良ければシェアをお願いします。

子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法

子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法

子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。

歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけになんとかしたいもの。幼稚園から小学校くらいまでは乳歯から永久歯に生え変わる時代で、矯正させていいものかどうか迷うことも多いのではないでしょうか。

今回は、そんな歯並びが悪い場合の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

乳歯の歯並びが悪くなる原因は?

指を噛む子供

乳歯は生後6ヶ月後から生え始め、最終的に永久歯に生え変わっていきます。親となったみなさんも、かつて小学生ぐらいのときに歯がグラグラとして外れ、知らない間に新しい歯が生えてくる経験をお持ちかと思います。

実は人間の歯並びの形成において、乳歯時代がとても重要なのです。乳歯の時に歯並びが崩れてしまうと、大人になってもガタガタの歯並びになってしまいます。そのようなことを防ぐために、「原因」を知っておく必要があります。幼少期に歯並びが悪くなる代表的な原因には、以下の4つが挙げられます。

1.柔らかいものばかり食べさせている

歯並びを良くする上でもっとも重要といわれるのが、あごの筋肉です。よく噛むことにより鍛えられ、舌と口の周りの筋肉がつき、乳歯が中央に寄り、歯並びが良くなります。

しかし、昔に比べると柔らかいものを多く食べる子どもが増えており、あごの筋肉は落ちてきていると言われています。これは洋食化の弊害と考えられています。もしそのような傾向があると感じている場合は、根菜類を摂らせるなどして「よく噛んで食べようね!」と促しましょう。

2.口呼吸をしている

一見関係ないようにも思えますが、口呼吸も歯並びが悪くなる原因のひとつです。口ばかりで呼吸していると上あごが鍛えられないため、出っ歯になったり前歯の噛み合わせが悪くなったりして、歯並びが乱れてしまいます。

この原因は、鼻炎による鼻づまりであることが多く、そのせいで口呼吸を強いられている可能性があります。歯とは関係ないと思いがちですが、鼻炎の治療も歯並びを良くするポイントなのです。

3.物を噛む癖がある

爪などを噛む癖がある子供は、歯並びが悪くなります。何かを噛むことにより、乳歯が前に引っ張られるため、1本だけ前に出るようになってしまいます。

4.ほおづえをつく

テレビなどをみるときにほおづえをつく癖を持っている子供は、手の力が乳歯に伝わりバランスが悪くなってしまいます。もし子供がほおづえをつくような癖を持っている場合は、注意して止めさせるようにしましょう。

合わせて読みたい

乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。 ...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る