【保育監修】トイトレいつから始める?トイレトレーニングに適した時期とおまるの練習法

保育記事監修者プロフィール:伊藤 先生のイラスト 伊藤美緒先生

保育士。学生時代に児童心理学を学び、幼少期の関わりがその後の人生を左右することに強い関心を持ち、自身の研究テーマとする。

3児の母で、長女の小受では全勝を果たす。現在6年目となる保育現場や幼児教室で本領発揮し、周囲から絶大なる信頼を得ている。

生活教育こどもと幼児園 http://kodomoto.tokyo/


おまるの練習
昔は子どもの成長に伴い、大人が「オムツはずし」をしなければいけないといわれてきました。しかし、最近では「オムツはずし」ではなく、「オムツはずれ」という言葉が使われるようになりました。つまり、オムツは大人が無理に「はずす」わけではなく、自然と「はずれる」ため、それができるように大人はサポートする必要があります。そのことからも今回は、ママが子どものトイレトレーニングを始めるうえで適した時期と方法をご説明します。

トイレトレーニングはいつから?

トイレトレーニングの疑問
そろそろ・・・と思っても、いつが最適なのか迷ってしまうトイレトレーニング(トイトレ)。いつから始めるべきか、決めるのは難しいですよね。幼稚園入園前に、下の子が生まれる前に、とそれぞれに適したスタート時期があるはずです。トイトレは、2歳前後で始める家庭が多いとされていますが、まずは子どもの発達具合を見定めることが大切です。

子どもの体の発達

一般的に生後6カ月くらいになるとぼうこうの容量も大きくなり、50~80mlほどになります。そうなると、ぼうこうにおしっこを徐々にためられるようになり、おしっこがたまっていく感覚を覚えられるようになります。
2歳近くになると、短時間ですが、おしっこを我慢できるようになります。しかし、まだ大脳の発達が不十分なため、うまくコントロールすることはできません。ある程度おしっこを我慢できるようになる時期は、2歳~3歳にかけてです。そのころにはぼうこうの容量も100~130mlくらいにまでなっているため、反射的におしっこをすることがなくなり、日中はおしっこをコントロールすることができるようになります。

トイトレ開始の目安

トイレトレーニングを開始する時期は、個人差が大きく、月齢や暦では決めにくい問題です。トイトレに適した発達の目安として、次の2点が挙げられます。

(1)トイレの回数が減ってきた

子どもが2歳~3歳ごろになると、おしっこ・ウンチの回数が減ってきます。一般的に、日中2時間程度、ぼうこうにおしっこをためておけるようになったら、開始の目安だといわれています。

(2)おしっこ・ウンチを言葉で伝えてくれるようになった

「おしっこ・ウンチ」と自分の言葉で意思表示できるかどうかは、大きなポイントです。「したくなったら教えてね」と教えることも大切。
ただし、最初から完璧を求める必要はありません。これらの条件をクリアしていなくても、子どもが嫌がらなければおまるの練習を初めて大丈夫ですよ。

家庭の状況も大きなチェックポイント

「おまるの練習を始めたら、あっという間におむつがはずれた」という話を耳にします。しかし、これはほんの一部。トイトレを初めてから完了するまでの期間は、6カ月~1年程度かかる子どもが多く、長い道のりです。おまるの練習中は掃除や洗濯など、家事が増えるため、ママにそれだけの余裕があるかどうかも、大きな問題です。
トイトレは誰でもやっていること、とはいえ、家庭への負担はケース・バイ・ケースです。両親が忙しい場合は無理にスタートせず、自然に子どもがおまるに乗りたがるのを待ってもよいでしょう。

合わせて読みたい

何歳までなら問題なし?子どものおねしょを治す方法
何歳までなら問題なし?子どものおねしょを治す方法
ほとんどの子どもは5、6歳までにおねしょをしなくなるといいます。とはいえ、いつもおねしょをしていたお友達がおねしょをしなくなったと聞いた...

おまるの練習法・トイトレの流れ

トレーニングの手順
1日の間でオムツがぬれる回数も減り、子どももトイレに興味を持ち始めてきたかも?そんなときは、いよいよトイトレの始めどき。こちらでは、おまるの練習・トイトレの流れをご説明します。いずれのステップも子どもの様子を見ながら、じっくり取り組むことが大切です。

ステップ(1)おまるに慣れさせる

トイトレはスタートが肝心。おまるやトイレを怖がらせないことが大切です。

おまるの存在に慣れる

まずはおまるを見せて、慣れさせることが第一段階です。おまるを見た瞬間に「イヤ!」と拒否する子も多数。初めておまるを子どもに見せる際は、ママが「さぁ乗って!」と子どもに何度もプレッシャーを与えないよう注意してください。

座って試してみる

実はおまるに座るまでの段階で、数週間かかる場合もあります。おまるをリビングに置いて、視覚的に慣れさるのも有効です。子どもの機嫌がいいタイミングで、誘ってみてもいいでしょう。子どもがおまるを嫌がらなければ、おしっこを促してみましょう。初めは出なくても、何度もトライしてみてください。

ステップ(2)おまるを習慣化する

おまるでおしっこ・ウンチができるようになったら、トイトレもいよいよ大詰め。「ここまでが長かった!」という人もいるでしょうが、実は「ここからが長い」場合も!?

おまるに座るタイミングを決める

食後、寝る前、外出前など、1日の行動にあわせて「おまるの時間」を設けましょう。子どもに「寝る前はおまるに座ろう」などと伝えて、促してもいいですね。朝起きたときや、食事のあとなどに子どもをおまるに連れて行って、「おしっこをする?」と聞いてみましょう。それ以外で子どもがおしっこをしたそうでも、すぐにお母さんが先回りしておまるに連れて行かずに、子どもが自分で、おしっこをしたい」という感覚と、「トイレに行きたい」という行動を結びつけられるように待ってみましょう。

オムツを履かない時間をつくる

日中の在宅時など、オムツを履かずに過ごしてみましょう。最初は失敗してしまうかもしれませんが、失敗を繰り返すことで、おまるに座る必要性を感じることができます。その際に大切なことは、失敗しても子どもを責めないことです。

日中のオムツが取れればまずはOK

日中の活動時間はパンツで過ごせるようになり、自発的におまる・トイレに行くようになったら、トイトレはひとまず完了です。しかしまだ夜中や外出時のオムツはずれに関しては、時間がかかることもあります。完璧を求めず、起きている時間の大半がパンツならOKと考えましょう。

合わせて読みたい

おむつがなくても大丈夫?おむつなし育児を成功させる方法
おむつがなくても大丈夫?おむつなし育児を成功させる方法
おむつなし育児法って何?赤ちゃんがおむつをしていなかったらおしっこやうんちで汚れ放題ですよね。おむつをしていれば排せつ処理の手間が省けま...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る