2歳児のイヤイヤ期を乗り越える7つの効果的な方法

良ければシェアをお願いします。

寝込んで泣く子ども

2歳を迎えるにあたって、可愛い可愛いと赤ちゃんの成長を見守ってきたママやパパにとって大きな壁となるのが「イヤイヤ期」です。はじめての妊娠・出産を迎えたママやパパにとっては、はじめて経験することだと思いますが、そんなイヤイヤの原因となる子供の気持ちを知ることがまず大切です。今回は、イヤイヤ期を乗り越えるための7つの方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

2歳児の主な特徴

2歳の時期は、第一次反抗期とも呼ばれていて、自我が徐々に芽生え始め、自分で何でもやりたがる自主性が出てきます。つまり、イヤイヤという自己主張もするようになるのですが、言葉を上手に伝えることも、気持ちのコントロールも上手にできないため、癇癪を起してしまいがちになります。

イヤイヤ期はいつごろはじまる?

離乳食

生後6ヶ月後ぐらいから

一般的には1歳半を過ぎた頃からと言われていますが、をはじめるころ、離乳食を気に入らないことから拒否したり、口で押し出したりと、生後わずかながらも自我の発達がうかがえます。

ピークは2歳

2歳児は、「魔の2歳児」と言われるほど、イヤイヤが目立つ時期です。2歳になる前からイヤイヤが見られるようになると思いますが、イヤイヤが強く目立つとされる時期はやはり2歳です。

4歳頃には終わる

一般的には、3歳頃にイヤイヤが落ち着き、4歳頃にはイヤイヤ期も終わると言われています。言葉の理解が進んで、コミュニケーションの取り方を覚えるため、次第にイヤイヤが減っていきますが、イヤイヤ期にも個人差があるため、4歳を過ぎてもイヤイヤが終わらないといった場合があります。

合わせて読みたい

産後うつとは?症状・原因・治療法まで徹底解説
産後うつとは、その名の通り産後に起こるうつ症状のことです。出産後は妊娠中に変化していたホルモンバランスが正常に戻りつつある状態で、気持ちも不安定になりがちです。その時に誘発されるうつ病の一種で、出産女性の10~15%が経験すると言われています。 出産後は赤ちゃん中心の生活になるためママの身体や...

イヤイヤになる原因

赤ちゃんのメッセージ

イヤイヤ期の子供の気持ちや心理を知ることで、ママのイライラもある程度抑えられるため、しっかりと理解してあげることが大事です。主にイヤイヤを引き起こす理由となるものをご紹介します。

気持ちを上手く伝えられない

言葉の理解が未発達なことから、どうやって自分の気持ちを伝えていいか分からなくてイヤイヤと表現することが多いです。

親の反応を見ている、かまってほしい

親がどんな反応をするのかを見たいことから、わざとイヤイヤを表現し、嫌がることをします。

思うようにならない

子供がイメージしていたものと、実際に起こったことの違いから癇癪を起すことがあります。

睡眠不足や疲労などの体調不良から

しっかりと眠れていないことから、疲労がたまり、イライラしてしまってイヤイヤを引き起こすことがあります。日頃からしっかりと眠れているかを確認しましょう。

したくない事が待っている

眠りたくないのに、夜に眠るよう諭されるなど、子供がその時にしたいこととしたくないことの違いが生じる時にイヤイヤが出ます。

上記のように様々な原因があげられますが、お子さんの抱えている気持ちを理解してあげることが何よりも大事なので、イヤイヤを起こしたらまず何が原因なのかを考えてあげましょう。

合わせて読みたい

子供の急な発熱にびっくり!基礎知識と4つの対処法
小さな子どもの場合、さっきまで外で元気で遊んでいたと思ったら、急に発熱することがあります。そんな時にすぐに病院に連れていったほうが良いのか、薬を飲ませたほうが良いのか、食事は食べさせた方が良いのかなど、いろいろと判断に迷うことがあります。大事なことは、子供の急な発熱の原因を知っておくことです。そ...

イヤイヤ期を乗り越える7つの方法

頭をなでる母親

1.ママはまず気持ちを落ち着ける

イヤイヤ期が全くないお子さんも中にはいらっしゃいますが、ほとんどのお子さんはイヤイヤ期を経験します。子供がイヤイヤとなってママもイライラすることは多いと思いますが、みんな経験していることなのだと言い聞かせたり、時間に余裕をもって行動したりと、ママの心にゆとりを持つことも大事です。

2.説明をする

子供が話しかけてきたら、何でも受け答えするようにしましょう。ママが子供の目の前で、子供とは別のことをしていたとします。その時に、子供はママの気を自分に向けさせようと邪魔をすることがあるので、何の用事があるのかをしっかりと確認したうえで、緊急性が無い場合は、「ママは、今○○をやっているから少し待っていてね。」など、その時の状況を説明してあげましょう。

3.子供の意思に任せる

子供が自分一人で何かを一生懸命行おうとしている時は、手を出さずにまずは見守りましょう。しばらく見守ってもできない場合は、「手伝おうか?」と、子供に聞いてあげてください。その際、決して何も聞かずに手を出すようなことはしないようにしましょう。2歳児は一人で何でもやりたがりますので、子供が一人でやろうとしている姿勢を認め、受け入れてあげることが大切です。

4.叱る理由はわかりやすく

子供が無意味に悪いことをした時は、必ず叱らなければなりません。例えば、他の子供のものをわざと壊すなどの行為に至った場合には、その子供と自分の子供の両方の話を聞きます。壊された子に、壊されたことによってどのような気持ちになったかを聞き、答えたことをそのまま壊した自分の子供に、「○○君は、壊されてこう言っているよ。人のものを壊すことはやってはいけないことだよね?」と言います。

その時に、人のものを壊すことが悪いことなのだということを理解することができ、壊された子供の気持ちも理解してあげることができます。また、危ないことをした時も同様に叱ってあげましょう。

5.気持ちを切り替えさせる

まず、子供が求めていることを頭ごなしに否定するのではなく、子供の気持ちを尊重しつつ、やめなければいけない理由を伝えます。それから、子供の気が変わることを提示して気を逸らすようにしましょう。

6.ひたすら付き合い、待つ

何をしてもイヤイヤがおさまらない場合は、叱っても余計にイヤイヤが強く出るため、気を逸らせることをすすめつつ、距離を置いてイヤイヤがおさまるまでひたすら待ちます。子供が何かを要求してくるときは、「そうなんだ」「そうだったの」「そうしてほしいんだね」と、受け入れてあげましょう。

7.褒める

どんな小さなことでも、子供が嬉しそうに言ってきたことに対して褒めてあげましょう。子供が一人で何かを成し遂げた時は特に、「上手にできたね!」「すごい!」と褒めてあげることで、イヤイヤがおさまることもあります。

イヤイヤ期に逆効果な対応

ふてくされる子ども

上述では、イヤイヤ期を乗り越えるための方法をご紹介しましたが、イヤイヤ期に逆効果となる対応の仕方についてご紹介します。

見はなす

子供のイヤイヤにママがイライラして、「もうママ知らない!」などと言い、子供を見はなすことは逆効果となります。イヤイヤしていても、子供にとってママはかけがえの無い存在です。それなのに、突き放されたら悲しみでいっぱいになってしまいます。

曖昧な言葉を浴びせる

子供がイヤイヤとした時、つい大人が使ってしまいがちな「いい加減にして!」という曖昧な言葉は2歳児の子供にとって理解がまだできません。また、子供の言い分を聞かず、一方的に叱ったり親の都合で叱ったりするようなことはやめましょう。

交換条件を出す

2歳児の子供には冗談がまだ通じません。「言うことがきけないのだったら~」「そんなにわがままを言うなら~」と、何々ならこうする、といった脅し文句はそのまま子供は受け取ります。子供は何も納得できないままになるので、交換条件で言うことを聞かせようとするのはやめましょう。

甘やかしすぎない

子供のイヤイヤをそのまま受け入れて、何でも子供の言うとおりにしてしまうのももちろん逆効果です。子供は、こうすれば言うことを聞いてくれる、なんでも叶えてくれると結び付け、イヤイヤが余計増してしまいます。例えば、欲しいと思っているものを買ってくれないと泣くときは、買ってあげる理由を作りましょう。子供の成長と結びつくもので、ご褒美となることができた時に買ってあげることで、子供は頑張ったから貰えたと理解します。

まとめ

イヤイヤ期は、子供の成長がわかる時期でもあります。時間に追われているママやパパにとって、子供のワガママはわずらわしいものと感じてしまうことも多いでしょうが、この時期はずっと続くものではありません。また、ママもパパも頑張りすぎていると感じた時は、リラックスできる時間を少しだけでも良いから増やしてみてくださいね。

ピックアップ

赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...
退職後でも出産手当金は貰える?申請方法と計算方法のまとめ
健康保険の保障の一つに「出産手当金」があります。これは、健康保険の被保険者が出産のために仕事を休み、その期間給料を受け取ることができないときに受給できる手当です。 ここだけ見ると再度職場復帰しなければならないように感じますが、実際は、出産を機に職場を退職し、育児に専念する人も必要な条件を満たせ...

https://tamagoo.jp/childcare/toilet-training-just-right-term/

購読はいいねが便利です!
2歳児のイヤイヤ期を乗り越える7つの効果的な方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

1歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

英語を話せる子に育って欲しい!人気の子供向け英会話教材5選
お子さんが英語の喋れる人になって欲しいですか?答えはもちろん、「Yes.」だと思います。グローバル社会と言われる現代では、以前にも増して英会話のスキルが問われるようになりました。 そんな背景もあり、英会話は今や子供にやらせたい習い事の中でも、最上位にランクインされるほど大人気のジャンルになって...
2歳児におすすめなおうち遊びとお外遊び12選
2歳児は走ったり、ジャンプしたりとダイナミックに体を動かせるようになり、それと同時に手先も器用になります。体だけでなく心も大きく成長する2歳児。その成長を促すには、どんな遊びや体験をさせてあげるのが良いのでしょうか。今回は2歳児におすすめなおうち遊びと外遊び12選をご紹介します。 心と体の...
どこまで話せていればいいの?2歳児の発達の目安
小さな子どもを持つ保護者としては、我が子の発達具合が気になるでしょう。同じ年のよその子どもと比べて、成長が遅れていないかどうか心配になることもあると思います。同じくらいの年の子どもが言葉をスラスラ話せるのに、自分の子どもはほとんどしゃべらないと不安になることもありますよね。 ここでは2...
人気の2歳差兄弟!2歳差にしたい時はいつ妊娠すればいい?
子どもの兄弟の年齢差にはさまざまな場合がありますが、育てる上で多くのママやパパから一番の理想と言われているのが「2歳差兄弟」です。その理由は、常に兄弟がお互いの遊び友達になれるため、他者との関わりを兄弟間で学びやすいからだと言われています。 他にも、幼稚園や保育園の通園期間が重なること...
2歳児の平均睡眠時間って?どれくらい寝るといいの?
子どもにはそれぞれ個性があるため、一概に「このようなライフスタイルを送らなければならない」「○○をしていないのはおかしい」「××ができない子は、何かに問題がある」と言い切ることはできません。ただそれでも、子どもについて「平均的な数字」というのがあります。また、その「平均的な数字」と見比べるような...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る