【レシピ付き】妊娠後期に食べると良い人気の食事メニュー3選

妊娠後期の食生活は、いかに低カロリーで栄養豊富な献立にするかが大切です。妊娠後期に不足しがちな鉄分・カルシウム・葉酸は、緑黄色野菜で効率よく摂取しましょう。また、薄味にして塩分のとり過ぎを防ぐのも、必要になります。薄味の献立のコツは、香りをうまく利用することです。スパイスやハーブ、柑橘類を使うと、塩分控えめになります。
今回は、野菜盛りだくさんで塩分控えめ、妊娠後期に食べると良い人気の食事メニュー3選をご紹介します。

「鶏肉の梅しそ揚げ・麩(ふ)と青ネギのお吸い物・ラタトゥイユ」(2人分)

ラタツウユ

この献立は、香りをうまく利用したおかずが多いのが特徴です。

【鶏肉の梅しそ揚げ】

材料

  • 鶏むね肉1/2(140g)
  • 大葉 4枚
  • 練り梅(10g)
  • 小麦粉(適量)
  • 溶き卵(適量)
  • パン粉(20g)
  • 塩こしょう(適量)
  • 千切りきゃべつ(80g)
  • カットレモン(1/4個)
  • 作り方

    1. 鶏肉の梅しそ揚げの作り方は、鶏むね肉を2切れに切り分け、塩こしょうで下味を付けます。
    2. 鶏むね肉1切れに練り梅(5g)を塗り、大葉を2枚巻きます。もう1切れにも、練り梅(5g)を塗って、大葉(2枚)を巻いておきます。
    3. 小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣を付けて揚げ、食べやすい大きさに切れば完成です。
    4. 鶏肉の梅しそ揚げの付け合わせに、千切りきゃべつとカットレモンを添えてみると、より妊娠後期向けのメニューになります。

    【麩(ふ)と青ネギのお吸い物】

    材料

    • 麩(ふ)4個
    • 青ネギ少々
    • 白だし大さじ1と1/2
    • 水250ml

    作り方

    1. 1.麩(ふ)は水で戻して、軽く絞ります。
    2. 2.青ネギは、小口切りにします。
    3. 3.鍋に白だしと水を入れて火にかけ、煮立ったら麩(ふ)と青ネギを加えて、完成です。

    【ラタトゥイユ】

    ラタトゥイユとは、夏野菜を炒めて、トマトとハーブ・スパイスで煮込んだ料理です。副菜として献立に取り入れるだけで、野菜をたくさん食べることができます。

    材料

    • なす小1本(60g)
    • ズッキーニ1/3本(40g)
    • 赤パプリカ(20g)
    • 黄パプリカ(20g)
    • 玉ねぎ1/4個(60g)
    • トマトソース(150ml)

    作り方

    1. なす小1本、ズッキーニ、赤パプリカ、黄パプリカ、を乱切りにします。玉ねぎは1cmの角切りにします。
    2. 鍋にオリーブオイルを熱して、パプリカ以外の野菜を炒めます。
    3. 野菜がしんなりしたら、トマトソースを加え、弱火で煮込みます。
    4. 最後にパプリカを加え、塩こしょうで味をととのえたら完成です。

    合わせて読みたい

    【レシピ付き】妊娠糖尿病になりやすい食べ物と予防となる食べ物
    【レシピ付き】妊娠糖尿病になりやすい食べ物と予防となる食べ物
    近年、妊娠糖尿病の検査が厳しくなり、妊娠糖尿病と診断される妊婦さんは少なくありません。妊娠糖尿病になることで、母体だけでなく胎児にもさま...

    「わかめスープ・たらのラビゴットソース・じゃがいものトウチ炒め」(2人分)

    わかめスープ

    【わかめスープ】

    材料

    • 生わかめ(10g)
    • 水菜(20g)
    • 白だし大さじ1と1/2
    • 水250ml

    作り方

    1. 生わかめを洗って2cm長さに切ります。水菜は3cm長さにカットします。
    2. 鍋に白だし大さじ、水を合わせて、煮立たせます。生わかめと水菜を加えれば、完成です。

    【たらのラビゴットソース】

    ラビゴットソースとは、白ワインとオリーブオイル、野菜のみじん切りを合わせたものです。フランス語で「元気にさせる」という意味があるので、妊娠後期にもうれしい調理法となっています。

    材料

    • たら(2切れ)
    • トマト1/2個(90g)
    • 玉ねぎ(20g)
    • きゅうり(20g)
    • 酢大さじ1
    • 減塩しょうゆ小さじ1と1/2
    • サラダ油大さじ1
    • 塩(適量)
    • こしょう(適量)
    • オリーブオイル
    • ズッキーニ(100g)
    • スイートコーン(60g)

    作り方

    1. トマト、玉ねぎ、きゅうりを粗みじんに切ります。
    2. 玉ねぎは水にさらし、水気を絞ってトマト・きゅうりと合わせます。ここに、酢、減塩しょうゆ、サラダ油を混ぜれば、ソースの完成です。
    3. たらは水気をふいて塩を振り、小麦粉をまぶして180度の油で揚げます。ソースをかければ、たらのラビゴットソースになります。
    4. 付け合わせの作り方は、フライパンにオリーブオイルを熱し、輪切りにしたズッキーニを投入します。
    5. ズッキーニを炒めて、火が通ったらスイートコーンを加えて塩・こしょうで味付けします。
    6. たらのラビゴットソースに添えれば、完成です。

    【じゃがいものトウチ炒め】

    トウチ炒めの「トウチ」とは、黒豆に塩を加えて発酵させ、水分を減らした食品です。トウチは生薬にも使われており、中華料理の調味料として愛されています。

    材料

    • じゃがいも小1個(100g)
    • にんじん1/4本(30g)
    • いんげん2本(10g)
    • トウチジャン小さじ1
    • 減塩しょうゆ大さじ1/2
    • 本みりん小さじ1
    • サラダ油大さじ1/2

    作り方

    1. じゃがいもを7cm長さ、5mm幅の拍子切りにして、水にさらします。にんじんは5cm長さ、3mm幅の拍子切り。いんげんは、斜め切りして色よくゆでます。
    2. フライパンにサラダ油を熱し、じゃがいもとにんじんを加えて炒めます。
    3. じゃがいもが透き通ってきたら、トウチジャン、減塩しょうゆ、本みりん、サラダ油を投入します。調味料はよく混ぜておくと、おいしく仕上がります。
    4. じゃがいもに火が通ったら、いんげんを加えて軽く混ぜれば、完成です。

    合わせて読みたい

    【レシピ付き】妊娠力を高める四つのおすすめ料理
    【レシピ付き】妊娠力を高める四つのおすすめ料理
    妊娠中は、母体だけでなく赤ちゃんの分のエネルギーも摂取する必要があるため、お腹がすきやすくたくさん食べてしまいがちです。しかし、だからと...
    たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

    この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

    購読はいいねが便利です!
    【レシピ付き】妊娠後期に食べると良い人気の食事メニュー3選
    この記事をお届けした
    たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
    いいねしてチェックしよう!
    スポンサーリンク

    アンケートにご協力くださいm(__)m

    妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

    アンケート結果

    Loading ... Loading ...
    スポンサーリンク

    良ければシェアをお願いします。

    スポンサーリンク

    アプリで
    たまGoo! がもっと便利に

    iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

    たまGoo!が便利なアプリになりました。
    ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
    たまGoo!をより近くに感じてください!

    トップへ戻る