赤ちゃん用おむつの上手な選び方ガイド!

良ければシェアをお願いします。

たくさんのおむつ

臨月に入ってから赤ちゃんに必要となるものを準備される方が多くいらっしゃると思いますが、その中の1つであるおむつ選びでも、たくさん種類のある中でどれを選べばよいのか迷ってしましますよね。そういった悩みからここではおむつの特徴や、おむつの上手な選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

おむつの種類

おむつ種類

おむつのタイプ

テープタイプ

新生児から使用するおむつで、開封するとお腹側と背中側に分かれ、赤ちゃんにあてがったあと、おしり全体をくるみ、テープで固定するといったタイプのものです。主に、おすわり、はいはい、歩き始めの頃の赤ちゃんに使用が可能です。

パンツタイプ

下着のパンツと同じ形状となったもので、はかせるタイプのおむつです。おむつ替えの時に、足をバタバタさせたり、はいはいやつかまり立ちができるようになったり、大変になった時に便利です。

サイズ

おむつのサイズには、新生児から成長に合わせて赤ちゃんの体重によってサイズが異なるようになっています。おむつ商品には、月齢ではなく体重の表記しか記載されていないのでおむつ選びの時に悩まれると思いますが、月齢ごとのサイズ目安が下記になります。

サイズ月齢
新生児用生後1ヶ月
Sサイズ生後1~3ヶ月
Sサイズ生後3~15ヶ月
Lサイズ生後12~36ヶ月
ビッグサイズ生後36ヶ月~
ビッグより大きいサイズ生後36ヶ月~

目的別

  • 日常用
  • 赤ちゃんの日常的に使用する基本のおむつです。

  • トイレトレーニング
  • 普通の紙おむつとの違いは、特殊な吸収体を使用していることです。赤ちゃんがおしっこをしたことで、お尻が濡れたことを感じやすくなっており、おしっこをしたという実感を持たせることを目的に作られたおむつです。

  • おねしょ用
  • おむつを卒業させたけれど、夜のおねしょが心配な時に付けるおねしょ専用のおむつです。下着のような形状なので、おむつに抵抗を持つ子供の気持ちを傷つけずに使用することができます。

  • 水遊び用
  • おむつに吸収体となる素材が入っていないため、水にぬれても膨らまないようになっています。おむつがはずれる前の水遊びに便利です。

合わせて読みたい

母乳とミルクの混合育児のコツを伝授!
待望の赤ちゃんが産まれて、ママにとってもはじめての経験となる授乳。できれば母乳で育てたいと考えているママも、ミルクでもあげた方が良いのかと不安になったり、授乳に関しての悩みや疑問が出てきたりと、不安になることが多くなりますよね。 ここでは、そうした授乳に関する悩みと共に、母乳とミルクの混合育児...

おむつの選び方

おむつ選び方

運動能力にあったものかどうか

基本的に、産まれてからはテープタイプのものを使用し、赤ちゃんが足をバタバタさせたり、おむつ替えが大変になったりすると、テープタイプのものからパンツタイプのものに変更するようにします。赤ちゃんのねんね期(生後0~4ヶ月)、はいはい期(生後5~6ヶ月)、歩き回る時期(生後12ヶ月~)に合わせたタイプのものをその都度あてがうことが必要となります。特にねんね期は、背中もれに強いおむつを選ぶと良いでしょう。

体型・発達に合ったものかどうか

赤ちゃんが成長するとともに変化するおしっこやうんちの量は増えますが、その状態をよく観察し、赤ちゃんに合ったおむつを選ぶ必要があります。その変化に合わせるように、おむつのサイズが大きくなるほど、吸収能力が高くなっています。

通気性があるかどうか

赤ちゃんがおむつをした状態でおしっこをすることにより、おむつの中は湿度がとても高い状態になります。また、赤ちゃんのお尻はとてもデリケートで敏感ですので、通気性がないものだと、すぐ蒸れたりかぶれたりしてしまう可能性があるのです。そういった状態を避けるためにも通気性が良いおむつを選ぶと良いでしょう。

吸収性が高いもの

おしっこ1回ごとに替えることは中々難しいため、長時間おしっこを吸収してくれる吸収性の高いタイプのものを使用することで、赤ちゃんも快適に過ごすことができます。

密着性が高いもの

肌との密着性が高いおむつとは、おむつと肌を隙間なく密着させるもののことで、おむつを着けたときに跡が残らない丁度良い着け具合を兼ね備えたものです。密着性が低いものだと漏れてしまいますし、逆におむつ跡が付くぐらいだと肌トラブルも起きやすくなるため、赤ちゃんにとって丁度いい付け具合のものを選ぶ必要があります。

取り替えやすさ

おむつ替えは、毎日欠かさず行うものです。おむつ替えの際にいちいちてこずってしまうような利便性の悪いものだと、ママも赤ちゃんもストレスが溜まってしまいます。テープタイプのものなら、太いテープのものや、おしっこサインでおむつ交換を教えてくれるタイプものなど利便性が高いものを選ぶと良いでしょう。

合わせて読みたい

いつから始める?トイレトレーニングに適した時期と方法とは
赤ちゃんがおむつを必要としなくなると、かつては大人が「おむつはずし」をしなければいけないといわれてきました。しかし、最近では「おむつはずし」ではなく、「おむつはずれ」という言葉が使われるようになりました。つまり、おむつは大人が無理に「はずす」わけではなく、自然と「はずれる」ため、それができるよう...

おむつ購入時のポイント

選ぶ際のポイント

まずは少量のものを買う

毎日使うことが予想され、大量に入ったパックのものが売られていますが、赤ちゃんに合わなかった場合、全て無駄になってしまいますので、最初は少量のものを選び試すようにしましょう。

新生児用の場合はまとめて買わない

新生児用のおむつを購入する場合ですが、新生児は成長も早くサイズがすぐに合わなくなります。まとめて購入し、3日後にはサイズがもう合っていないということもありえるほど。まとめて買ってもったいないからと無理して使うことは赤ちゃんにとって良くありませんので、新生児用おむつの場合は、まとめて購入することは避けましょう。

初回は品質重視で買う

新生児の赤ちゃんは抵抗力が低く、毎日のおむつ替えによって肌に受ける影響はとても多いです。それにより、新生児の期間だけでも品質が高いものをあてがってあげることで、トラブルも少なく済みます。

人気のおむつ特徴まとめ

おむつ替え

パンパース

ほとんどの病院で採用されているおむつで、パンパース独自の穴あきメッシュにより、新生児特有のゆるいうんちを吸収し、うんちがお尻につきにくく、肌触りはシルクのようなやらかさが特徴です。通気性・密着性ともに高く、おしっこやうんちが漏れにくいのもポイントとなっています。

メリーズ

メリーズは、通気性にこだわり、つけたてのサラサラ感が続くよう設計されたおむつとなっており、就寝中に取り替えられないときや、お出かけのときでも安心できます。また、吸収性も高く、足まわりのギャザーにより漏れを防ぎます。おむつの表面から外側、ギャザーに至るすべての部分が肌にやさしいため、かぶれの心配もありません。利便性の高さがうかがえるのが、おしっこお知らせサイン。赤ちゃんがおしっこをすると、色が変わる仕組みとなっており、すぐに取り替えることが可能です。

ムーニー

ムーニーは、赤ちゃんの骨格に合わせてフィットするように設計された世界初の技術を取り入れたおむつです。ウエストや足のしめつけを抑え、やさしく包み込むようになっており、しっかりと吸収するため、漏れも安心できます。また、通気性も高いため蒸れも防ぎます。デザインにもこだわっており、おむつの交換時期が分かるお知らせサインもある便利なおむつとなっています。

グーン

グーンの「アロマジック」では、消臭機能が付いており、使用後の気になる臭いを軽減させ、マジカルソープの香りに変えます。「はじめての肌着」、「やわらかフィットパンツ」では、長時間使用してもサラサラとした肌触りを保つのが特徴です。

ゲンキ

ティッシュでも有名なネピアから展開されており、動きやすさを追求したおむつです。定番のタイプのものやサイズだけではなく、スーパービッグサイズといった他ブランドにはないサイズ幅がそろっているのも特徴で、トイレトレーニング用のおむつも取りそろえ、おむつはずしの時期まで活躍するブランドです。気になる機能性では、おむつかぶれ対策やおむつにビタミンEを配合するなど、敏感な肌の赤ちゃんにも対応したおむつとなっています。

まとめ

赤ちゃんの成長は、当たり前ですが個人差があります。おむつを選ぶ際には、赤ちゃんの体重・体型・運動能力などの成長に合わせて、また品質の高いもの、おむつ替えのしやすさなどから選ぶようにし、赤ちゃんにとってもママにとってもストレスのないようにしましょう。

ピックアップ

出産前の入院準備!バッグに入れて準備しておきたい、便利な持ち物リスト
妊娠後期に入った妊婦さんであれば、まもなく会える赤ちゃんの顔を想像して、毎日が期待と不安で胸いっぱいではないでしょうか。本番の出産予定日に向け、少しずつ入院の準備をしておくことで、そわそわした気持ちを落ち着かせることができます。入院してから「用意しておけばよかった!」と後悔しないためにも、持ち物...
母乳とミルクの違いとは?
赤ちゃんが産まれてはじめて口にする母乳について、妊娠中の方なら一度でも考えたことがあると思います。 「ちゃんと母乳は出てくれるだろうか?」ということから、「母乳とミルクだったらやはり母乳の方が良いのだろうか?」といった疑問や、「母乳育児とミルク育児ではどのような差が出るのだろう?」など、考え出...
はじめての出産で失敗しない産婦人科・産院3つの選び方
はじめての出産を安心して迎えるためには、信頼できる産婦人科・産院を選ぶことがとても大切です。産婦人科選びは、妊娠中・出産はもちろん、その後の子育てや、次の妊娠・出産にまで影響を及ぼすことになります。 では、どのようにすれば自分に合った病院を選ぶことができるでしょうか。ここでは、失敗しない産婦人...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃん用おむつの上手な選び方ガイド!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る