立ち会い出産での旦那さんの役割

スポンサーリンク

手をつなぐ夫婦

これから出産を迎える旦那さんへ。最近では、立ち会い出産を選択される方が大変多くなりました。このコラムを読んでくださっているあなたも立ち会い出産のご予定があるのではないでしょうか。

今回は立ち会い出産のときに旦那さんがどういう役割を持っているのかということを一緒に考えてみたいと思います。奥さまを精いっぱいサポートし、無事に出産をおえることができるよう努めましょう。

立ち会い出産にあたって事前に準備しておくもの

タオルを準備する男性

タオル

出産中、奥さんは大量の汗をかきます。自分で拭いている余裕はとてもではありませんがないので、事前に準備しておいたタオルで旦那さんが拭いてあげます。同時に汗や前髪が目に入ってしまうなど、妊婦さんにとって煩わしいことも起こりますので、そちらも対応してあげてください。

うちわ

タオルとセットで必要になるのがうちわです。妊婦さんは、いきんだり踏ん張ったりする過程でとてもあつい思いをします。旦那さんは、赤ちゃんが生まれるその瞬間までうちわであおいであげましょう。ただ、うちわに関しては病院で準備してくれていることもあるため、絶対に用意しなければいけないと決まっているわけではありません。

大量の汗をかく妊婦さん。消費した水分は都度補給しないと大変危険です。水のペットボトルにストローを挿してスタンバイしましょう。旦那さんは、奥さんの様子を見ながら喉が渇いているかを判断し、ストローを口元に持っていってあげてください。

妊婦さんはとても大変な状況ですが、意外と会話は成立するものです。飲みたくないときに口元に持っていっても邪魔になってしまいますので、「水、飲む?」と直接聞いても良いかもしれません。

テニスボール

テニスボールってどういうこと?と思われる方もいるかもしれませんね。実は、妊婦さんの肛門付近にテニスボールをあてがい、呼吸法に合わせて押したり引いたりすることで、妊婦さんの負担をかなり軽減することができるのです。

この方法は一般的にどの病院や産婦人科でも行われているものなので、基本的に立ち会い出産ではやることになると思っておいてください。押したり引いたりは、結構な体力を消耗しますが、奥さんの方が何倍も大変な思いをしています。ここは踏ん張りどころですので、頑張ってくださいね。

合わせて読みたい

よいことばかりとは限らない?立ち会い出産のメリット・デメリットとは
よいことばかりとは限らない?立ち会い出産のメリット・デメリットとは
妻と子供を大切に思っているなら、夫は出産に立ち会うことが当たり前という流れになってきています。しかし、実際に立ち会い出産を経験した夫婦の...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
立ち会い出産での旦那さんの役割
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

陣痛についてのどのようなイメージがありますか?[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る