「 育児 」のお役立ち記事一覧

パパに愚痴を言っても無駄?理解されにくい、ママが抱く育児の悩み9つ

パパに愚痴を言っても無駄?理解されにくい、ママが抱く育児の悩み9つ

育児・子育てをしていくうえで、その悩みはなるべく夫婦で共有したいものです。しかし、その悩みの中にはパパにはなかなか理解されにくいものもあります。1日中つきっきりで子どもの世話をしなければ分からないものや、ママ友同士で発生するトラブルなどはパパに愚痴ってもピンとこないことが多いのです。ここではそん...

日本よりもロンドンの方が子育てしやすい?宇多田ヒカルがロンドンを選んだ理由

日本よりもロンドンの方が子育てしやすい?宇多田ヒカルがロンドンを選んだ理由

宇多田ヒカルさんが、出産してから子育てを日本ではなく、ロンドンでしていることが話題になっています。日本と違い、ロンドンの方が子どもを育てやすいと言われますが、実際にどのような理由でそう思えるのでしょうか。周りの環境やロンドンの人たちの考え方を紹介しながらその理由について説明したいと思います。...

子どもが3歳までは母親が子育てに専念すべき?三歳児神話の真相

子どもが3歳までは母親が子育てに専念すべき?三歳児神話の真相

子供が0・1・2・3歳の間は仕事をせずに主婦でいるか、それとも4歳になる前に仕事復帰をするか悩むところです。三歳児神話が本当ならなんとなく怖いので、急いで仕事を始めることもないようにも思えます。でも神話というくらいですから、信じていいものかどうか疑いもあります。実際のところ、「三歳児神話」と...

家事・子育てに協力してくれる?イクメンパパになる人の見極め方

家事・子育てに協力してくれる?イクメンパパになる人の見極め方

女性は、妊娠するとお腹が大きくなったり、日々の体の変化から母親としての実感を少しずつ育てていくことができます。ところが男性の方はそれとは異なり、父親としての実感を持ちにくいと言われています。結婚して子どもができたのはいいけれど、果たして彼はイクメンパパになれるかどうか気になるところ。イクメン...

育児や家事でクタクタ・・・出産後にセックスレスにならないために女性が気をつけること

育児や家事でクタクタ・・・出産後にセックスレスにならないために女性が気をつけること

出産後の女性は育児や家事に追われ、なかなか心身に余裕が持てないものです。そんな中、夫との関係がついおざなりになり、セックスレスに陥ってしまう夫婦も少なくありません。いかに育児や家事が大変でも、夫婦としての関係もやはり大切にしたいもの。ここでは出産後のセックスレスを防ぐために女性が気をつけるべ...

他人事ではない・・・産後うつ自殺が増加する3つの要因

他人事ではない・・・産後うつ自殺が増加する3つの要因

出産を機に、これまでは自分のペースでいられたのが、赤ちゃんのリズムに合わせなくてはならなくなります。毎日の育児で疲労困憊、というママも多いでしょう。疲労に加え、気分が落ち込んだり、倦怠感や思考力の低下などが現れると要注意。産後うつを発症する可能性があります。重症化すると衝動的に自殺まで考える...

抱っこから布団に寝かせたときに「背中スイッチ」を発動させない方法

抱っこから布団に寝かせたときに「背中スイッチ」を発動させない方法

いよいよ、待望の赤ちゃんとの生活が始まりました。抱っこしているとスヤスヤ眠る赤ちゃん。それを見ているのは幸せの極みですね。ところが、抱っこからおろすと泣き始めて困ったことはありませんか?そんなときに役立つのが、「背中スイッチ」をオフにすることです。では、「背中スイッチ」を発動させないためにはどう...

子育てに口を挟まないで!姑が子育てに口出ししてきた時の上手なかわし方

子育てに口を挟まないで!姑が子育てに口出ししてきた時の上手なかわし方

結婚すると、ほとんどの方にもれなくお姑さんがついてきます。孫が産まれるまでは、そんなに干渉してこなかったお姑さんも、可愛い孫の誕生で何かと子育てに口を出してきて過干渉が目立つようになってきます。では、どういう対応をすればいいのでしょうか。今回は、子育てにお姑さんが口出ししてきたとき、どういっ...

パパをイクメンに育てるために「やってほしいことノート」を作ろう!

パパをイクメンに育てるために「やってほしいことノート」を作ろう!

「うちのパパもイクメンになってほしい!」。テレビや雑誌などで取り上げられる理想的なイクメン・パパを見るたび、自分のご主人と比較してため息をついているママも多いことでしょう。しかし、思っているだけでは願いが叶うことはありません。そこで一度状況を整理するために「やってほしいことノート」を作ってみ...

出産してから眠れない!産後の不眠症から解消される方法とは?

出産してから眠れない!産後の不眠症から解消される方法とは?

産後と同時にお産で疲れた体を休める暇もなく育児が始まります。新米ママにとってはふにゃふにゃな新生児はどう扱っていいか不安も大きいですし、不眠不休の体で赤ちゃんのお世話が始まってしまうのです。産後のママは、環境の変化やホルモンのバランスが崩れてしまい、育児への不安が不眠の原因となるようです。こ...

産後うつ病かな?と感じたら「エジンバラ産後うつ病質問票」を試してみて!

産後うつ病かな?と感じたら「エジンバラ産後うつ病質問票」を試してみて!

出産後、退院してからの生活は想像以上に大変なものです。入院中はおだやかな気持ちでいられたママも、家事に育児にと忙しい生活を送っているうちに、疲れがたまり、意味もなく泣けてきたりすることも。「何だか変だな?気持ちが落ち着かないな」と思ったら、「エジンバラ産後うつ病質問票」を試してみましょう。落ち込...

実母・姑と子育てで喧嘩?今と昔で子育ての一般論が違う!昔の子育てを勉強しよう

実母・姑と子育てで喧嘩?今と昔で子育ての一般論が違う!昔の子育てを勉強しよう

子どもを出産すると自分自身も母親になるわけですが、実母や姑にとっては可愛い孫の誕生となるわけです。そこで問題になってくるのが、実母や姑との喧嘩や言い争いです。自分の子どもだから自分なりに育てたい!そうは思っていても黙ってくれないのが実母だったり、姑だったり...。では、争いをなくすためにどう...

誰もが産後うつになる恐れアリ?国が費用助成する産後うつ検診を受けるメリット

誰もが産後うつになる恐れアリ?国が費用助成する産後うつ検診を受けるメリット

出産したママが、育児の不安やストレスなどによって、心と体が不安定な状態になってしまう「産後うつ」の予防のため、2017年度から厚生労働省が検診費用を助成することになっています。早めに不調のサインを見つけ、適切なケアが受けられるようにサポートすることが狙いです。今回は約10~15%のママが経験...

レンタカーとどう違う?カーシェアリングを利用して家族でお出かけしよう!

レンタカーとどう違う?カーシェアリングを利用して家族でお出かけしよう!

マイカーを持っていない方必見です!車で家族とどこかへ行きたいとき、育児をしていく中で急に車が必要になったとき、レンタカーを借りるかカーシェアリングで借りるか悩みますよね。そもそもカーシェアリングとは何なのでしょう。カーシェアリングとは、会員登録した方が会員限定で車を共有することです。では、レ...

育児との両立は本当にしんどい!在宅の仕事を上手にこなす工夫

育児との両立は本当にしんどい!在宅の仕事を上手にこなす工夫

育児があるけど仕事がしたい…そんなときに思いつくのが在宅の仕事ですよね。在宅の仕事だから簡単?いいえ、簡単ではありません。それなりの報酬を得るのですから、在宅の仕事が簡単と思うのは大きな間違いです。では、育児と両立させるのには、どういった在宅の仕事がよいのか。また、上手に時間を有効活用するに...

尾木ママ以外にも!子育てで迷ったら子育て評論家の本を読んでみよう!

尾木ママ以外にも!子育てで迷ったら子育て評論家の本を読んでみよう!

子育てを頑張るママは、どんなときに子育てについて悩むのでしょうか。初めての子育て、兄弟ができたとき、子どもの反抗期など、きっかけはさまざまです。昔は、子育てについての悩みを発信することができないママが大勢いました。現在は様々な子育て論が議論されその数だけ子育て評論家も存在します。ぜひ子育てに...

辛い産後を乗り切ろう!産後の家事サービスはココにお任せ!

辛い産後を乗り切ろう!産後の家事サービスはココにお任せ!

産後、実家が遠くて帰れない、両親がいないなど様々な理由で育児と家事をこなさなくてはいけない状況のママも多いのではないでしょうか。そんな時に、利用したいのが家事サービスです。近年は、家事サービスを行っている企業が増えてきているので、一人で育児と家事を抱え込まなくても大丈夫。ママは、育児にだけ専念す...

産後1ヶ月後になんでも相談できる「新生児訪問」は絶対おすすめ!

産後1ヶ月後になんでも相談できる「新生児訪問」は絶対おすすめ!

無事に出産を済ませ病院を退院したら、いよいよ赤ちゃんとの生活が始まります。プレママにとっては嬉しくもある反面、不安に感じることも多くあるでしょう。そんなママと赤ちゃんのサポートの一環として行われているのが「新生児訪問制度」です。各自治体から無料で受けられるサービスなので、是非活用しましょう。...

待機児童数に含まれない「隠れ待機児童」がいる原因はナニ?

待機児童数に含まれない「隠れ待機児童」がいる原因はナニ?

隠れ待機児童とは、希望している施設の空きなどを待っているにも関わらず、待機児童としては数えられていない子どものことを指します。なぜ施設の空きを待っているのに待機児童の数には数えられないのでしょうか?今回は待機児童として数えられない子どもの条件をご紹介していきます。待機児童として数えられない場...

やはりお高め?高齢出産でかかる費用を知りたい!

やはりお高め?高齢出産でかかる費用を知りたい!

厚生労働省の出産統計によれば、昨今は出産総数のうち5人に1人強が、35歳以上での「高齢出産」という割合になっています。わざわざ「高齢出産」と呼ばれるだけのことはあり、若い世代の出産とひとくくりにするべきではない面がいろいろとあります。ここでは特に金銭面に関して、若い世代の出産費用との比較をし...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る