勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達

良ければシェアをお願いします。

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達

小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。

しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も大切です。そこで今回は、睡眠時間と脳の発達の関わりについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

知識や技術を脳や体に刻み込むには、睡眠時間の確保が重要

眠る女の子

勉強やスポーツが得意な子に育てるならばとにかく練習や勉強を数多くこなすべきと考えてしまうかもしれませんが、必ずしもそうではありません。練習や勉強も重要ですが、睡眠も同じくらい大切です。

たとえば、筋力トレーニングでは、過度な負荷をかけたあとに適切な休養と栄養補給を繰り返すサイクルが、筋力アップに最も適していると考えられています。また、勉強でも同じように適切な睡眠をとることが重要とされており、脳を働かせる時間と休ませる時間をつくることで、より記憶力を高めることが可能になると言われています。

しっかりと休息することで、覚えた知識や技術は脳や体にしっかりと刻み込まれていくのです。十分な睡眠時間を確保してあげることも、子どもの成長を導くうえで、親として必要な仕事と言えるではないでしょうか。

合わせて読みたい

乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。 ...

適切な睡眠時間の確保が記憶力向上につながる

子供の脳

勉強の得意な人間になるために非常に重要なことのひとつに、記憶力向上があります。実は、記憶力のアップには睡眠時間が関係しています。

みなさんは、人間の記憶量を司る部位がどこにあるかをご存じでしょうか。それは、大脳のなかにある海馬(かいば)という部位です。これはパソコンのハードディスクのようなもので、体積が大きければ大きいほど記憶力が高まります。この海馬の体積は、睡眠によって増大すると言われています。

睡眠と脳の関係は科学的にも証明されている!?

睡眠時間が1日5時間から6時間の子どもと、9時間から10時間の子どもでは、脳の体積に1割程度の差があり、長く寝ている子どものほうが海馬の体積が大きいというデータがあります。

やはり睡眠時間が長いほうが海馬の体積が増大し、脳を発達させることができるようです。ただし、「長ければいい」というものではなく、10時間程度が適切と考えられています。

また、夜更かしをしたうえで長い睡眠時間をとることもあまり意味がないと考えられており、「早寝早起き」と規則正しい生活が海馬の体積増大と記憶力向上、そして学力アップにつながると考えられているのです。勉強しない子どもに「もっとたくさん勉強しなさい」と言うことも重要ですが、夜遅くまで勉強をしている場合には「早く寝なさい」と諭し、早寝早起きの習慣をつけさせることも大切です。

合わせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...

スポーツにも睡眠時間が重要

野球少年

勉強だけではなく、スポーツにおいても睡眠時間の確保は重要です。かつては「とにかく数多く毎日練習すること」が、身体を強くすることや技術を向上させるうえで最適な方法と考えられてきました。しかし、現在では適切な栄養補給と睡眠時間の確保も、スポーツマンとしての身体を作る上で重要と考えられています。

たとえば、野球や格闘技で必要となるパワーをつける筋力トレーニングでは、過度な負荷をかけた運動をしたあとは、ゆっくりと身体を休め、しっかりと睡眠時間をとることが筋力をつける上で「あたりまえ」の行為と考えられています。

これは鍛えた部位を成長させるホルモンが睡眠中に分泌されるためで、適切な睡眠をとることができないと、筋肉の成長を妨げてしまうのです。つまり、一生懸命筋トレをしても、しっかりと睡眠時間を確保しなければ、十分な効果を得ることができないのです。

筋トレにかぎらず、スポーツでは体調管理が重要です。疲れを溜めないという観点から見ても、睡眠時間が鍵を握っているのは明らかです。野球選手の中にはしっかりと睡眠をとるために寝具を持ち運ぶ人もいるようですよ。これも、常に疲れをためず良い状態に身体を保つための行動です。

「スポーツが得意」になるためには、技術も重要ですが、身体と心もベストでなくてはなりません。この両方を保つ最適な方法が、適切な睡眠時間の確保なのです。

おわりに

睡眠時間の確保が勉強とスポーツを得意とする子どもに成長するうえで必要な行動であるということがおわかりいただけたでしょうか。数をこなすことばかりに目が行きがちですが、休ませることも同じくらい重要ということを認識し、疲れをためさないような生活習慣を子どもにつけてあげましょう。

また、保護者が不規則な生活をしていると、子どももつられて生活リズムが乱れ、睡眠も不規則になりがちです。家族みんなで、早寝早起きと十分な睡眠を心がけると良いかもしれませんね。

ピックアップ

4歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
4歳児は、急激な成長の最後の年ともいわれています。個人差もありますが、2歳から言葉を覚え始めて3歳で活発になり、イヤイヤも多くなります。目まぐるしい成長を経験して、ようやく落ち着くのが4歳です。知能の発達も著しいので、成長に合わせてさまざまなことを教えたい年頃です。今回は、4歳児の発達・成長・発...
5歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
5歳児になると、だんだんと手がかからなくなり育児が少し落ち着くといったことを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、実際には活動がより活発になり、口も達者になるため、イライラする日が増えたりうんざりしてしまったりという場合も少なくないようです。 また、身長はかなり伸び、体つきもし...

https://tamagoo.jp/childcare/middle-authority-resisting-age/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

7歳~12歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...
子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。 歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけに...
小学生になってもおねしょする?原因はストレスにあった
小さな子どもがいる家庭の場合、夜間の「おねしょ」が発生する事態はよくあるかと思われます。子どもが幼児なら、生理的な現象として当たり前のことなので、心配する必要はありません。しかし、小学生になってもおねしょが続いていて、悩まれている保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。小学生でもおねしょが...
金銭感覚を育てるお小遣いの渡し方 平均額はいくら?
小学生くらいの年齢になると浮上してくる「お小遣い問題」。「いつからあげるべきなの?」「必要なときに渡す方法は?」「もしかしてお小遣いあげすぎ?」などお小遣いに関する疑問は数えきれないほどあるかと思います。今回はそんな疑問を解決すべく、お小遣いの平均額からおすすめの渡し方まで幅広くご紹介いたします...
算数が苦手な子に共通する3つの特徴克服法はこれ!
算数は他の教科に比べて、好き嫌いがはっきり分かれる教科。親御さんのなかにも、“算数”と聞いただけで「あーー算数、苦手だったな」と昔のテストの点数を思い出してしまう人も多いのでは? 低学年では算数が得意だったのに中学年でつまづき高学年ではついていけなくなってしまうパターンが多い算数。しかし、なぜ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る