赤ちゃんのお風呂はいつから?これでパパも完璧3つのコツ

良ければシェアをお願いします。

入浴する赤ちゃん

赤ちゃんを出産してからはじめて自分で赤ちゃんをお風呂に入れる際、ママもパパも上手に入れられるか心配になりますよね。沐浴時は、赤ちゃんと一緒にお風呂に入るようになるまでの練習期間だと思って、しっかりとした準備やポイントをおさえるようにすることで、沐浴卒業後スムーズに入れられるようになります。
そういったことから、今回は新生児から入る沐浴と、沐浴卒業後の赤ちゃんとお風呂に入る際の入れ方とコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの沐浴について

バスタオル

用意するもの

  • ベビーバス
  • 柔らかいバスタオル
  • 着替え
  • オムツ
  • 綿棒
  • おへそ用消毒剤
  • ベビー石鹸
  • ガーゼタオル 2枚
  • ベビーオイル、パウダー

赤ちゃんの沐浴が終わったあと、素早く服を着せるために、バスタオルを広げ、その上に肌着と服を重ねて開いた状態にしておき、オムツをその上に広げておきます。そうすることで、体を拭いた後にさっと着替えができます。

いつからいつまで

退院してから一ヶ月検診までは、抵抗力が低く感染症のおそれもあるため大人と同じ湯船には入れずベビーバスで沐浴をさせます。

洗い方

まずは、ベビーバスを使う場所の部屋の温度を季節によって適温に保たせます。そして、ベビーバスに夏場は38度、冬場は40度のお湯をはってください。

1. 赤ちゃんをベビーバスに入れる

お尻と頭を持って、足から入れましょう。この時、はじめての場合でしたら泣いたり暴れたりする可能性が高いのでしっかりと落とさないようにしてください。お湯につけることができたら、ガーゼタオルを赤ちゃんの胸にかけて、握らせてください。ガーゼタオルを握らせることで赤ちゃんが安心します。

2. 顔をふく

別のガーゼタオルをお湯で濡らして顔を拭いてあげてください。

3. 頭と首を洗う

首のシワ部分をしっかりと洗い、頭は指の腹で優しく頭皮を洗うようにして洗いましょう。

4. 全身を洗う

最後に赤ちゃんの胸・お腹・足・腕・手の平などを洗います。おへそ部分を洗う際には優しく洗ってあげてください。背中を洗う際には、腕で赤ちゃんの全身を支えるようにして肩を持ち、うつぶせにさせます。そして、首の後ろ部分・背中・お尻を洗うようにしてください。

5. かけ湯で洗い流す

全身を洗い終えてから、かけ湯で洗い残しのないように流します。

6. 体を拭く

素早く体をバスタオルで優しく拭きます。

7.おへその消毒・スキンケアをする

お風呂上りのスキンケアでは、おへその消毒は必ず行うようにしてください。綿棒を使って消毒剤を染み込ませ、おへそを消毒させます。そのほかには、かぶれ防止のためにベビーローションやパウダーを塗ります。

合わせて読みたい

沐浴にも初挑戦!両親学級に参加してパパらしくなろう!
奥さんが妊娠30週を迎える頃に控えているイベント、それが両親学級です。夫婦そろっての参加になることから両親学級という名前が付けられていますが、このイベントの実際の主役は旦那さんになります。 今まで知らなかった出産に関する知識や産後の知識というものを、他のパパたちと触れ合いながら体験式で学んでい...

沐浴卒業後の赤ちゃんのお風呂デビューは?

クリーム

一ヶ月検診終了後

早くても、一ヶ月検診終了後、先生の許可が下りてから一緒に入るようにしてください。赤ちゃんの洗い方は、基本的に沐浴時と同じなのでベビーバスで一ヶ月慣れていれば問題なく入れるかと思います。

ベビーバスが窮屈になったら

ベビーバスを必ずしも卒業しなければいけないわけではありませんが、ベビーバスが窮屈になってくると赤ちゃんを洗うのが難しくなるため、ベビーバスでは洗いづらいなと思った時には、沐浴を卒業しましょう。

お風呂に入る前に用意しておくもの

肌着

  • ママと赤ちゃんの着替え
  • 柔らかいバスタオル
  • オムツ
  • バスチェア
  • 座布団・クッション・クーハンのどれか
  • ベビーオイル、パウダー
  • ガーゼタオル

何点か沐浴時と異なるものが増えていますが、基本的には同じです。座布団・クッション・クーハンは赤ちゃんをお風呂に入れる前と入れた後に使用するので使いやすい物を用意してください。

赤ちゃんとお風呂に入る際の入れ方

お風呂入れ方

脱衣所や風呂場近くで赤ちゃんを待機させる

座布団やクッションのうえにバスタオルを敷き、赤ちゃんを寝かせて待機させてください。クーハンなどを使用すると寝返りをする頃でも安心です。できればママが見える場所に待機させることで赤ちゃんも安心します。その際、周りに危険なものがないかを確認してください。目を離したくない場合は、お風呂場にバスチェアを置き、赤ちゃんを待機させると良いでしょう。

ママ(パパ)が先に体や頭などを洗う

ママ(パパ)の体についた雑菌などを赤ちゃんにつけないようにするため、赤ちゃんを待機させている間にママ(パパ)が先に体や頭を洗うようにしましょう。

ママ(パパ)の膝の上に赤ちゃんを乗せる

赤ちゃんを洗う際には、太ももの上に赤ちゃんを乗せて洗うと安定しやすいです。また、滑らないか心配な場合は沐浴時に使用したガーゼタオルを一枚太もものうえに敷いてから洗ってください。基本的に洗い方は沐浴時と一緒ですが、顔を洗う際、赤ちゃんが嫌がる場合や、ママが怖い場合はガーゼタオルなどを濡らして石鹸を落としてあげるようにしてください。

赤ちゃんと一緒に湯船に浸かる

赤ちゃんの体を洗い終えたあとは、縦に赤ちゃんを抱いて湯船につかり、赤ちゃんの胸辺りまで浸からせてください。

お風呂から上がったら赤ちゃんのスキンケア

タオルで優しくおさえるようにして体と頭を拭きましょう。体をふき終わったら、優しくマッサージするようにして、ベビーオイル・パウダーを顔と体に塗っていきます。

赤ちゃんをお風呂に入れる際のコツ

お風呂おもちゃ

赤ちゃんがリラックスできる環境作り

お風呂が楽しいものだと思ってもらえるような環境作りをすることで、スムーズにお風呂に入れることができます。例えば、ママやパパが楽しく歌を歌ったり、話しかけたりしながら入れてあげることで、赤ちゃんのご機嫌も良くなります。また、赤ちゃんが喜びそうなおもちゃを湯船に浮かばせたり、そばに置いたりすることで気を紛らわせることが可能です。お風呂に浸かるのを怖がる赤ちゃんには、お風呂用浮き輪などもおすすめです。

洗いやすい体勢で行う

先ほど、膝の上に乗せて洗うと良いとご紹介しましたが、そのほかにも赤ちゃんと向かい合うようにして座らせる方法や、椅子を使わずにお風呂マットのうえに座って膝のうえに乗せる方法、待機させておくためのバスチェアに座らせて体を洗うなどする方法もおすすめです。ママやパパにとって一番洗いやすい体勢を見つけてください。

洗うポイントを絞る

最初はしっかりと洗わなければと思い、時間をかけてしまうかもしれませんが、時間をかければかけるほど、赤ちゃんにとっては良くありません。お風呂は毎日入れるものなので、今日は汚れが溜まりやすい所をとりあえず洗ってあげて、洗えなかった所は明日洗うという気持ちで洗ってあげるようにすることで、ママやパパの気持ちも楽になった上で赤ちゃんをお風呂に入れることができます。

合わせて読みたい

妊娠中の妻のためにできることまとめ
奥様が妊娠して赤ちゃんを授かるというのはこの上ない喜びですね。特に妊活を頑張ってきたご夫婦であれば喜びもひとしおでしょう。 さて、妊娠をすると具体的にどのような変化があるものなのでしょうか。男性の場合肉体的な変化はありませんから、精神面でのブレもほとんどないと思います。しかし、女性は体にさまざ...

赤ちゃんを沐浴・お風呂に入れる際の注意点

お風呂の温度

新しいお湯かどうか

赤ちゃんと一緒にお風呂に入る際、一番風呂に入れてあげるようにしましょう。沐浴を卒業したといっても、まだまだ抵抗力が低く追い炊きしたお風呂などは清潔面が心配です。

部屋の温度調節をしておく

赤ちゃんを待機させている間、そして、お風呂から上がったあと、赤ちゃんが風邪を引かないように部屋の温度を調節しておくようにしましょう。特に冬場は浴室も寒くなるため、浴室の温度にも気を配ってあげてください。

お湯の温度調節

熱すぎる温度ですと赤ちゃんも驚いてしまうため、夏場は38~39度、冬場は40度の温度を目安に調節してあげてください。

入浴時間

沐浴時のときから気を配っていただきたい入浴時間。赤ちゃんはのぼせやすいため、体を洗う時間も含めて10~15分程度で行うようにしましょう。

授乳した直後は入らない

授乳したあとに入浴すると、赤ちゃんが戻してしまったり、お風呂で排便しやすくなってしまったりすることがあるため、授乳直後は控えるようにしましょう。空腹時は機嫌も悪いため、授乳後少し時間をあけてから入浴するようにしてください。

毎日決まった時間に入る

同じ時間帯に入れてあげることで、赤ちゃんの中でも生活リズムが整うようになります。沐浴時は午前中か昼間の一番暖かい時間帯がおすすめですが、ママやパパとの入浴は時間帯というよりも、毎日同じ時間に入るということが大切ですので、様子を見て最適な時間帯を見計らい入ってください。

お風呂上りの水分補給

お風呂に入ったあとは赤ちゃんも喉が渇くため、母乳を飲んでいる赤ちゃんは母乳を飲ませて、ミルクを飲んでいる赤ちゃんにはミルクを飲ませてあげましょう。

まとめ

ママもパパも慣れるまでは大変だと思いますが、ママとパパがはじめて行うように、赤ちゃんにとってもはじめての経験ということを忘れないようにしましょう。毎日のお風呂をスキンシップの時間とし、赤ちゃんが楽しく過ごせるよう自分たちに合ったお風呂の入れ方を見つけてください。

ピックアップ

夫への愛情が激減!?産後クライシスのなぞと克服方法とは
産後クライシスという言葉をお聞きになったことがあるでしょうか。もともとは2012年9月にNHKのテレビ番組「あさイチ」の中で取り上げられ、反響をよんだ現象です。 その意味は出産後に夫婦の関係が悪化し、結婚関係が危機に陥ることを指します。以下では産後クライシスの現状と原因をまず分析し、その問題を...
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...
購読はいいねが便利です!
赤ちゃんのお風呂はいつから?これでパパも完璧3つのコツ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る