赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!

良ければシェアをお願いします。

褒める

赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋がる「しつけの土台」を築くことです。以下に詳しくご説明しましょう。

スポンサーリンク

しつけとは?

しつけ

一般的に「子供をしつける」と言うと、悪いことをしたときに叱ったり、マナーやきまりを教えたりするイメージがあると思います。確かにそうしたことも「」ですが、0歳の赤ちゃんに行うしつけにはまだ早すぎます。

ここで、「しつけ」の根本に立ち返って考えてみましょう。子供にしつけが必要な理由は、家庭や近所、のちには学校、将来は会社というコミュニティの中できちんと自分の気持ちや考えを伝えながらも、相手の気持ちを汲み取り、自分も相手も幸せに暮らせるようにするためです。時々、「しつけがなされていない」お子さんに出会うことがありますが、他の人の気持ちを汲み取れず、わがままに振る舞ったり、他の子のおもちゃを奪ったり、逆に自分の気持ちを表現できずに、自分の殻に閉じこもったりしています。こうした社会性は自動的に身に付けられるわけではなく、主に家庭で身に付けていくものです。それを教えることが「しつけ」です。

合わせて読みたい

トイレトレーニング
用語トイレトレーニング 読み方といれとれーにんぐ トイレトレーニングは、3歳ぐらいの子供が行うトイレにいかせるためのトレーニングになります。小さい子供は当然おむつをしています。このおむつから普通にトイレに行けるようになるためのトレーニングです。最初のころは子供がトイレに行...

しつけは0歳から始めるべきなのはなぜか?

オムツ替え

もちろん、上に挙げたような社会性を0歳の赤ちゃんが認識できるわけではありませんが、大切なのはその時点から、後に行うことになるしつけの基盤を作っておくことです。つまり、赤ちゃんが愛されているという自己肯定感を持てるようにし、信頼できる人がそばにいるということを感じられるようにしてあげることが大切です。こうした基盤が据えられないまま、1歳になってから行うしつけ、つまりマナー、やるべきこと、やるべきでないことを教える段階に入っても、ついつい頭ごなしに行うしつけになり、親も子供も余裕がなくなってしまいます。

上記の理由から0歳児の赤ちゃんに行うしつけとは、赤ちゃんとのコミュニケーションを頻繁に取るということに尽きるでしょう。忙しいお母さんたちはついつい何も話しかけず、黙々と仕事をこなすように赤ちゃんのお世話をしてしまいますが、離乳食をあげるときも、おむつを替えるときも、「今日はお天気が良いから、ご機嫌が良いね」とか「いっぱい泣いたね。じゃあ、ねんねしようか」というように、赤ちゃんの気持ちに寄り添うような言葉がけをしましょう。また、言葉がけ以外にも、赤ちゃんが泣いたら抱っこしてあげたり、添い寝をしながらスキンシップしてあげたりすることも赤ちゃんに安心感を与える大切な方法です。

合わせて読みたい

いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの3つの原因と対策法
赤ちゃんはお母さんにとっても、家族にとっても愛らしい存在です。よく「目に入れてもいたくない。」などといいますが、赤ちゃんの寝顔はまるで天使のようです。しかし、この天使のような赤ちゃんも、お母さんを悩ませる時があります。それが夜泣きです。あやしても、抱っこしてもなかなか泣き止んでくれず、夜中に一人...

食事のしつけはどうする?

食事のしつけ

初めての子供をしつける際に特に悩む点が、赤ちゃんの食事のしつけです。9ヶ月頃から赤ちゃんは離乳食を手でグチャグチャつぶしたり、わざとスプーンで食器を叩いたり、落としたりして遊びます。こうした「食べ遊び」は子供がいろいろなものに好奇心を持っている証拠で、五感を働かせて新しい世界について知ろうとしているプロセスです。ですから、そうした食べ遊びを「行儀が悪い」「汚い」と片付けてしまうと、赤ちゃんにとって食事は苦痛の時間になってしまいます。しかし、好奇心を育てると同時に、子供も食べ物を粗末にしてはいけないこと、食事の際に他の人に配慮することを少しずつ学んでいく必要があります。そうしたしつけは離乳食を座って食べる時から始めるべきです。

しつけのポイント!

しつけを行うときに大事なポイントは、「何かをしたら叱られる」とマイナス思考を植え付けるよりも、「これをしたら褒められる」というプラス思考を培うように助けることです。例えば、「上手にお口に入れられるかな?」と優しく声をかけながら、赤ちゃんが実際にそうできたときに「よくできたね!」と満面の笑みで褒めてあげましょう。それを繰り返すことによって、赤ちゃんは自分がその行為をしたときに、みんなが喜んでくれるという積極的な思考を身につけることができます。

厳しく言うべき時

しかる

赤ちゃんの命や身体に危険があるもの、例えば飲み込むと危険なものを口に入れようとした時などは、言葉だけで「ダメ」「危ない」と言っても伝わりません。お母さんは怖い顔をして、真剣に低い声で短くはっきりと注意しましょう。その際、赤ちゃんの体を抑えたり、手を握ったりするなどして、行動を静止することも必要です。もっとも、こうした機会はできるだけ少なくするべきですから、赤ちゃんの好奇心を引きそうなものなどはできるだけ手の届かないところに置いておくと良いでしょう。

おわりに

しつけはお母さんだけでできることではありません。昼間お母さんが頑張ってしつけていても、仕事を終えたお父さんが帰ってきて、まったく違う基準で赤ちゃんに接してしまい、混乱させてしまうこともよくあります。夫婦で赤ちゃんのしつけ方について意思統一を図っておくことも大切です。

ピックアップ

【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲した時の4つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとって嬉しいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の1つは赤ちゃんの行動範囲が広がることです。 生まれたばかりの頃は寝てばかりいた赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちができるようになったりすると、目につくもの、手にするものをすべて口に入...
子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...
28歳。AB型。主婦。
主婦歴2年目に突入。最近実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。
購読はいいねが便利です!
赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

0歳児・新生児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと
赤ちゃんの歯磨きは、大人の歯と違うので、磨き方も異なります。歯磨きはいつからはじめたらいいのか、また、どのように磨いたらいいのかなどの、磨き方のコツやタイミング、注意しなければいけないことをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに赤ちゃんの歯磨きができます。今回は赤ちゃんの歯磨きのやり方や注意す...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る