8歳の子の発達・成長・発育など特徴まとめ

良ければシェアをお願いします。

8歳の子の発達・成長・発育など特徴まとめ

最近生意気な口を利くようになってきたけれど、まだまだ膝に乗ってきたりと甘えてきたりする子供っぽい一面も。ママから見てそんなふうに感じるのがちょうど8歳くらいではないでしょうか。

8歳という年齢の発達はどんな様子なのか、心、体、周囲を取り巻く人間関係などの視点から見てみると、8歳はこれからの成長過程のまさに入口、ということがわかります。早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

8歳のからだの発達の特徴と傾向ってどんなもの?

8歳という年齢は小学校2年生から3年生にまたがっており、小学校1年生の大きな壁を乗り越え、心も体もぐっと成長する時期です。見た目だけでなく、体の中の機能も整ってくる時期。まずは体の変化の特徴についてご紹介します。

流行りの病気に対する免疫力の変化

身長・体重とともに増え、安定的な成長期に入ります。未就学の頃とは違い、からだの免疫力が高まり、集団生活の中でもウイルスに対する抵抗力が出てくるため、学校を休みがちだったお子さんもだんだん身体が強くなってくる時期です。

インフルエンザなどの流行時期、親は気が気ではありませんが、隣の席の子がり患してもわが子は平気、なんていうことも。強くなったなぁと思わず8歳に拍手、なんて経験がある方もいるのではないでしょうか。

そんなに薄着でさむくないの??

日々の活動量が増えることによって、大人が見るとあきらかに薄着だと感じても本人は汗をかくほど、ということも出てきます。

運動量が多いお子さんは朝の活動量も活発というデータあり、生活習慣を整えていくために日々の運動習慣をつけていくのも、運動能力の高まるこの年齢あたりから取り入れると非常に有効でしょう。

まだ体温調節が未熟なので、あまりに汗をかいている時や寒がっていると感じたときは病院を受診しましょう。

運動能力の向上と生活習慣について

運動能力がぐっと高まってくる時期です。体全体のバランスを取り複雑な動きができるようになるうえ、持続力も付き、運動量が増える時期です。

ただ走る、ということから一歩進んで、早く走ることを考えて、それを体に伝達することができるようになってきます。

小学校生活にも慣れてやっと身についてきた生活習慣が崩れそうなときは、運動能力が高まるこの時期だからこそ、日中の運動量を増やすことで就寝時間を早めるなどの手立ても有効です。

合わせて読みたい

算数が苦手な子に共通する3つの特徴克服法はこれ!
算数は他の教科に比べて、好き嫌いがはっきり分かれる教科。親御さんのなかにも、“算数”と聞いただけで「あーー算数、苦手だったな」と昔のテストの点数を思い出してしまう人も多いのでは? 低学年では算数が得意だったのに中学年でつまづき高学年ではついていけなくなってしまうパターンが多い算数。しかし、なぜ...

心の変化と興味についてはどう変わる?

体の変化に伴い心も大きく成長します。自立心が芽生え、大人の一歩にむかって踏み出します。大人が知らないところだけでの会話などを楽しんだり、子供同士の社会に身を置くようになっていきます。たとえばどのような変化があるのでしょうか。

自分の立場を意識するようになる?

例えば教室で起こったお友達同士のトラブルの目撃者になったとき、情報を整理して大人に伝えることができるようになります。自分がトラブルに巻き込まれた場合も、大人が概況を把握できるくらいの情報を引き出すことができるようになります。

未就学の場合は皆言い分が違って状況がさっぱり呑み込めない、なんてことも多かったかと思いますが、多少のトラブルは子供同士で解決できることも出てきます。

ただ、ストレス耐性もついてくるので我慢をしてしまうこともあり、本人の様子をよく観察することが大切です。

自立の一歩、先生との距離が変わる

1年生の頃は先生に監督してもらわないと何も進まなかった子たちが、自分で先を想像し、行動に移せるようになってきます。これにより先生との距離も変わり、一歩自立へと踏み出します。

親に対してもまだ素朴ですが従順ではなく、命令は好みません。合図やヒントを好む傾向があるので、伝えたいことはうまくゲームなどに取り込んで楽しみながら取り組ませるとうまくいくことがあります。

新しいことに積極的に取り組みたい気持ちが強いのもこのころの特徴です。

いろいろなものに没頭しすぎる?

8歳は興味の塊といっても良いでしょう。いろいろなことに積極的にかかわっていく姿勢がとても強い時期です。勉強が好きな子供も中にはいるでしょう。

集中力が高まることで、漫画、ゲーム、テレビなど親にとっては没頭してほしくないものにも夢中になってしまうこともしばしばあるかと思います。

時間管理についてもだんだん身につく時期なので、開始するときに終了予定時刻を宣言させるなどしてみましょう。せっかく身についた生活習慣が崩れないよう手助けしてあげることが時には必要です。

合わせて読みたい

金銭感覚を育てるお小遣いの渡し方 平均額はいくら?
小学生くらいの年齢になると浮上してくる「お小遣い問題」。「いつからあげるべきなの?」「必要なときに渡す方法は?」「もしかしてお小遣いあげすぎ?」などお小遣いに関する疑問は数えきれないほどあるかと思います。今回はそんな疑問を解決すべく、お小遣いの平均額からおすすめの渡し方まで幅広くご紹介いたします...

親や友達、周囲との人間関係の変化は?

学校、習い事、学童保育、など子供が大半で構成されている集団に身を置き、そこでの社会性が育ちます。

その場に応じたルールがあることを理解し、ここでは良いこともあちらではダメ、など複雑な条件を難なく理解するようになります。他者の気持ちを理解し、共感したり想像したりすることができることによって人間関係の円滑化を図ることができます。

お友達とトラブル?そんなときどうする?

前述もしましたが、お友達同士のトラブルも、些細なことであれば自分たちで解決することも出てきます。ただ、低学年の場合はまだまだ親が介入できる距離でもあるので、解決したことでもなるべく聞き出せると良いですね。

子供たちのジャッジについて、大人としての意見を言うことで、今後のジャッジの判断材料になります。高学年になってくるとトラブル自体が見えてこないこともあるので、子供同士でどんな人間関係を作っているのか、時々気にしてあげると良いでしょう。

自分以外の人の気持ちを想像する

学校の授業でも取り組むことですが、自分だったら、だけでなく、こういう立場の人だったらどう考えるか、を想像できるようになってきます。まだうまくはできませんが、人間関係が広がるうえで積極的に考えを巡らせるようになります。

意見が食い違った時にはどうしてそう感じたのか、どんな時にそう思うのか、など細かく話してあげると興味を持ってきいてくれることもあるでしょう。

同時にルールや規範には敏感な時期なので、自分と違う意見を激しく糾弾する正義感を持っていますので、身内に手厳しい一面がみられることもあります。

異性との距離とかかわり方の変化

同性どうしで遊ぶことが多くなり、興味の表れとして異性と同性を区別します。好きな人ができたり、友達の恋心について相談を受けたり、複雑な心理が働くようになってきます。

異性については兄弟構成やもともとのタイプでかなり個人差があるとは思いますが、この年齢の全体の傾向としてはやはり異性を意識することが多くなってくる時期です。

性差は学年があがるごとに顕著になってきますが、この時期に異性と体のつくりが違うことなどの知識を伝えると、余計な知識がない分生物学的な情報としてすんなり理解してくれる利点があります。

まとめ

どうでしたか?8歳の特徴は大人と子供の境目、ということかもしれません。一人前になって羽ばたくための長い助走期間のスタート地点にやっと自分の足で踏み出したという感じでしょうか。

素敵な大人になるためにいろいろ体験する大切な時期です。失敗しても大人がフォローできる時期でもあるのでたくさん考えてたくさん失敗して自らの手で新しい明日を切り開いてほしいですね。

ピックアップ

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...
子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。 歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけに...

https://tamagoo.jp/childcare/bed-wetting-of-primary-schoolchild/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
8歳の子の発達・成長・発育など特徴まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

7歳~12歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...
子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。 歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけに...
小学生になってもおねしょする?原因はストレスにあった
小さな子どもがいる家庭の場合、夜間の「おねしょ」が発生する事態はよくあるかと思われます。子どもが幼児なら、生理的な現象として当たり前のことなので、心配する必要はありません。しかし、小学生になってもおねしょが続いていて、悩まれている保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。小学生でもおねしょが...
金銭感覚を育てるお小遣いの渡し方 平均額はいくら?
小学生くらいの年齢になると浮上してくる「お小遣い問題」。「いつからあげるべきなの?」「必要なときに渡す方法は?」「もしかしてお小遣いあげすぎ?」などお小遣いに関する疑問は数えきれないほどあるかと思います。今回はそんな疑問を解決すべく、お小遣いの平均額からおすすめの渡し方まで幅広くご紹介いたします...
算数が苦手な子に共通する3つの特徴克服法はこれ!
算数は他の教科に比べて、好き嫌いがはっきり分かれる教科。親御さんのなかにも、“算数”と聞いただけで「あーー算数、苦手だったな」と昔のテストの点数を思い出してしまう人も多いのでは? 低学年では算数が得意だったのに中学年でつまづき高学年ではついていけなくなってしまうパターンが多い算数。しかし、なぜ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る