妊娠線予防に高い効果を発揮する専用オイルの正しい選び方

良ければシェアをお願いします。

妊娠線予防

赤ちゃんがスクスクと成長するのと同時に大きくなっていくおなか。大きくなればなるほど、おなかの中の赤ちゃんが愛おしく感じるものです。しかし、急激に大きくなるおなかに皮膚が引っ張られて裂けたような線が出てきてしまうことがあります。これが「」です。

これまで大丈夫だったからと油断していると、急にパックリと現れてしまう妊娠線の予防ケアには、保湿力が高く皮膚を柔らかくしてくれるオイルが効果的です。妊娠中はいつもと肌質が変化していたり、オイルのなかには妊娠中に使用するのは危険なものもあったりと、慎重に選ばなければなりません。今回は、妊娠線予防ケアにピッタリな専用オイルの正しい選び方をご紹介します。

合わせて読みたい

妊娠線予防に効果があるのは妊娠線クリーム?オイルマッサージ?
赤ちゃんを授かることは、この上ない喜びに違いありません。しかし、その喜びも束の間、妊娠4~5ヶ月目からはじまる急激なお腹の膨らみや胸のハリによって妊娠線ができてしまうなんてことも。 「妊娠線ができないように予防したいけど、普段使いのボディクリームじゃダメ?」 妊娠線は一度できてしまうと消すの...
スポンサーリンク

この記事のもくじ - 項目をクリックで該当箇所へ

妊娠線ができる原因

妊娠線

妊娠線は大きく分けて、下記の2つの原因によってできます。

急激に大きくなるおなか

妊娠後期になるとぐんぐんおなかが大きくなっていきます。その大きくなるスピードに耐えきれなくなると皮膚に裂けた傷跡のような線が出てきてしまいます。産後におなかが元に戻ってもこの妊娠線は消えずに残ってしまうため、おなかが大きくなり始めたらしっかりケアをしておかなければなりません。

乾燥肌

妊娠線は急激に大きくなるおなかに引っ張られた皮膚が無理やり伸ばされることでできます。乾燥している肌は伸びにくいため妊娠線ができやすく、しっとりとしている皮膚はしなやかに伸びていくため線はできにくくなります。

この2つの原因のうち、自分でできるケアは乾燥を防ぐことです。大きくなるおなかは止められないため、保湿ケアをしっかりとして皮膚を伸びやすくしておくことが大切です。

合わせて読みたい

妊娠線は消すことができる!?予防法と対策術を大公開!
妊娠すると気になることの1つに「妊娠線」があります。何も妊娠線予防をしないまま出産を迎えてしまい、産後落ち着いた頃に妊娠線の多さに愕然とするケースが多いようです。それでは実際に、どのような方法で妊娠線を予防できるのでしょうか? 今回は、妊娠線の予防法と対策術を一挙大公開!ここでご紹介する方法を...

妊娠線予防にオイルがいい理由

妊娠線専用オイル

妊娠線予防は保湿がカギとなります。その保湿力が高く効果が期待できるものがオイルです。クリームやローションなどと比べてオイルは油分が多いため、保湿力と皮膚を伸びやかにする効果があり妊娠線予防に最適です。

ただ、オイルはべたつくため、使用感が苦手という人もいます。また、乾燥している皮膚にそのまま使ってもあまり効果がないため、先に保湿ケアとして水分を補ってからオイルを塗っていくようにする必要があります。こうしたデメリットは、お風呂上がりにケアをしたり、ケア終わりに軽くティッシュオフをしたりとコツをつかんで予防していくようにすれば気にならなくなります。オイルを上手に使ってしっかり妊娠線予防ケアをしていきましょう。

選び方

1. 妊娠中でも安心のオイルだけを使う

妊娠線予防にも安心して使える代表的なオイルは「ホホバオイル」「マカダミアナッツオイル」「ココナッツオイル」などのキャリアオイルと呼ばれるものです。キャリアオイルは、植物由来の油で、これを基材として精油と合わせてマッサージオイルなどに使われます。単独で使用できるもののなかでもご紹介した3つのオイルは妊娠中でも使用可能なものです。キャリアオイル選びで迷ったらこの3つのなかから選択するようにしましょう。

また、香り付けやその他の効果を期待して、精油をブレンドするときには子宮の収縮作用やエストロゲンに近い作用をするオイルを避けなければなりません。どれが問題ないものなのか判断できないときには、オイルを販売しているお店で直接相談しながら選ぶようにして安全なものを選ぶようにしてください。

2. たっぷり使える価格帯

妊娠線予防の専用オイルは比較的安価なものから高級なものまでさまざまです。妊娠期間だけだからと贅沢なオイルを購入するのもいいですが、「もったいない」と思いきり使えないようなら考え直してみましょう。たっぷり使っても問題のない価格帯のオイルがおすすめです。

妊娠線予防は、毎日オイルを塗ってケアしていきます。おなかもどんどん大きくなっていくため、そのおなかに毎日塗っていくことを考えると、期間は短くともそれなりの量を使うことになります。たっぷり使うことを念頭において購入を決めるようにしましょう。

3. 赤ちゃんにも使える低刺激タイプ

妊娠していると肌は普段よりも敏感になっています。いつもは大丈夫でも、妊娠中は敏感肌用の低刺激タイプを選ぶようにしましょう。

妊娠線予防に効果のあるオイルは、産後も赤ちゃんをマッサージするときに使えるものがたくさんあります。大容量タイプを購入して、産後のマッサージにも利用するなら、赤ちゃんの肌にも使用可能なものを選ぶ必要があります。赤ちゃんが使えるということは、敏感肌にももちろん使えますよね。

おわりに

大きくなるおなかに妊娠線ができてしまうと女性としては少し悲しい感情になります。妊娠線は、産後も消えませんからできるだけしっかり予防しておきたいところです。正しいケアは、正しいアイテムを選ぶことから始まります。保湿力が高く、なおかつ皮膚によく伸びるオイルでしっかり妊娠線予防ケアをしていきましょう。

ピックアップ

大きいお腹が原因!妊娠中の体型変化でおこる4つの困ったこと
妊娠中には、経験してみなければわからないことがたくさんあります。しかし、情報を得ておけば、事前に良い心構え、準備ができます。妊娠で大変なのは、つわりだけではありません。お腹が大きくなるにつれ、困ることも増えていきます。 今回は、妊娠中の体型の変化とともに起こる4つの困ったことと、対処法をまとめ...
【調査】その症状はみんな一緒?妊娠中に1番辛いと感じた体のトラブルについて
■ たまGoo!編集部が聞く!出産経験者100人の声 今回のテーマは「妊娠中に1番辛いと感じた体の症状」について。妊娠の初期に起こるとされる「つわり」は、妊婦さんでなくとも、意外と知られている言葉ですが、妊婦さんの誰しもが起こるものとは限りません。つわり以外にも、様々な症状に悩まされた妊婦...
妊婦でも温泉に入れる?安全な温泉旅行を楽しむために
「妊婦さんは温泉に入ることができない。」こんな話を聞いたことがありますか?以前は、実際にさまざまな温泉場で妊婦さんの入浴を控えるような注意書きがありました。しかし、近頃はそこまで気にする人も少なくなったような印象を受けます。 果たして、妊婦さんの温泉入浴は問題ないのでしょうか。 温泉法の...
29歳。B型。独身。
妊活のみならず、女性に関するコラムを多数執筆。料理の腕前を磨くため、資格取得に向けて勉強中。「難しい事柄を、誰にでも分かりやすく」をモットーに、食品、食生活に関する執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠線予防に高い効果を発揮する専用オイルの正しい選び方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠後期(8カ月~10カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る