良ければシェアをお願いします。

月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント

子どもとお出かけ

赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不安を解消し、月齢ごとの赤ちゃんのお出かけの際のポイントについてご紹介します。

スポンサーリンク

月齢別 お出かけの範囲とポイント

検診

生後0ヶ月

生後0ヶ月は気温の変化に対応することが難しいため、できるだけお家の中で過ごし、やむをえない場合を除いて、外出は極力控えるようにしましょう。

生後1ヶ月~2ヶ月

生後1ヶ月を迎えるころ、赤ちゃんにとってはじめての外出となるであろう1ヶ月健診が待っています。1ヶ月健診が終わったあとは近所を散歩するぐらいに留めておきましょう。大切なことは外気に触れさせ、慣れさせることです。そして、赤ちゃんにとってはじめての行事、お宮参りがあります。生後1ヶ月を迎えてもなお、母子ともに体の調子は万全の状態とはいえないので、冬の季節ならば寒さ対策、夏の季節ならば暑さ・紫外線対策をしっかりと行うようにしましょう。

生後3ヶ月~4ヶ月

生後3ヶ月を迎える頃、赤ちゃんにも徐々に抵抗力・免疫力が付き始め、首もすわってくる頃なので、スーパーや公園に行くなど、生後1~2か月の頃に比べて外出に慣れさせることが可能な時期となります。また、生後3~4ヶ月の頃は、生活リズムの区別がつき始める時期でもありますので、昼間は積極的に散歩に出かけ、暗くなる夜との差を感じさせてあげましょう。

電車やバスを利用することも可能ですが、なるべく長距離は避け、無理のない距離からはじめてください。また、電車を利用する場合はスムーズな移動ができるよう、あらかじめ乗換えやエレベーターの位置などを確認しておくと良いです。

生後5ヶ月~6ヶ月

ベビーカーなどで移動していた生後3~4ヶ月の頃に比べ、少しずつ意思がはっきりとしてくるので、ベビーカーを嫌がるようになる可能性も出てきます。そういった場合は、ベビーカー用のおもちゃや抱っこ紐を使用するなどして、お出かけに対して抵抗のないようにしてあげましょう。また、長距離でのお出かけも可能となりますので、新幹線や飛行機を使っての旅行にも行きやすくなります。しかし、いきなり長距離の移動を必要とする旅行はせず、片道2時間ほどで行くことができる旅行からはじめてみてください。

生後7ヶ月~8ヶ月以降

生後7~8ヶ月頃を迎える頃には、体力もしっかりとつき、自力で立ち上がったり、おもちゃなどで遊んだりすることができます。また、赤ちゃん自身が外出に対して興味が出るようになります。1日1回はお散歩に出るようにし、その際は同じ時間帯に出かけるようにしましょう。動物園や水族館、遊園地など様々な刺激を与えられる外出もこの時期は最適です。

また、自分以外の対象に興味をもつ時期でもありますので、児童館などに行ってみるのもおすすめです。ママも他のママとの繋がりができ、悩みや相談事などを共有できるため、積極的に足を運ぶと良いでしょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...

場所別 お出かけのポイント

海水浴

海・プール

海では、熱中症や紫外線対策などをしっかりと行うようにしましょう。また、赤ちゃんの体は冷えやすいため、海やプールに浸かる場合は、長くても5分程度を目安にし、体温調節に気を付けてください。プールを利用する場合は、プール用おむつでの利用が可能なプールを探しましょう。それ以外は他の人に迷惑がかかってしまうおそれがあるので、おむつが取れて自分でトイレができるようになるまでは基本的に避けてください。

温泉旅行

成分が強い刺激のある温泉は避けて、家族風呂や貸し切り風呂がある施設を利用しましょう。大浴場などは滑りやすくなっているため、赤ちゃんも赤ちゃんを守るママも危険です。また、泊まりの際は、部屋で食事がとれて、お部屋に温泉が付いた和室を選ぶことでママも安心して温泉を利用しやすくなります。

海外旅行

まず、飛行時間が長すぎる場所への旅行はおすすめしません。長時間の移動で赤ちゃんも疲れてしまいますので、長くても片道3~4時間で行くことのできる場所を選びましょう。また、赤ちゃんでもパスポートが必要ですので、申請は必ず行うようにしてください。

テーマパーク

赤ちゃんが快適で楽しく過ごせるテーマパークを選びましょう。年齢制限で利用できないアトラクションも多いので、事前にどのような施設かどうかを調べておくことで、赤ちゃんも楽しむことができます。

外食

外食のお店選びは、ベビーカーでも入れて、座敷や個室が利用できるお店を選ぶと安心です。その際には、禁煙席がどうか、赤ちゃん用の椅子や食器があるか、おむつ交換が可能かなどを調べておくとなお良いでしょう。

合わせて読みたい

【レシピ付き】産後ママが喜ぶ3つの食材と食事メニュー
産後のママの悩みと言えば何があるでしょう。例えば「赤ちゃんのために、良い母乳をあげたい」、「妊娠中にたるんだ体を引き締めたい」などと思うこともあるはずです。こうした悩みを解決する方法として食事に気をつけることがあげられます。そこで、産後のママが摂った方が良い食材や、その食材を使ったメニューについ...
旦那さんと息子の3人家族。 家事は手抜きがモットーなダラダラ主婦。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る