監督を受けて運営することになります。

そのため、認可外保育所であっても、認可保育園に近い環境のところが多くなっています。保育料も、通常の認可外保育所よりも安く済みます

東京都でもそういった地方単独保育事業を行っており、東京都の認証を受けた保育所は認証保育園と呼ばれています。認可保育園と通常の認可外保育所の中間的な位置づけの保育所と考えていいでしょう。0歳から5歳までの子どもを対象としたA型と、2歳までの子どもを対象としてB型があります

開所時間が13時間とされており、認可保育園よりも2時間長いです。そのため、夫婦ともに残業が多い家庭などに合っています。認可外保育所の一種であるため、認可保育園と比べると利用可能なサービスが多いです。そして、利用するサービスによって保育料も変わる仕組みになっています。この点に関しては通常の認可外保育所とほぼ同様でしょう。ただし、1ヶ月の保育料に上限が設定されています

おわりに

認可保育園は世帯収入があまり高くない家庭にとっては、保育料の負担が少なく、魅力的と言えます。さらに国の基準を満たしているため、安心感も強いでしょう。

しかし、サービス内容に関しては認可外保育所の方が充実している部分もあります。きめ細やかなサービスを望むなら、認可外保育所を選択肢の一つとしてもよいのではないでしょうか。

「残業が多いので延長保育は必須」「駅から近い保育園がよい」などそれぞれの施設の特徴と自分の家庭の状況を見極めた上で、もっとも合っている預け先を選んでくださいね。

ピックアップ

待機児童解消加速化プランから読み取れる、今後の保活について
深刻な「待機児童問題」はこれから子供を産む女性、働くママとその家族にとって大きな不安材料です。そこで国や地域がどのような対策を打ち出しているのか、解決方法を探っていきます。ここではわが子を保育園に入園させるためにできる保活対策を考えてみましょう。 待機児童問題の背景と待機児童が多い原因 ...
慣らし保育はどのくらいの期間やるの?大まかな流れを確認!
1歳から5歳の間は、赤ん坊から成長した子どもが自分の意志でさまざまな行動をし始める時期です。その分、非常にわがままな振る舞いも多く、親としては大変な思いをする期間でもあります。そして、その時期は保育園に入り、子どもが外の世界を知り、社会性を身に付けていく時期でもあります。 保育園には、「慣らし...

https://tamagoo.jp/childcare/baby-shyness-cause-measures-law/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
認可保育園・認証保育園・認可外保育所の違い
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る