どこまで話せていればいいの?2歳児の発達の目安

良ければシェアをお願いします。

2歳の女の子

小さな子どもを持つ保護者としては、我が子の発達具合が気になるでしょう。同じ年のよその子どもと比べて、成長が遅れていないかどうか心配になることもあると思います。同じくらいの年の子どもが言葉をスラスラ話せるのに、自分の子どもはほとんどしゃべらないと不安になることもありますよね。

ここでは2歳児がどの程度言葉をしゃべるものなのかについて、解説していきます。

スポンサーリンク

1歳くらいになると簡単な言葉を単発で発するようになる

タオルにまかれる男の子

生後1年未満の赤ちゃんは、声は出しますが言葉らしい言葉を発することはできません。表情や声の音色などから、保護者が赤ちゃんの気持ちを察してあげることが大切です。1歳くらいになると、「ママ」や「パパ」などごく簡単な言葉を少し話せるようになっていきます。ただ、個人差があるため、1歳になってもまだほとんどしゃべらないお子さんもいれば、9ヶ月くらいで言葉を発するお子さんもいます。

簡単な言葉をしゃべることができるようになったら、次第に発する言葉の種類が増えていきます。最初は「ママ」と「パパ」だけでも、「ワンワン」や「ブーブー」などどんどんしゃべる言葉の種類が増えていきます。次第に、「チョウダイ」や「コワイ」など感情を表す言葉も覚えていくでしょう。おおむね、1歳半くらいになれば、しゃべり始めた頃と比べて、言葉の数がかなり多くなっています。

ただ、1歳半くらいの段階では、2語以上の言葉を組み合わせて発するお子さんは稀です。ほとんどのお子さんが1語のみを単発で発します。

合わせて読みたい

2歳児のイヤイヤ期を乗り越える7つの効果的な方法
2歳を迎えるにあたって、可愛い可愛いと赤ちゃんの成長を見守ってきたママやパパにとって大きな壁となるのが「イヤイヤ期」です。はじめての妊娠・出産を迎えたママやパパにとっては、はじめて経験することだと思いますが、そんなイヤイヤの原因となる子供の気持ちを知ることがまず大切です。今回は、イヤイヤ期を...

2歳前後になると、2語でひとまとまりの言葉を発するようになる

言葉

2歳頃になると、次第に2語以上の言葉を組み合わせてしゃべるようになってきます。例えば、「パパ バイバイ」や「ブーブー キタ」などです。1語だけの言葉と比べて、2語組み合わせれば表現できる幅が格段に広がります。2語組み合わせることで「ジュース ノミタイ」など、自分のやりたいことを表現することもできるようになるでしょう。

1歳半くらいまでは別々に発していた言葉のつながりを理解できるようになるため、2語以上の言葉を組み合わせて一緒に使えるようになるのです。成長の早いお子さんなら、2語だけでなく3語くらい組み合わせてしゃべることもあります。例えば「ワンワン コワイ イヤダ」などです。

お子さんが自分から言葉を発するだけでなく、保護者が言っていることも、きちんと意味を理解していることが多いです。お子さんに何か簡単な質問をしてみると、それが確認できるでしょう。理解できている場合には、できるかどうかはともかく、行動に移そうとしてくれます。

なかなか2語以上組み合わせてしゃべるようにならない場合には

2歳時

2歳になっても、2語の言葉を組み合わせてしゃべる様子が見られないお子さんもいるでしょう。同じ年の周りの子どもがいろいろな言葉を発している様子を見ると、「我が子は成長が遅れているのではないか」と焦ってしまう保護者の方もいるのではないでしょうか少なくないようです。

そのようなときには、お子さんが2語以上の言葉を発するように、保護者の方から働きかけましょう。例えば犬を見かけて「ワンワン」と言って後ろに隠れたときには、「ワンワンがどうしたの?」と問いかけてみるといいでしょう。そうするとママやパパに答えようとして、「ワンワン コワイ」といった具合に2語以上組み合わせた言葉を発しやすくなります。

同じように、ジュースを飲みたいときに「ジュース」とだけ言っていたら、「ジュースをどうしたいの?」と問いかけます。保護者はお子さんより先回りして「ワンワン コワイね」や「ジュース のみたいの?」と言ってしまうことは避けましょう。お子さんにとっては、頷くなどの返事だけで、気持ちを伝えられてしまうからです。

そうすると、お子さんにとっては2語以上の言葉を組み合わせて使えなくても、意思が伝わってしまいます。その場合は、1語だけ単発でしゃべれれば特に困らないため、なかなか2語以上の言葉を組み合わせて使おうとしなくなってしまいます。

合わせて読みたい

2歳児の平均睡眠時間って?どれくらい寝るといいの?
子どもにはそれぞれ個性があるため、一概に「このようなライフスタイルを送らなければならない」「○○をしていないのはおかしい」「××ができない子は、何かに問題がある」と言い切ることはできません。ただそれでも、子どもについて「平均的な数字」というのがあります。また、その「平均的な数字」と見比べるような...

個人差や男女差が大きい

成長

他のお子さんと比べてしゃべり始めるのが遅いと、焦ることもあると思いますが、子どもの発達具合には個人差があります。成長がゆっくりのお子さんは決して珍しくありません。また、男女でも差があります。男の子の場合には左脳だけでしゃべる言葉を考えますが、女の子は左脳と右脳の両方を使って考えます。

そのため、女の子の方が言葉をしゃべることに関して、男の子よりも成長が早いと言われています。ただしこれにも個人差があり、早くしゃべり始める男の子もいれば、しゃべり始めるのが遅い女の子もいます。

おわりに

2歳の時点では2語組み合わせて言葉をしゃべることができれば、ごく平均的です。成長の早さには個人差があるため、それよりも遅くても心配することはありません。逆に2歳時点で3語以上組み合わせてしゃべるお子さんが、特別優れているというわけでもないでしょう。

しかし、明らかに言葉を発するのが遅すぎるような場合や、全く言葉を発する様子がない場合などは、自治体や小児科などの相談窓口に行って相談してみてください。

ピックアップ

2歳児におすすめなおうち遊びとお外遊び12選
2歳児は走ったり、ジャンプしたりとダイナミックに体を動かせるようになり、それと同時に手先も器用になります。体だけでなく心も大きく成長する2歳児。その成長を促すには、どんな遊びや体験をさせてあげるのが良いのでしょうか。今回は2歳児におすすめなおうち遊びと外遊び12選をご紹介します。 心と体の...
子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...
歯が生えてくるのが遅い?乳歯萌出遅延について解説!
初めての子育ては不安がたくさんあるものです。特に「発育の悩み」は、保護者の頭をよくよぎることでしょう。「乳歯萌出遅延」もそのような悩みのうちの一つではないでしょうか。今回は「乳歯萌出遅延」について詳しく見ていきましょう。 乳歯萌出遅延とは何か 「乳歯萌出遅延(にゅうしほうしゅつちえん)」とい...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
どこまで話せていればいいの?2歳児の発達の目安
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る