算数が苦手な子に共通する3つの特徴克服法はこれ!

良ければシェアをお願いします。

算数が苦手な子に共通する3つの特徴克服法はこれ!

算数は他の教科に比べて、好き嫌いがはっきり分かれる教科。親御さんのなかにも、“算数”と聞いただけで「あーー算数、苦手だったな」と昔のテストの点数を思い出してしまう人も多いのでは?

低学年では算数が得意だったのに中学年でつまづき高学年ではついていけなくなってしまうパターンが多い算数。しかし、なぜ苦手なのか原因さえわかれば、克服することはできるはずです。

スポンサーリンク

算数が苦手な子に共通する3つの特徴

特徴

実は算数が苦手という子にはある共通点があるようです。ここでは主に3つに分けて、その特徴をみていきます。

計算ミスが多い

算数は計算問題がメイン。数字は国語などと違い、完全に正確でなければ〇はもらえません。文章問題でも、式は合っているのに計算が間違っているせいで×になってしまうことも多いのです。

しかしテストの結果だけを見て一喜一憂し、なぜ計算を間違ったのかという原因を突き止めないため、次のテストでも同じような計算ミスをして、また悪い点数を取り、算数に苦手意識を持つ…という悪循環に陥っているのです。

文章問題ができない

国語の読解力がないために質問の意味がわからないせいで苦手意識が働く子も多いようです。

文章問題が解けない子の多くは、あまり意味を考えず授業で教わったパターンに自動的に当てはめて片づけようとするため、応用がきかなくなってしまっているのです。

計算ドリルを習慣にできていない

宿題で算数ドリルを出されることがあると思いますが、小学生の間は毎日1ページ程度の計算問題を解くことがとても重要です。

10分程度で終了するプリントを継続的にやるかやらないかで、その後に大きな差が生まれます。その習慣づけができていないと授業についていけず、ますます苦手意識が強くなってしまうのです。

合わせて読みたい

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...

算数が苦手な子に共通する4つの悪習慣

悪習慣

算数の成績が伸びない子は、ふだんの学習習慣にも共通の問題点があるようです。思い当たる習慣があれば、やめるだけで成績が改善するかもしれませんよ。

共通点1 授業中、先生の板書を写すことに集中してしまう

先生が黒板に書いた解法をそのままノートに写すだけでは頭に入りません。黒板に整理された内容はあくまで解き方の過程(式と式のつながりや論理のつながり)を省略したもので、先生は語りでわかりやすい解き方を補っているのです。

ですからそれを聞き逃してノートを写すことだけに一生懸命になっていると、あとからそのノートを見てもどうやって答えを導き出したのかわからなくなってしまうのです。

共通点2 ノートに書く図が小さい

図を書かないで解決する算数・数学の問題は、計算問題をはじめとする2割程度。図は式より重要です

苦手な子は面倒くさいのか、図を小さく書く傾向があり、それが理解の妨げになっている可能性もあるようです。

できるだけ定規を使い、大きく正確に書くことが大切です。図の正確さが、正確な理解につながります。正確な図が脳にインプットされていると、本番でも正確に図を書けて、正しい答えを出すことができます。

共通点3 わからないときにすぐ質問しない

恥ずかしいからといってわからないことを質問しないとますますわからなくなってしまいます。質問の仕方がわからない場合、たとえば「なにこれ?」と思ったとき、ノートや問題集の該当箇所に「?」マークを大きくつけて、それを先生に見せながら「?」の部分がよくわかりませんと言えば簡単に疑問を解決できるはずですよ。

共通点4 解くだけで答え合わせと解き直しをしない

家庭学習や宿題をやるとき、ただノルマをこなすだけになっている子が多いようです。答え合わせをしたとしても○が多いと安心してそこで終わらせてしまうのは×。正解した問題から学ぶことは少ないのです。不正解だった問題からしか学べないのだということを、子どもたちは知りません。この点を、ぜひ教えてあげましょう。そして間違った問題は必ず解き直しをすることが大切です。

合わせて読みたい

英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...

苦手意識を克服するヒント

ヒント

本来、算数は計算だけでなく、むしろ物の数や長さ、重さ、お金の計算など、生活に密着した教科。計算ドリルを解くだけの机上の学習では身につかず、むしろ生活のなかで学習することが一番効果的です

たとえばおやつの時間に、クッキーや飴などを子どもに分けさせることで均等に分ける方法=割り算を自然と学習させることができます。または買い物をするときに肉300gの重さを教え、子どもにお金を渡して会計させることで重さや量、お金の概念を自然と身につけさせることもできます。

こういった実体験があれば、複雑な文章問題に突入してもイメージできるので戸惑うことがなくなります。ぜひ親子で実践してみてください。

おわりに

算数に苦手意識を持っている子に計算ドリルをたくさん取り組ませて、塾に通わせても根本的な解決にはつながりません。むしろ、生活のなかの実体験が大事であり、楽しみながら身につけるのが何より効果的なようです。

そして何よりどこでつまずいて算数が苦手になったのか、親が気付いてあげることが重要です。お子さんが持ち帰るテスト結果の点数ではなく、どこが間違っているかを確認し、一緒にわからない部分を把握し、お子さんの苦手意識の克服に寄り添ってあげましょう。

ピックアップ

子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。 歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけに...
6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...

https://tamagoo.jp/childcare/characteristic-of-5-years-old/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
算数が苦手な子に共通する3つの特徴克服法はこれ!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る