ビタミンEを積極的に摂取しよう!妊娠初期にビタミンEをとりたい理由

スポンサーリンク

ビタミン

妊娠すると、妊娠前とはまた違った栄養の取り方が必要になってきます。また、単純に、「2人分の栄養」を得なくてはいけなくなるわけですから、いろいろな栄養分をとらなければなりません。今回はその栄養素のなかから、「ビタミンE」を取り上げてご紹介いたします!

ビタミンEが妊娠に及ぼすプラスの影響

妊婦

ビタミンEを摂取することは、「妊娠や出産」においてとても大きな意味があると言われています。妊娠と非常に強い関わりのある栄養素であると着目されており、不妊症の治療にも使われています。

ビタミンEを摂取することは、フリーラジカルの発生を抑えることができます。フリーラジカルはしばしば「活性酵素」と混合して使われる用語ですが、実は同じものではありません。活性酵素のうちの何種類かがフリーラジカルに分類される、というだけの話です。フリーラジカルはがんを引き起こしたり、DNAや遺伝子にダメージを与えたりします。

老化が起きるのも、このフリーラジカルのせいだと言われています。胎児が健康的に育つためには、このフリーラジカルから身を守る必要があります。そんなときに活躍するのが、ビタミンEなのです。

また、ビタミンEは、胎児へ送る酸素の量を増やしてくれるといった効果もあります。女性ホルモンの分泌を促したり、流産しにくくなったりする作用がある、と見る向きもあります。そのため、妊娠をしたいと考える人や妊娠初期の人にとって、ビタミンEは非常に大きな意味を持つのです。

合わせて読みたい

妊娠初期におなかが張る原因・対処法・注意点
妊娠初期におなかが張る原因・対処法・注意点
妊娠中はさまざまな体調変化が付き物です。つわりや冷え、腰痛や便秘などの症状は定期的に起きるため、妊婦さんはなかなかゆっくり身体を休めるこ...

ビタミンEがもたらすマイナスの影響

妊婦への影響

ただし、ビタミンEは「摂取すればするほどよい」というものではありません。これについては、武庫皮女子大(自然科学)で今村友美氏らによって出された、「ビタミンE摂取量が母体の健康状態と胎児の発育に及ぼす影響について~実験動物を用いての検討~」に詳しく書かれています。

これはマウスを使った実験であり、えさに含まれるビタミンEの量によって起こる変化を記録したものです。特に「ビタミンEの過剰摂取によって何が起きるのか」ということを見ていったものです。

ビタミンEの摂取量をかえたとしても、血中脂質の量や血色素量には何も変化は見られませんでした。しかしビタミンEをとりすぎた層は、ビタミンEをとらなさすぎた層と同様に胎児の発育不良が起こった、としています。

これの原因についてはまだはっきりとはしていない、ということですが、「ビタミンEの過剰摂取によって、胎児の成長が異常なものになる可能性が否定しきれない」と結論付けています。

ただし、「ビタミンEを過剰摂取したとしても、それによって何らかの異常やトラブルが起きることはない」という見方をしている医師もいます。そのため、「ビタミンEを過剰摂取すると、必ず胎児に異常が起こる」と言い切るのもまた乱暴な話だと言えるのです。

出典:http://libir.mukogawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/10471/486/1/P089-094.pdf

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
ビタミンEを積極的に摂取しよう!妊娠初期にビタミンEをとりたい理由
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

妊娠初期(~4カ月)の頃、不安に感じたことは?(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る