保育園・幼稚園・保育所・託児所の違い知ってますか?

良ければシェアをお願いします。

子どもの預け先

新米ママさんは日々子育てにおいてさまざまな壁にぶつかると思いますが、中でも大きな壁は「保育園・幼稚園」選びでではないでしょうか。「保育園がいいのか、幼稚園がいいのか、でも保育所や託児所もある…」と頭を抱えているお母さんも多いはず。実際、それぞれの違いを正確に述べられるかと言われると難しいですよね。今回はそんなお悩みを解決するべく、それぞれの違いをわかりやすく解説していきます!

ぜひお子さんの保育園・幼稚園選びにお役立てくださいね。

スポンサーリンク

幼稚園とは?

幼稚園

管理している省庁文部科学省
法律学校教育法
施設名称学校(ただし義務ではない)
目的幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長する。(学校教育法より)
基本理念幼児期の特性を踏まえ、環境を通して教育を行うこと
対象者満3歳から小学校に就学するまで
時間基本的に4時間(預かり保育を除く)
先生幼稚園教諭

上記のように幼稚園は教育の場であり「学校」です。あとの項目でご紹介しますが、保育園の大きな違いはここでしょう。現在は別途料金を取って、預かり保育を行っている幼稚園もあるため、時間に関しては幼稚園によってバラつきがあります。ちなみに幼稚園の先生になるためには、都道府県の教育委員会が発行する幼稚園教諭の免許が必要となります。

保育園とは?

保育園

管理している省庁厚生労働省
法律児童福祉法
施設名称児童福祉施設
目的保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育する。(児童福祉法より)
基本理念福祉を積極的に増進することに最もふさわしいものでなければならない
対象者満1歳に満たない乳児から小学校に就学するまで
時間基本的に8時間(延長保育を除く)
先生保育士

まず幼稚園と比べたときに管理している省庁が違うことがお分かりいただけると思います。施設名称も「児童福祉施設」と「学校」のように違いますね。簡単に説明すると幼稚園は子供の学びのための施設であり、保育園は働くお母さんのサポートをするための施設です。そのため保育園にはお昼寝の時間がありますが、幼稚園にはありません。代わりに幼稚園に通っている子どもたちは、ひらがなを習ったり、簡単な計算を習ったりと勉強を教わることができます。

また、1歳に満たない乳児から預かってくれるという点も保育園の大きな特徴です。近年では2歳から預かり保育も兼ねて幼稚園に通うこともできるようになってきていますが、その制度は完全には普及していません。そのため、働くお母さんにとって保育園はありがたい存在となっているのです。ただし、保育園の場合は無認可の場合もありますからその点は注意しておきましょう。

合わせて読みたい

保育園と幼稚園の違いとは?どっちが良いの?
ご両親がお仕事をされている場合、預かってくれる時間が長い保育園といった考えが定着されていますが、現在では預かってくれる時間が長い幼稚園も増えてきました。では、実際に保育園か幼稚園かを選ぶ際には、何をポイントに選べばよいのでしょうか。ここでは、保育園と幼稚園の具体的な違いを紹介します。 ...

保育所って保育園と違うの?

地域差

次に着目するのは「保育園」と「保育所」の違いについてです。実は児童福祉法に記載されている名称は「保育所」なのです。つまり保育園=保育所ということになります。しかし、地域によっては大きなところを保育園、小さなところを保育所、私立を保育園、公立を保育所、と区別している場合もあるようです。現在は統一して「保育園」と称することが多くなってきています。

託児所も気になっているのだけど…

企業内

近年、急速に増えてきている施設が託児所です。「よく耳にするワードだけど、実際はどんなものなの?」と思っている方も多いはず。託児所とは別名「事業所内保育所」です。つまり、企業が従業員の子どもを預けることを目的として運営している施設です。企業内や企業の近くに設置されることが多いとされています。基本的にはその企業に勤めている従業員専用の施設ですが、企業によっては一般向けに開放している場合もあるようです。

気になっている方はご自身のお住まいの近くの託児所を調べてみても良いかもしれませんね。

合わせて読みたい

産後うつとは?症状・原因・治療法まで徹底解説
産後うつとは、その名の通り産後に起こるうつ症状のことです。出産後は妊娠中に変化していたホルモンバランスが正常に戻りつつある状態で、気持ちも不安定になりがちです。その時に誘発されるうつ病の一種で、出産女性の10~15%が経験すると言われています。 出産後は赤ちゃん中心の生活になるためママの身体や...

結局どこが一番いいの?

1番の女性

ここまで比較してきて「それで、どこに子どもを預けるのが一番なの?」と思ったお母さんはいらっしゃいませんか?そんな方のために、お母さんの生活スタイルごとにおすすめの施設をジャンル分けしてみました。参考までにご一読いただければ幸いです!

バリバリ働きたい!お仕事ママの場合

ご自身がお勤めの会社に託児所がある場合は、託児所に預けることをおすすめします。通勤時に一緒に送っていくことができますし、お迎えの時間に追われる心配もありません。託児所のない会社にお勤めの場合は、保育所に預けると良いでしょう。8時間近く預かってくれますし、仕事が長引いた場合には延長保育をお願いすることもできます。

お受験に備えておきたい!心配ママの場合

小学校受験を考えている場合には、小さいころから勉強癖をつけておくことが大切です。その場合には幼稚園に預けることをおすすめします。幼稚園はひらがなや図画工作の時間があることに加え、簡単な算数を教えてくれるところもあります。そのため、小学校に入っても勉強についていけない、といった心配は少ないでしょう。

下の子が生まれて手がまわらない!子育てママの場合

下の子はまだ生まれて数か月だけど、上の子もまだ1歳!2人の面倒をみたいけれど、家事もあるしキツイ!というお母さんは保育園に預けましょう。「でもまだひとりでトイレもいけないのに…」と心配になるかもしれませんが、最近の保育園はトイレトレーニングから面倒をみてくれるところもあります。それ以前に「満1歳未満の乳児から」入園可能との規定がありますから、そんなに気負う必要はありません。ただし、現在は空きがなかなかない状態ですからすぐに見つけることは難しいでしょう。

根気よくご自身に合う保育園を見つけてくださいね。

おわりに

「疑問はあるけれど、誰に聞いたらいいかわからない!」というそれぞれの施設の違いについてご紹介いたしました。少しでも疑問解決に役立てていただけると嬉しいです。保育園、幼稚園時代は子どもの根底を作る大切な時期です。ぜひご自身のお子さんに合う施設を見つけてあげてくださいね。

ピックアップ

【男性編】夫の職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん、親戚や親しい友人など、報告すべき人たちはたくさんいますが、それぞれ報告すべきタイミングは違います。 親戚や親しい友人には、一般的に妊娠4か月後半から妊娠5か...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
子供の急な発熱にびっくり!基礎知識と4つの対処法
小さな子どもの場合、さっきまで外で元気で遊んでいたと思ったら、急に発熱することがあります。そんな時にすぐに病院に連れていったほうが良いのか、薬を飲ませたほうが良いのか、食事は食べさせた方が良いのかなど、いろいろと判断に迷うことがあります。大事なことは、子供の急な発熱の原因を知っておくことです。そ...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
保育園・幼稚園・保育所・託児所の違い知ってますか?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る