子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法

良ければシェアをお願いします。

子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法

子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。

歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけになんとかしたいもの。幼稚園から小学校くらいまでは乳歯から永久歯に生え変わる時代で、矯正させていいものかどうか迷うことも多いのではないでしょうか。

今回は、そんな歯並びが悪い場合の対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

乳歯の歯並びが悪くなる原因は?

指を噛む子供

乳歯は生後6ヶ月後から生え始め、最終的に永久歯に生え変わっていきます。親となったみなさんも、かつて小学生ぐらいのときに歯がグラグラとして外れ、知らない間に新しい歯が生えてくる経験をお持ちかと思います。

実は人間の歯並びの形成において、乳歯時代がとても重要なのです。乳歯の時に歯並びが崩れてしまうと、大人になってもガタガタの歯並びになってしまいます。そのようなことを防ぐために、「原因」を知っておく必要があります。幼少期に歯並びが悪くなる代表的な原因には、以下の4つが挙げられます。

1.柔らかいものばかり食べさせている

歯並びを良くする上でもっとも重要といわれるのが、あごの筋肉です。よく噛むことにより鍛えられ、舌と口の周りの筋肉がつき、乳歯が中央に寄り、歯並びが良くなります。

しかし、昔に比べると柔らかいものを多く食べる子どもが増えており、あごの筋肉は落ちてきていると言われています。これは洋食化の弊害と考えられています。もしそのような傾向があると感じている場合は、根菜類を摂らせるなどして「よく噛んで食べようね!」と促しましょう。

2.口呼吸をしている

一見関係ないようにも思えますが、口呼吸も歯並びが悪くなる原因のひとつです。口ばかりで呼吸していると上あごが鍛えられないため、出っ歯になったり前歯の噛み合わせが悪くなったりして、歯並びが乱れてしまいます。

この原因は、鼻炎による鼻づまりであることが多く、そのせいで口呼吸を強いられている可能性があります。歯とは関係ないと思いがちですが、鼻炎の治療も歯並びを良くするポイントなのです。

3.物を噛む癖がある

爪などを噛む癖がある子供は、歯並びが悪くなります。何かを噛むことにより、乳歯が前に引っ張られるため、1本だけ前に出るようになってしまいます。

4.ほおづえをつく

テレビなどをみるときにほおづえをつく癖を持っている子供は、手の力が乳歯に伝わりバランスが悪くなってしまいます。もし子供がほおづえをつくような癖を持っている場合は、注意して止めさせるようにしましょう。

合わせて読みたい

乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。 ...

虫歯も悪影響

虫歯のイメージ

虫歯も、歯並びを悪くする原因です。乳歯は永久歯と比較すると歯質が弱く、薄くなっています。そのため、虫歯になることも多いのです。そして、乳歯が虫歯になることによってその下に埋まっている永久歯も悪影響を受け、虫歯になりやすくなってしまいます。

また、乳歯が自然に生え変わる前に抜けてしまうと、できた隙間に他の歯が寄ってきてしまうため次に生えてくる永久歯が真っ直ぐ生えることができず、歯並びが悪くなってしまいます。虫歯予防だけでなく、きれいな歯並びのためにも、普段から口の中を清潔に保つことが重要です。

矯正器具を使わなくても矯正できる

矯正器具

子どもの歯並びの悪さが目立つと感じ、「矯正」を検討する保護者の方もいらっしゃるでしょう。矯正というと器具をつけるイメージがありますが、幼少期の場合はすぐに生え変わるために器具の使用はあまり意味をなさないとも言われています。

そのため、矯正器具の使用は永久歯が生えそろい始めた小学校くらいから中学校くらいまでの期間が一般的です。しかし、器具を装着すると笑った時の見栄えが悪く、それを理由に敬遠してしまう子供も少なくありません。できれば、無理に器具を装着させるよりも、歯並びが悪くなる行為を避けるよう指導することが重要です。

すでに歯並びの悪さが目立ってしまっている場合は、器具による矯正のほか、あごの成長を誘導する治療や、歯並びを正しい位置に戻す治療などを受けることもできます。どうしても気になる場合は、歯科医院で相談するとよいでしょう。医師の判断を仰いだうえで、適切な治療を受ければ早めに矯正することが可能です。

おわりに

かつて、「芸能人は歯が命」というキャッチコピーがあったように、男女問わず歯並びの良さは人間の美を演出するうえで重要なポイントです。歯並びが悪いと、「子どもが外見にコンプレックスを持つのでは」「それが原因でいじめられないか」など心配になる保護者の方も多いのではないでしょうか。

子ども自身が、矯正治療を嫌がる場合もあるかもしれませんが、大人になってからの矯正は費用も期間もかかってしまいます。早めに、矯正治療を受けさせてあげましょう。

ピックアップ

3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
4歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
4歳児は、急激な成長の最後の年ともいわれています。個人差もありますが、2歳から言葉を覚え始めて3歳で活発になり、イヤイヤも多くなります。目まぐるしい成長を経験して、ようやく落ち着くのが4歳です。知能の発達も著しいので、成長に合わせてさまざまなことを教えたい年頃です。今回は、4歳児の発達・成長・発...

https://tamagoo.jp/childcare/characteristic-of-5-years-old/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る