妊活中の仕事を考える!妊活中にできるおすすめ仕事3選

良ければシェアをお願いします。

仕事する女性

妊活を考える人にとって悩ましい問題。それが「仕事」です。この2つは果たして両立するのでしょうか?両立するのだとしたら、どのような条件ならば可能なのでしょうか?それについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

昔は「妊娠予定ならば雇わなかった」と言う会社もあった!

怒る上司

現在では結婚・妊娠・出産後でも仕事を続ける女性は珍しくない時代です。しかし十年ほど前には「妊娠するなら雇わなかった」「すぐに結婚して妊娠するのはやめてね」と公言する会社も存在していたのです。せっかく育てた社員が、妊娠や出産を機に辞めてしまう、ということは会社側の損失も大きかったのでしょう。

マタニティハラスメントなどが問題になっている現在で、ここまで明確に「妊娠するな」「妊活するな」と明言する会社はそれほど多くはないと思われます。しかし、「社員がいなくなると困る」「遅刻や早退をされると困る」ということで、妊活に難色を示す会社もあることは、現実問題として理解しておかなければなりません。

合わせて読みたい

これってもしかして…?マタハラから身を守るための対策と事例
企業が妊婦に対して、精神的、および肉体的苦痛を与えることを、マタニティ・ハラスメント(マタハラ)と呼びます。2014年に、最高裁判所が「妊娠による降格は、男女雇用機会均等法に違反している」という判決を下してから、マタハラは、パワハラやセクハラと並ぶ問題として取り扱われるようになりました。しかし、...

正社員を続けるか、パートタイマーに切り替えるか、それとも仕事を辞めるか?

仕事の選択

「子どもが欲しい」となったとき、まず考えなければならないのは、「どのような雇用形態にするか」ということです。

結婚前、あるいは妊活前から正社員として勤めており、かつ出産後も復帰できる環境にあるのであれば、育休と産休をとったうえで復職する、とするのが一番望ましいでしょう。育休制度や産休制度を手厚くしており、「子どもが生まれたら父親も休むべき」としている会社もあります。

大手の会社では、不妊治療のための休暇を認めているところすらあります。たとえばトヨタなども、2017年の1月からこれを導入する、としていますね。このような状況であるのなら、正社員のまま妊活~出産~育児をしていくのが一番望ましいと言えるでしょう。給与面でも安定します。

ただ、「正社員のまま働き続けられるかどうか」は、残念ながら、会社ごとによって大きな違いがあるのも事実です。はっきりとは口にしないものの、「妊娠したら正社員を辞めてほしい」「妊活をするのなら、パートタイマーになってほしい」という空気を漂わせる会社もあります。もちろん精神面のストレスも社員と比べるとあきらかに違ってくるでしょう。

何を優先するかが大事

「いつ妊娠してもすぐに辞められるように」ということで、妊活を始めた時点でパートタイマー(アルバイト)になる、という人もいます。パートタイマーは正社員に比べて責任が小さく、時間的な融通も利きやすいというメリットがあります。辞めるときでも、引き継ぎなどがあまりないため、すぐに職を辞することができます。

もちろん精神面のストレスも社員と比べるとあきらかに違ってくるでしょう。ただし、パートタイマーになってしまうと、保障の面ではマイナスが多いと言えるでしょう。

「妊活をするために仕事を辞める」「不妊治療をしていくので、仕事を続けられない」として仕事を辞める人もいます。世帯年収が一定以上あり、旦那さんだけの収入で生活を営めるのであれば、これも立派な選択肢のうちの一つでしょう。収入面では厳しくなりますが、ストレスも少なくなるはずです。

合わせて読みたい

妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
出産には大きな費用がかかりますし、子供を育てていくには何かとお金が必要です。そのため、家計に少しでもプラスになるよう、妊娠中にも仕事がしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 しかし、中には妊娠中に向いていないお仕事もあるため、仕事選びには慎重になる必要があります。そこで今回は、妊婦さ...

妊活中でも続けられる仕事

デスクワーク

妊活をするとなると、「働ける職種や雇用形態」にも変化が出てきます。まず、激しく動き回る仕事や肉体労働は難しくなるでしょう。

基本的には、

  • 1.デスクワーク
  • 2.専門職
  • 3.短期アルバイト

などが考えられます。ではそれぞれのポイントをみていきましょう。

1.デスクワークの場合、母体にかかる負担が極めて少ないと言えます。

そのため、妊活~妊娠中でも問題なく続けられることが多いと言えます。「妊婦がいる場合、その希望に応じて、負担の少ない部署に異動させること」は、法律で決められた妊婦の権利です。妊活を続けていくなかで妊娠をした、という場合は、掛け合ってみるといよいでしょう。

2.専門職専門職はやはり強いと言えます。

特に、イラストレーターやライターなどの場合は、パソコンが1台あれば在宅ワークが可能になることもあります。これも会社に掛け合ってみましょう。
ほかにも、通訳関係やIT関係の場合は体の負担が少ない仕事のやり方を選ぶことも可能です。妊娠を機に独立した、という人も少なくありません。

3.短期アルバイト短期間のアルバイトのみを行う、というのも一つの方法です。

妊活中は、「すぐに妊娠するかもしれないし、まだしないかもしれない」という状況です。妊娠をしていない時期ならば、短期間のアルバイトでも問題はないでしょう。

このやり方は会社側の負担も少ないやり方です。季節イベントであるバレンタインデーやお中元・お歳暮のスタッフなどが有名です。

また、どのような仕事でも

  • 1.残業が多すぎない(可能ならば定時で終わる仕事)
  • 2.夜間勤務ではない
  • 3.ストレスが多すぎない

職場を選ぶことが重要です。

おわりに

妊活中にストレスを感じながら仕事を続けるのはおすすめできません。なぜなら復職してもストレスを受け続けることはわかっているからです。そんなときは転職や仕事を辞めることを考えてもよいのではないですか。今辞めたら次に働くところがない、と不安に思うかもしれませんが、長い人生のなかで仕事をするチャンスは必ずめぐってきます。何を優先するか自分自身で考えて無理のない決断をしてくださいね。

ピックアップ

妊活中に退職はアリ?ストレスで仕事を辞める4つのメリットデメリット
今の仕事内容、職場の環境が好きだからと言って、仕事でストレスを感じないという方はほとんどいないでしょう。仕事をしている限り、多少のストレスでも強く感じてしまいがちです。 では、妊活中でありながらストレスを受けてしまうような仕事を続けるべきでしょうか?結論から言うと、妊活中の方が仕事を続けていく...
退職後でも出産手当金は貰える?申請方法と計算方法のまとめ
健康保険の保障の一つに「出産手当金」があります。これは、健康保険の被保険者が出産のために仕事を休み、その期間給料を受け取ることができないときに受給できる手当です。 ここだけ見ると再度職場復帰しなければならないように感じますが、実際は、出産を機に職場を退職し、育児に専念する人も必要な条件を満たせ...
妊娠前にしておきたい検査!5つの子宮・卵巣の病気
妊活というと、妊娠しやすい身体を作るために食事の栄養バランスや運動に気を遣うイメージがあります。しかし、妊娠前にしっかりと子宮や卵巣の健康診断をしておくことも同じくらい大切です。 卵巣は卵子を生産し、子宮は赤ちゃんを育てる大切な器官です。きちんと検査して、赤ちゃんを迎えやすい環境が整っているこ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
妊活中の仕事を考える!妊活中にできるおすすめ仕事3選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください

あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る