いよいよ小学校!入学に際して準備しておきたいものまとめ

良ければシェアをお願いします。

入学のイメージ

小学校生活に向けて、入学準備中という保護者のかたも多いのではないでしょうか。準備は順調に進んでいますか?幼稚園と比べて過ごす時間がうんと長くなる小学校。準備するものも多くて何からそろえて良いか分からない方もいらっしゃると思います。

今回は、学校生活で良いスタートが切れるように準備しておきたいものをご紹介します。

スポンサーリンク

学校の指定があるもの

男の子と女の子

小学校に上がると学校指定のものが増えてきます。ここでは特に学校からの指定が多いものをご紹介します。入学前に案内があれば、小学校の案内に沿ってご準備くださいね。

制服、通学帽

通学服は私服の学校が多いですが、国立、私立の小学校では制服があることが多いです。指定の制服がある場合は、裏地やタグ部分に名前を書いておきましょう。

名札

学校から配られる場合が多いようです。失くしてしまったり、誤って名札を付けたまま洗濯してしまったりしないよう気を付けましょう。ただし、子どもの誘拐事件や個人情報の問題から名札を廃止する学校も多く見受けられます。

水着、水泳キャップ

水泳キャップは学年によって色分けしている場合もあります。先生からよく見えるよう、名前は大きく書きましょう。

体操着、紅白帽

夏場や運動会シーズンに備えて洗い替えがあると便利です。小学校生活の6年間で子どもの身長、体重も大きく変化するので1回は買い替えが必要になると思います。

体育館シューズ、シューズバッグ

指定の無い場合は、運動しやすいようにサイズの合ったもの、着脱しやすいものを選びましょう。シューズバッグは洗濯のできる丈夫なものが便利です。

上履き

指定の無い場合は、軽くて動きやすいものを選びましょう。上履きも体操着と同様、足の成長に合わせて買い換えます。多い子では2,、3足は買い換えることになるでしょう。

楽器

鍵盤ハーモニカなど、指定の楽器を購入する場合があります。幼稚園で使った鍵盤ハーモニカがあれば、そのまま小学校で使うこともできます。

合わせて読みたい

アレルギー性鼻炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ
今や、国民の5人に1人がアレルギー性鼻炎を持っているといわれます。最近では発症の低齢化も進み、子どものアレルギー性鼻炎も多くみられます。命にかかわる病気ではありませんが、そのまま放っておくと日常生活に影響を及ぼすことも。さっそく原因や症状から予防法までご紹介していきます。 アレルギー性鼻炎につ...

通学で使うもの

ランドセルと靴

登下校時に必要なものをご紹介します。毎日使うものなので、使いやすいものを選びましょう。

ランドセル

背負いやすく、丈夫なものを選びましょう。最近は様々なカラーバリエーションのランドセルがあるので、お子さんと一緒に選ぶのも楽しみですね。

通学靴(運動靴)

履きなれた歩きやすい靴を選びましょう。靴紐の無いタイプは着脱が楽にできます。体育の時間にも同じ靴を履くことが多いので、運動しやすいものが良いでしょう。

雨具

傘は一般的に50cm程度のものが目安とされていますが、お子さんの使いやすいものを選びましょう。低学年ですので雨の日、雪の日に長靴を準備することをおすすめします。レインコートは着る機会が少ないかもしれませんが、台風や大雨の日に備えておくと安心です。

サブバッグ

体操着を入れたり、図書室で借りた本を入れたり、荷物の多い日に大活躍のサブバッグ。マチがあると安定感もあり使いやすいですよ。

防犯ブザー

小学生になると通学以外にも習い事やお友達の家へ遊びに1人で出掛けることもあるため、万が一に備えて防犯ブザーを用意しておくと安心です。紐を引くタイプやボタンを押すタイプなど様々な種類があるので、お子さんの使いやすいものを選びましょう。持ち歩く前に、お家で一緒に使い方を練習しておくと良いですね。

校内で使うもの

ここでは主に教室で使うものをご紹介します。

絵の具

道具箱

学校によってサイズの指定がある場合があります。収納場所や何を収納するかによって、使いやすい大きさのものを考えましょう。

絵の具セット

色数など指定がある場合があります。無い場合は、絵の具パレット、水彩絵の具(12色が一般的)、丸筆、筆を洗うためのバケツ、雑巾をそろえましょう。一式がセットになったものも売っています。絵の具はバラ売りしているメーカーのものだと買い足す事ができて便利です。

座布団、座布団カバー

指定の座布団がある場合もありますが、指定が無い場合は、災害に備えて防災頭巾としても使えるものが安心です。各自で購入される際は椅子のサイズをご確認くださいね。

雑巾

学期ごとに集める学校が多いようです。枚数は学校によって違うので、ご確認ください。机の横にかけておくのでフック付きの雑巾が便利ですよ。

昼食時に使うもの

お弁当

待ちに待ったお昼ごはん。小学校の昼食時に必要なものをご紹介します。

お箸

給食の場合でも、お箸のみ各自持参という学校が多いようです。ケース入りのものが衛生的で安心です。

ランチョンマット

洗い替えも含めて3~4枚あると便利です。学校によっては不要な場合もあります。

給食袋

上記でご紹介したお箸やランチョンマットを入れておくためのものです。出し入れのしやすい巾着袋が便利です。

給食エプロン

学校によってはエプロンが必要な場合もあります。腰に巻くタイプもありますが、衣類の汚れを防ぐため、上半身も保護できるものを選びましょう。

水筒

保温、保冷の機能がしっかりとしたものが良いでしょう。蓋がコップになっているタイプは、洗いやすいだけでなく衛生面でも安心です。

歯磨きセット

歯ブラシはキャップが付いたものが衛生的です。コップに収納できるタイプもありますが、蓋が開いてしまう場合もあるので、ポーチや巾着袋に入れておくと安心ですね。

合わせて読みたい

3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...

そろえておきたい文房具一覧

勉強

小学校では沢山の文房具が必要となります。ここではそろえておきたい文房具をご紹介します。

鉛筆

Bや2Bなど、芯の柔らかい鉛筆を用意しましょう。鉛筆キャップもあると芯が折れるのを防ぐことができます。シャープペンシルやロケット鉛筆は、学校によっては禁止されている場合があるのでご注意ください。

赤鉛筆

赤鉛筆と青鉛筆が一緒になったものもありますが、単体の赤鉛筆が使いやすいでしょう。

ノート

国語ノートや算数ノートなど、教科によってはマス目の数に指定がある場合があります。学習ノートの他に、自由帳、連絡ノートも用意しておきましょう。

鉛筆削り

手元で使う小さなものから電動式の大きなものまで様々なタイプがあります。教室に備品として置いてある場合もありますが、自宅でも使うのでお子さんの使いやすいものを選んでくださいね。

消しゴム

柔らかく、消しカスがまとまるタイプのものが使いやすいです。子どもの好きそうな匂い付きのものや、形にこだわったものなど色々な消しゴムがありますが、勉強で使うものにはシンプルで消しやすいものを選びましょう。

定規

筆箱に入れておけるサイズのものの他に30cm定規があると便利です。プラスチック製で目盛りの読みやすいものを選びましょう。

油性ペン

教科書や文房具など、名前を書くのに重宝します。

筆箱

1年生が使うにはマグネットタイプの四角い筆箱が便利です。鉛筆や消しゴム、定規が収納できるようになっているので、不要なものを入れすぎてしまうのを防ぎます。丈夫で安定感があるためランドセルに収納しやすいというメリットもあります。学校によってはキャラクターの筆箱はNGな場合もあるので購入時に注意してくださいね。

下敷き

次のページに文字が写ってしまうのを防いだり、書きにくさを解消したりします。

色鉛筆

色数の指定がある場合がありますが、無い場合は12色が一般的です。

セロテープ

安定感があり使いやすいものを選びましょう。

はさみ

握りやすいものを選びましょう。ケースが付いているものだと安全です。

のり

大きく分けて、紙を貼るのに使いやすいスティックタイプと、画用紙を貼る場合など図工の時間に使いやすい液体タイプ、ペーストタイプの3つがあります。用途に合わせてそろえておくと便利です。

おわりに

小学校では準備するものが多くて大変ですが、そろえていく度に期待が膨らみますよね。しっかりと入学に備えて、楽しい小学校生活のスタートを切れるようにしましょう。

ピックアップ

4歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
4歳児は、急激な成長の最後の年ともいわれています。個人差もありますが、2歳から言葉を覚え始めて3歳で活発になり、イヤイヤも多くなります。目まぐるしい成長を経験して、ようやく落ち着くのが4歳です。知能の発達も著しいので、成長に合わせてさまざまなことを教えたい年頃です。今回は、4歳児の発達・成長・発...
5歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
5歳児になると、だんだんと手がかからなくなり育児が少し落ち着くといったことを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、実際には活動がより活発になり、口も達者になるため、イライラする日が増えたりうんざりしてしまったりという場合も少なくないようです。 また、身長はかなり伸び、体つきもし...

https://tamagoo.jp/childcare/middle-authority-resisting-age/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
いよいよ小学校!入学に際して準備しておきたいものまとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

3歳~6歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る