保育園と幼稚園の違いとは?どっちがいいの?

スポンサーリンク

紙芝居を読む先生

ご両親がお仕事をされている場合、預かってくれる時間が長い保育園といった考えが定着されていますが、現在では預かってくれる時間が長い幼稚園も増えてきました。では、実際に保育園か幼稚園かを選ぶ際には、何をポイントに選べばよいのでしょうか。ここでは、保育園と幼稚園の具体的な違いを紹介します。

保育園について

保育園の朝のお別れ

保育園には、認可保育園と認可外保育園の二つがあり、認可保育園は国が定めた、基準である施設の広さや職員の数、給食設備、衛生・防災の管理が万全かなどの条件を満たし、都道府県知事に認可された施設のことを指し、一方で認可外保育園は、国が定めた基準である条件を満たせず、認可が下りなかった施設を指します。

入園条件・年齢

内閣府の「子ども・子育て支援新制度なるほどBOOK」によると、認可保育園への入園は下記の保育を必要とする場合のいずれかに該当することが必要となります。

  • 両親の就労(フルタイムのほか、パートタイム、夜間、居宅内の労働など全ての就労を含む)
  • 妊娠・出産のため
  • 保護者に病気や障害がある
  • 同居または長期入院している親族の介護や看護をしている
  • 災害復旧
  • 求職活動のため
  • 就学のため
  • 虐待やDVの恐れがあるため
  • 育児休業取得中に、すでに保育を利用している子どもがいて継続が必要であるため
  • その他市町村が認める場合
  • また、入園できる年齢は0歳児から小学校就学前までとなっております。認可保育園の場合、お住まいの自治体である保育課の窓口に申請をし、審査が通れば入園となります。認可外保育園の場合は、直接各保育園に申し込みしてください。

    保育内容

    保育園は保護者に代わって預かる児童福祉施設です。保育園での保育内容は各施設により異なりますが、低年齢の場合は歯磨きやトイレトレーニングなどの生活面での指導を行う施設や、その他にもひらがなや数字の書き方などの学習指導がされる施設もありますが、基本的に自由遊びの時間が多いのが特徴です。

    保育時間・日数

    認可保育園では原則として8時間から最大11時間まで預けることが可能で、日数の基準はなく、日曜日と祝日以外は基本的に預けることが可能です。預けられる時間は、保護者の就労時間によって異なっており、月120時間以上であれば最大11時間まで預けられることが可能な保育標準時間が認定され、月120時間未満であれば8時間まで預けられることが可能な保育短時間が認定されます。

    費用

    保育園にかかる費用は、お住まいの自治体と収入によって異なります。つまり、収入が高ければ高いほど、保育料はあがります。認可保育園の場合、国からの補助金が適用されるため保育料は安いのが特徴ですが、認可外保育園は、民間での運営となっているため、助成を受けていない保育園の場合は保育料が比較的高くなるのが特徴です。

    また、注意しておきたいのが子どもの入園時の年齢です。保育士1人あたりに対する子どもの人数が法律によって定められており、0歳児の場合は保育士1人に3人まで、3歳児の場合には保育士1人に20人までと、子どもの年齢が高くなるにつれて保育士が担当できる人数が増えます。そのため、子どもの年齢が低いほど人件費がかかり保育料がその分高くなるのです。しかし、2人目3人目を同時期に保育園に預ける場合、半額になったり無料になったりする場合もあります。

    住民税や所得税が判断基準になっている自治体もあるので、詳しくはお住まいの自治体の情報を調べるようにしましょう。

    厚生労働省の「地域児童福祉事業等調査(2012年)」によると、子ども1人あたりでひと月、約20,000円~30,000円が多い割合となっていますが、やはり各保育園により費用は異なるので参考程度にとどめておくようにしてください。

    先生

    保育園は、厚生労働省の管轄となった児童福祉施設のため、「保育士資格証明書」といった国家試験を受けて得られる免許が必要となります。先生の勤務体系では、早番・遅番・通常勤務といったシフト体制になっており、土曜保育もあるため交代で出勤する形がとられています。

    合わせて読みたい

    覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲したときの四つの対処法
    覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲したときの四つの対処法
    毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとってうれしいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の一つは赤ちゃんの行動範囲が広...

    幼稚園について

    幼稚園の制服を着る子ども

    幼稚園は教育機関の一環である教育施設であり、公立と私立に分かれています。公立幼稚園は、自治体の運営によるもので先生は公務員となります。私立幼稚園は、学校法人や社会福祉法人による運営が多く、キリスト教会や仏教寺院などもあります。その他の違いは、給食の有無や通園バスの有無などがあります。

    入園条件・年齢

    幼稚園の入園条件は特にありません。しかし、幼稚園によっては、身体測定や面接がある幼稚園もあります。また、入園願書の配布を行う時期は9月頃が一般的とされていますが、幼稚園によって異なりますので、希望する幼稚園の、入園願書の配布がいつなのかを確認しておくようにしましょう。入園できる年齢ですが、満3歳から小学校入学前までとなります。

    保育内容

    幼稚園は学校とも呼べる教育施設ですので、学習面を中心とした指導がされるのが特徴です。また、お誕生日会や芋ほり、七夕会など季節に合わせた行事を保護者参加にて行われることが多いですが、具体的な内容は幼稚園によって異なるため、希望する幼稚園に確認してみてください。

    保育時間・日数

    幼稚園の保育時間は、標準4時間とされており、保育園に比べて短いです。しかし、最近では幼稚園でも延長保育が可能な幼稚園もあるので、共働きで幼稚園に預けられる方も多くいらっしゃいます。しかしながら、年間保育日数は39週以上とされており、小学校と同じように夏休みや冬休みなどの長期のお休みがあります。

    費用

    幼稚園の場合、公立幼稚園と私立幼稚園では保育料に差があり、私立幼稚園の方が公立幼稚園より高くなる場合がほとんどです。文部科学省の「子どもの学習費調査(平成26年度)」によると、1年間の公立幼稚園の学習費総額は222,264円、私立幼稚園の学習費総額は498,008円と2.2倍の差があることが分かり、ひと月に公立幼稚園の場合は約20,000円、私立幼稚園の場合は約40,000円の費用がかかります。

     公立私立
    学習費総額222,264円498,008円
    教育費119,175円319,619円
    給食費19,382円36,836円
    学校外活動費83,707円141,553円

    先生

    幼稚園は文部科学省が管轄となった学校教育施設のため、「幼稚園教諭免許状」といった免許が必要となります。先生の勤務体系では、固定勤務が一般的となっており、保育時間は短いものの準備や業務などで実際に労働している時間は8時間から12時間程度となっています。

    合わせて読みたい

    いつから始める?トイレトレーニングに適した時期と方法とは
    いつから始める?トイレトレーニングに適した時期と方法とは
    赤ちゃんがおむつを必要としなくなると、かつては大人が「おむつはずし」をしなければいけないといわれてきました。しかし、最近では「おむつはず...
    旦那さんと息子の3人家族。 家事は手抜きがモットーなダラダラ主婦。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

    この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

    購読はいいねが便利です!
    保育園と幼稚園の違いとは?どっちがいいの?
    この記事をお届けした
    たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
    いいねしてチェックしよう!
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    良ければシェアをお願いします。

    スポンサーリンク

    アプリで
    たまGoo! がもっと便利に

    iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

    たまGoo!が便利なアプリになりました。
    ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
    たまGoo!をより近くに感じてください!

    トップへ戻る