おむつがなくても大丈夫?おむつなし育児を成功させる方法

スポンサーリンク

裸でうつ伏せになる赤ちゃん
おむつなし育児法って何?赤ちゃんがおむつをしていなかったらおしっこやうんちで汚れ放題ですよね。おむつをしていれば排泄処理の手間が省けます。しかし、赤ちゃんがおむつをするのは、実は親の身勝手とも言えます。赤ちゃんだって本当はおむつを付けるよりしていない方が気持ちがいいかもしれません。「おむつなし育児」は、昔から取り入れられていた赤ちゃんにとって自然な排泄なのです。なるべく赤ちゃんが快適に過ごせるようにおむつなし育児法を実践してみてはいかがですか?

早速おむつなし育児法を始めましょう!

おむつなし育児法の目的は、赤ちゃんとママとのコミュニケーションを深めることです。おむつだと1日数回交換するだけですが、おむつなしの場合、ママは赤ちゃんの排泄のタイミングを気に掛けます。そして、おしっこをさせる時は「シーシー」、うんちが出そうなときには「うーんうーん」と声掛けをしたり、排泄後に「出たね。えらいね」などと話しかける機会が多くなるのです。

おむつなし育児法で用意するものは?

さて、始める前に準備するものがあります。まずは、おまるや赤ちゃん用の便座です。新生児なら洗面器でもいいですよ。それと、寝ている間におもらしをするかもしれないので防水シートを敷いておくと便利です。首の座らない赤ちゃんの場合は首を支えてあげるのは大変ですから、多めにタオルを用意して上にさせます。そして、24時間外さないなら紙おむつも用意してくださいね。

一定の時間を決めて排泄させましょう

1日の中で、おむつを外して排泄させる時間を決めましょう。まずは朝起きてすぐやお昼寝後です。おむつにおしっこをしていなかったらチャンスです。そして、授乳後や食後です。赤ちゃんは内臓が小さい為すぐにおしっこやうんちが出るので排泄する確率が高くなります。やがては、同じタイミングで排泄を促していることにより自然に習慣がついてくるので、おむつを外している時間は増えてきますよ。

おむつなし育児法は毎日しないと効果がないの?

このおむつなし育児法は赤ちゃんとママのペースでゆっくりと行ってください。週に1回でもいいですし、昼間の数時間でも構いません。赤ちゃんが風邪気味や機嫌の悪い時は避けた方がいいですね。ママも体調の悪い時は負担になりますから、落ち着いてリラックスできる時の方がスムーズにできます。やがては、おしゃべりのできない赤ちゃんでも排泄の前には何らかのサインを出してくるようになります。

合わせて読みたい

赤ちゃんのおむつをパンツタイプに切り替えるタイミングはいつ?
紙おむつにはテープタイプのおむつとパンツタイプのおむつがあるのは皆さんご存知ですよね。たっちやあんよをしている赤ちゃんが、パンツ...

おむつなし育児のメリットはどんなこと?

今注目を浴びているおむつなし育児法にはたくさんのメリットがあります。その中でも、赤ちゃんとママとのコミュニケーションが深まることがなんといっても最大のメリットです。赤ちゃんはすぐに成長して自立してしまいます。しっかりお世話をしてあげられるこの貴重な時間を持てることはとても幸せなことですね。

おむつで育った子より早く排泄の自立ができる

おむつなし育児法で育った赤ちゃんはたいてい2歳になるまでにはおむつが外れるので、おむつを付けている子どもよりも早く排泄が自立できます。ですから、トイレトレーニングは不要となりママも楽ちんです。また、狭いおむつの中での排泄は不十分で、残尿や便秘の原因になることも考えられます。早くから自然の排泄ができれば、気持ちよく出し切れて健康にもいいでしょう。

おむつかぶれがなくなり赤ちゃんが快適に過ごせます

今では、いろいろな種類の高性能な紙おむつが発売されています。おしっこ数回分吸収してお尻はいつでもさらっとしていると謳っていても、個人差があるのでトラブルを抱える赤ちゃんもいます。痛かゆいのはかわいそうです。おむつをしなければかぶれることもありませんので、敏感肌の赤ちゃんには特におすすめですね。また、おむつ代の節約になりますし、使用後のおむつを捨てることがないのでごみが減り環境にも優しいです。

自然のリズムで排泄ができるので赤ちゃんはごきげん

生まれたばかりの赤ちゃんにも大人と同じように自然に排泄する能力を持っているので、おむつを付けていることが快適ではないのです。自然のタイミングで排泄ができれば、自然なリズムで生活できるようになり、気分よく食事をしたり遊んだりすることもできるでしょう。また、おむつを付けているゴワゴワ感がないので、動きが制限されることがなく活発になります。

合わせて読みたい

おむつからパンツに切り替えるタイミングはいつが最適?
「赤ちゃんのおむつ外れは、なるべく早めに済ませたい」と考える保護者の方は多いもの。「おむつが原因で赤ちゃんのお尻がかぶれてしまうのが...
高校2年と小学6年の女の子の母です。パンとお菓子作りが生きがいです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
おむつがなくても大丈夫?おむつなし育児を成功させる方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る