妊娠中にできた正中線は産後に消えるの? その方法は?

正中線

「正中線」とは、本来「体の中央を、頭から足先までまっすぐに降りていく線」を指す言葉です。しかしこれが「妊娠中の症状」と結び付けられると、また違った意味を持ってきます。今までみたことのないものなので、不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。今回は、そんな「妊娠中の正中線」に着目してお話していこうと思います。

妊娠中における「正中線」とはどんなものを指すのか?

メラニン層

妊娠中にでてくる「正中線(せいちゅうせん)」は、胸の下あたりから下腹部にかかって走る、1本の線のようなものを指します。

これは、人間が人間としての形を作るときに接合部分にできる線のことであり、実は誰もがもっているものです。しかし妊娠をすると、体にさまざまな変化がおきます。メラニン色素の量も増加するため、今までは目立たなかったものが、目視で確認できるようになるのです。

合わせて読みたい

妊娠線予防に高い効果を発揮する、専用オイルの正しい選び方
妊娠線予防に高い効果を発揮する、専用オイルの正しい選び方
赤ちゃんがスクスクと成長するのと同時に大きくなっていくおなか。大きくなればなるほど、おなかのなかの赤ちゃんがいとおしく感じるものです。し...

正中線はどう変化するのか?

赤ちゃん

正中線は妊娠中に目立ってくることがありますが、これは、多くの場合は出産が終わると徐々に消えていくといわれています。妊娠中におきた諸症状の多くは、出産をするための「備え」「変化」の過程で起こるものですから、子どもが生まれればその変化もなくなります。

そのため、多くのケースでは、1年もたたないうちに正中線は消えるといわれていますので、あまり気にしないようにしましょう。子育てに一生懸命になっている間に、気が付けばまったく気にならない状態になっていた、ということがほとんどです。

ちなみに、正中線は時間の経過とともに消えますが、いわゆる「妊娠線」は跡に残ることがあります。これは「肉が割れること」によっておきるものであるため、いったんできてしまうとなかなか回復が難しいのです。また、正中線とは違い、痛みやかゆみを伴うこともあります。このような点で、「正中線」と「妊娠線」は明確に区別されます。

また、以前は「正中線のでき方で子どもの性別が分かる」ともいわれていました。正中線がぼんやりしていれば胎児は女の子で、正中線がはっきりと目立つようにでているのであれば胎児は男の子だ、と考えられていたのです。ただ現在はこのような考え方には科学的・医学的な根拠はないとされており、否定されています。

合わせて読みたい

妊娠線予防クリーム おすすめ7選 人気商品を徹底比較!
妊娠線予防クリーム おすすめ7選 人気商品を徹底比較!
おなかの赤ちゃんが成長するにつれ、ママのおなかには妊娠線が出てくるようになります。妊娠線は一度できてしまうと完全に消すことが難しいため、...
旦那さんと息子の3人家族。 家事は手抜きがモットーなダラダラ主婦。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠中にできた正中線は産後に消えるの? その方法は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る