乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト

良ければシェアをお願いします。

はえかわりの歯

子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。

スポンサーリンク

乳歯の生え変わりについて

乳歯と永久歯

時期

乳歯の生え変わりの時期は個人差がありますが、大体6歳前後から12歳頃までに永久歯へと生え変わります。

順番

最初に抜け始める歯は「乳中切歯」と呼ばれる下の前歯とされ、乳歯が抜けると基本的にすぐに永久歯が生え始め、同じ時期に乳歯が無かった部分である奥歯の6歳臼歯と呼ばれる大臼歯が生え始めます。7~8歳頃になると、今度は上の前歯が抜け始め、8~9歳頃になると、奥歯に向かって抜け始めます。そして、10~11歳にかけて上下の奥歯が抜け、12~14歳になるまでに永久歯が生え揃います。

本数

乳歯は全部で20本あり、永久歯は28本ありますが、親不知を合わせることで32本になるので、乳歯から永久歯に生え変わったあとは合計で12本増えることになります。

乳歯と永久歯の違い

<色>
乳歯は白色で、永久歯は黄色味がかった色をしている。

<大きさ>
永久歯より一回りほど小さい。

<歯質>
永久歯に比べて乳歯は石灰化が不十分なため柔らかく、エナメル質・象牙質の厚みは永久歯の半分程度で薄いため、虫歯の進行が早い。

合わせて読みたい

子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...

乳歯が永久歯に生え変わるまで

虫歯

乳歯の隙間が開き始める

上述でもご説明しましたが、永久歯は乳歯より一回り大きいため乳歯と乳歯の間に隙間が開くようになり、永久歯が生える準備をします。隙間がないと、永久歯が生えてきた際に歯並びが悪くなり、歯列矯正が必要となります。

永久歯が乳歯の根を溶かし抜け始める

乳歯から永久歯に生え変わる際に、永久歯が歯茎の中から乳歯の根本に近づき溶かし始めます。ほとんど乳歯の根を溶かすころにはグラグラと揺れ始め自然に抜けます。

乳歯が抜けて永久歯が生える

乳歯が抜けてようやく歯茎の中にいた永久歯が生え始めます。この時に乳歯が抜けきっていなかったり、残っていたりすると永久歯の位置がずれて生えてしまうので歯並びが悪くなってしまいます。

生え変わり時のトラブルについて

歯医者

生え変わり時には注意しておきたいトラブルがあります。実際にそのトラブルと、対処法について見ていきます。

乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきた場合

乳歯が抜ける様子もなく永久歯が生えてきた場合は、歯医者さんに行って乳歯を抜歯してもらう必要があります。また、乳歯がグラグラとしていて、今にも抜けそうな場合は様子を見て、いつまでも抜けずに残っている場合も、歯医者さんに行って抜歯してもらうようにしましょう。

乳歯が抜けても永久歯が生えない場合

乳歯が抜けてから永久歯が生えるには、3ヶ月~6ヶ月ほどを要します。この場合は様子を見て、6ヶ月以上経っても永久歯が生えてこない場合は、歯医者さんでレントゲンを撮ってもらい、歯茎の中に永久歯があるか、異常がないかなどを確認しましょう。

乳歯がいつまでも抜けない場合

乳歯の生え変わりの時期になっても乳歯が抜けない場合、歯医者さんにてレントゲンを撮ってもらい、歯茎の中に永久歯があるかどうかを確認します。また、生まれつき乳歯の下に永久歯が生えない方がいらっしゃいます。その場合は、乳歯を使い続けるか、歯列矯正を行うかを選択します。

乳歯が歯茎の中に埋まってしまった場合

歯茎の中に永久歯があるにも関わらず、乳歯が歯茎の中に埋まってしまうケースがあります。その際に、永久歯が3分の2ほど生えていれば乳歯を抜歯します。乳歯を抜歯しても永久歯がそれ以上生えてこない場合には、歯列矯正を行う必要があります。

乳歯が抜けた際に出血が止まらない場合

乳歯が抜けた際に出血が止まらなくなった場合には、丸めたガーゼやティッシュなどで抜けた箇所の周りの歯茎を圧迫するように噛み、止血するようにしてください。5分ほど行っても血が止まらない場合は、歯医者へ行くようにしてください。

合わせて読みたい

子供の急な発熱にびっくり!基礎知識と4つの対処法
小さな子どもの場合、さっきまで外で元気で遊んでいたと思ったら、急に発熱することがあります。そんな時にすぐに病院に連れていったほうが良いのか、薬を飲ませたほうが良いのか、食事は食べさせた方が良いのかなど、いろいろと判断に迷うことがあります。大事なことは、子供の急な発熱の原因を知っておくことです。そ...

永久歯になる前に注意したいこと

指しゃぶりする子ども

乳歯が虫歯にならないように気を付ける

乳歯から永久歯への生え変わりの時期は、まだ残っている乳歯との境目などが磨き残しやすくなります。汚れが残ったままでいると、生えてきた永久歯が虫歯になりやすくなったり、歯茎の周りに炎症がおきやすくなったりするため、できるだけ磨き残しがないよう永久歯の生え揃いに備えます。また、乳歯が虫歯になって神経をとってしまうことで、永久歯が上手に生え変わらないことがあるので、乳歯の虫歯には十分に気を付ける必要があります。

指しゃぶりの癖をなおさせる

乳歯は永久歯に比べて歯質が柔らかいため、指しゃぶりをすることで出っ歯や噛み合わせが悪くなる可能性があります。また、永久歯の生え変わりの時期に指しゃぶりを行うことで、顎の骨も変わりやすくなるため、指しゃぶりは早い段階でやめさせるようにしましょう。

噛む力を鍛えさせておく

柔らかいものばかり食べさせておくと、顎の噛む力が発達せず、顎が小さくなってしまい歯並びが悪くなってしまうおそれがあります。栄養価が高い野菜などを中心にあたえて、噛む力を鍛えましょう。

永久歯が生えた時に注意したいこと

子ども歯ブラシ

歯ブラシのサイズ変更

永久歯になった歯に対して、乳歯の頃つかっていた歯ブラシのままだと、永久歯のサイズに合っていないため磨き残しが発生しやすくなります。虫歯につながるので、必ず永久歯が生えたら大人用の歯ブラシに交感しましょう。

一人で磨けるようにする

幼いころから一人で磨かせるようにし、仕上げをママが行っていたと思いますが、いつまでもその習慣をつけたままでいると、自分でしっかりと磨けなくなります。できれば、永久歯が生え揃う前に、一人でしっかりと磨けるようにさせましょう。

生え始めの歯はしっかりと虫歯予防

生え始めたばかりの永久歯は酸に弱く、虫歯になりやすいです。そのため、永久歯の生え始めのころは特に注意が必要となり、磨き残しがないように磨くようにさせましょう。虫歯予防としてフッ素の利用などもおすすめです。歯医者さんでの歯磨き指導や定期健診を利用して虫歯のない歯を目指しましょう。

まとめ

乳歯から永久歯に生え変わる時期がいかに大切かお分かりいただけたでしょうか?生え変わり時期を知ることからはじめて、特に注意が必要な永久歯の生え始めは念入りにお子さんの歯磨きをチェックしてあげてください。順調に乳歯が抜けなかったり、永久歯が生えてこなかったりした場合には、かかりつけの歯医者さんに相談するようにしましょう。

ピックアップ

いつから始める?トイレトレーニングに適した時期と方法とは
赤ちゃんがおむつを必要としなくなると、かつては大人が「おむつはずし」をしなければいけないといわれてきました。しかし、最近では「おむつはずし」ではなく、「おむつはずれ」という言葉が使われるようになりました。つまり、おむつは大人が無理に「はずす」わけではなく、自然と「はずれる」ため、それができるよう...
これってもしかして…?マタハラから身を守るための対策と事例
企業が妊婦に対して、精神的、および肉体的苦痛を与えることを、マタニティ・ハラスメント(マタハラ)と呼びます。2014年に、最高裁判所が「妊娠による降格は、男女雇用機会均等法に違反している」という判決を下してから、マタハラは、パワハラやセクハラと並ぶ問題として取り扱われるようになりました。しかし、...

https://tamagoo.jp/pregnant/pregnant-wife-can-do-it/

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る