いつ陣痛が始まっても安心!陣痛タクシーは妊婦の強い味方

良ければシェアをお願いします。

タクシーを待つ人々

が近づいてくると、もうすぐ赤ちゃんに会える喜びをかみしめるとともに、出産への不安を抱く方が多いのではないでしょうか。最も大きな不安要素が「」で、特に初産婦の場合は陣痛自体どのようなものなのか見当もつかないため、一人でいる時に陣痛が来たらどうすればいいのか、迅速に病院までたどり着けるだろうかと心配になることでしょう。

そんな不安を解消してくれるサービスが「陣痛タクシー」です。近年利用者が急増しているこのサービスには、どのような魅力があるのかまとめてみました。これから出産を迎える妊婦さん、必見です。

スポンサーリンク

陣痛タクシーとは?

陣痛で痛がる女性

陣痛タクシーとは、陣痛が始まった時に連絡すれば優先的に配車してくれるタクシーサービスのことを言います。タクシー会社によっては、「マタママタクシー」や「マタニティタクシー」とも呼ばれています。さまざまなタクシー会社でこのサービスを展開しており、ほとんどの場合が登録料無料で、運賃も通常のタクシーと同じ金額です。ただし、通常のタクシーを迎車する場合と同様に、迎車料はかかります。

陣痛タクシーの利用方法

電話予約する女性

利用するためには、事前登録が必要となります。あらかじめ、氏名・連絡先・出産予定日・陣痛時のピックアップ場所・かかりつけ病院などを、そのタクシー会社のホームページ上や電話で登録しておきましょう。

いざ陣痛が来て、かかりつけの病院から「来てください」と言われたら、登録しておいた電話でタクシー会社に連絡します。すると、配車センター側でその電話番号をコンピューターが認知して、陣痛タクシーの配車要求であることが瞬時にわかるようになっています。

それと同時に、妊婦さんを迎えに行く運転手の車のナビゲーションに、妊婦さんのピックアップ先から病院へのルートが出て、目的地まで迅速にたどり着くことができるシステムが確立されています。配車センターは24時間365日対応しており、病院到着時の状況によっては料金が後払いでもOKな場合もあるようです。

合わせて読みたい

陣痛ってどんな痛み!?3つの陣痛の兆候について
「痛い、痛い」と聞いてはいても、実際に体験していない人にとっては未知数である陣痛の痛み。実を言うと出産は、生まれてくる赤ちゃんによって全く異なる経過をたどるもので、陣痛の痛みもそれぞれです。それでも、多くの人から聞く共通した痛みの表現はあります。赤ちゃんは欲しいけど、陣痛が怖いという人に向け、陣...

陣痛タクシーのメリット

ドアをあける運転手

最大のメリットは、精神的なお守りになることではないでしょうか。もしも、自宅に一人でいる時に突然陣痛がやって来てしまったら、パニックになることもあるでしょう。そのような場合でも、事前に必要な情報をすべて登録しているため、電話一本かければ大丈夫という大きな安心感を得ることができます。

もちろん、通常のタクシーを利用することもできますが、いざタクシーを呼ぼうと思っても乗車拒否されてしまったり、なかなか配車されず長時間待ったりする状況になってしまった妊婦さんは、意外と多いようです。

その点陣痛タクシーを利用すれば、そういった心配もなくスムーズに乗車できるため、大変心強いと言えます。また、陣痛タクシーの運転手は、あらかじめ助産師さんによるレクチャーを受けており、陣痛に苦しむ妊婦さんを安全に病院まで送り届けるノウハウを持っています。

車内で急に破水してしまうケースにも慌てず対応してもらうことができるため、通常のタクシーに乗車するよりもはるかに安心でしょう。万が一破水などで車内のシートが汚れてしまっても、クリーニング代を請求しないとしているところがほとんどです。妊婦さんに対する配慮が徹底されており、妊婦さんの強い味方であると言えるでしょう。

合わせて読みたい

出産前に知っておきたい!帝王切開の基礎知識
日本の帝王切開率は20%弱、約5人に1人が、帝王切開で出産しています。帝王切開の予定はなくても、緊急に必要になる場合もあります。 では、帝王切開とはどんな出産方法で、なぜ、またどのような流れで行われ、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか?今回は、出産前に知っておきたい、帝王切開の基礎...

陣痛タクシーを利用する際の注意点

救急車

事前登録は、遅くても出産予定日の2ヶ月前までに済ませておきましょう。余裕を持って登録を済ませておけば、出産予定日よりも早い急なお産の時でも安心です。また、車内で破水してしまっても運転手が防水シートを貸してくれたり、あらかじめ装備されていたりするケースが多いようですが、マナーとしてバスタオルやレジャーシートは持参するとよいでしょう。

いくらクリーニング代不要とはいえ、もしも大量の破水によってシートを汚してしまったら気掛かりです。事前に準備しておき、タクシーに乗る際にタオルやシートを敷くようにしましょう。
なお、陣痛タクシーの運転手の役目は、あくまでも妊婦さんを無事に病院まで届けることで、医療行為をすることはできません。大量の出血が見られる場合や、すでに自宅で破水してしまい今にでも赤ちゃんが出て来てしまいそうな場合は、陣痛タクシーではなく救急車を呼ぶようにしましょう。

おわりに

今回は、陣痛タクシーのサービス内容や魅力についてご紹介しました。妊娠が発覚し、出産する病院が決まったら、忘れないうちに事前登録をしておくとよいでしょう。出産が近づいてくると、その他にも準備すべきことがたくさんあるため、早めの登録をおすすめします。

陣痛タクシーは、今や全国のタクシー会社でサービス展開をしており、探してみればきっと自宅周辺に見つかることでしょう。ネット決済やタクシー配車アプリとの連動の実現は近いとの声もあり、今後ますます利便性が高まることが期待されています。

ピックアップ

妊娠後期の過ごし方におすすめ♪安産のための運動3選
妊娠中に運動をするのってどうなのだろう?という疑問を持ったことはありますか。 確かに、お腹はどんどん大きくなっていきますし、もしものことがあったら・・と考えると不安にもなりますよね。ただ結論から言えば、妊娠中の運動はするべきです。 前提として、妊婦さんには出産を乗り切るための体力が最低限必要...
立ち会い出産での旦那さんの役割
これから出産を迎える旦那さんへ。最近では、立ち会い出産を選択される方が大変多くなりました。このコラムを読んでくださっているあなたも立ち会い出産のご予定があるのではないでしょうか。 今回は立ち会い出産の時に旦那さんがどういう役割を持っているのかということを一緒に考えてみたいと思います。奥様を精一...

https://tamagoo.jp/give-birth/about-labor-pains/

購読はいいねが便利です!
いつ陣痛が始まっても安心!陣痛タクシーは妊婦の強い味方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...

出産前の悩みについて・・・あわせて読みたい

出産予定日に産まれる確率とは?出産予定日の計算方法
妊娠すると真っ先に気になる出産予定日、いつ生まれてくるのかワクワクドキドキし、楽しみになります。しかし、「2週間早く生まれた」、「予定日を過ぎてもなかなか生まれてこなかった」と予測通りに生まれたという話はあまり聞きません。 今回は、予定日をどのように計算し、出産の確率はどのように導き出すのか、...
前駆陣痛から本陣痛に変わるまでの期間
妊娠後期に入って出産が近づいてくると、ナーバスになる妊婦さんはたくさんいます。特に陣痛に関して意識する方が多く、陣痛にちゃんと気づくことができるか、痛みはどのくらいなのかと不安を感じるものです。陣痛と一口に言っても、前駆陣痛・本陣痛と段階があるため、わかりづらく不安要素になってしまいがちです。 ...
知っておくと得する3つの出産費用節約術
出産にかかる費用がどのくらいなのか検討はつきますか?実は妊娠から出産までにかかる費用は決して少なくありません。妊活中からきちんと計画を立てておかないと、後々困ってしまうことがあります。 今回は知っておくと得する出産費用と、その節約術を紹介していきます。 必要な費用を整理する 出産までに...
出産をするのはいつがいいの!?2つの観点から検証
妊活をするにあたって、赤ちゃんが生まれてくる時期が何月になるのかを気にしたことはありますか?それぞれの生まれ月によって、子育ての方法や自治体などから受けられる保障や支援制度、学年ごとでの発育の違いなど、色々と変わってきます。 今回は、誕生月別で分かれるそれぞれの特徴を、大きく2つの観点でご紹介...
出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金
出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る