これってもしかして…?マタハラから身を守るための対策と事例

良ければシェアをお願いします。

マタハラに悩む女性

企業が妊婦に対して、精神的、および肉体的苦痛を与えることを、・ハラスメント(マタハラ)と呼びます。2014年に、最高裁判所が「妊娠による降格は、男女雇用機会均等法に違反している」という判決を下してから、マタハラは、パワハラやセクハラと並ぶ問題として取り扱われるようになりました。しかし、現状では「マタハラについて相談できる職場環境がない」などの理由から、「どういった事例がマタハラにあたるのか」、「マタハラに対しての対策はどのように立てればよいのか」がわからないという女性も多くいらっしゃるようです。

ここでは、マタハラの事例や、マタハラから身を守るためにとるべき対策をご紹介していきたいと思います。

合わせて読みたい

覚えておきたい産休前の職場で使える2つの挨拶
産休・育休は無事に赤ちゃんを出産して育てるために必要な制度です。その一方で、職場で働く上司、同僚、後輩に負担がかかってしまうのも事実です。そこで産休に入る前に、やっておきたい挨拶の仕方について説明していきます。挨拶の仕方を知っておくことで、将来的に復帰しやすい雰囲気や環境を作れるほか、自分の心配...
スポンサーリンク

マタニティハラスメントの事例

職場のいじめに合っている女性

【事例1】妊婦に対しての解雇を促す圧力

妊娠した場合、それまでと同様に仕事をこなすことは難しくなります。そのことについて企業側からプレッシャーをかけられたり、ストレートに「妊娠した場合、退職してもらう」などといわれたりする場合があります。これは、もっともわかりやすい「マタハラ」にあたる行為です。

このほかにも、「育休や産休を認めない」などの行為も、マタハラに当たります。こうしたマタハラ行為は、企業側の「離職を促す意思」の元に行われている場合が大半です。

【事例2】職場の不理解による、上司からの圧力

上司などから「妊婦だからといって特別扱いはしない」「妊婦だからといって甘えるな」などといわれ、定時に帰ったり、時短出社することを許されなかったりする場合があります。こうした行為も、妊婦に対するハラスメントに当たります。

【事例1】と似たようなパターンですが、こちらの場合は「離職を促す意思」というよりは、「職場の不理解」に原因があります。特に男性は妊娠や出産に対して理解が少なく、「妊娠や出産に伴う働き方の変化を認めない」という方も少なからずいらっしゃるようです。

【事例3】同僚からの悪口・いじめ

妊婦が育休や産休を取ると、その分の仕事は周囲の同僚が受け持つことになります。このことをよく思わない同僚が、妊婦の悪口をいったり、直接的ないじめを行ったりする場合があります。妊婦自身も、「周囲に対して迷惑をかけている」という引け目からいじめを受け入れてしまいがちですが、こうした行為もれっきとしたマタハラです。

同性からいじめを受ける場合もあり、特に、育休や産休が認められなかった上の世代の女性からいじめを受けるパターンが多いといわれています。こうしたいじめの背景には、世代間の格差があると考えられます。

【事例4】価値観の押し付け

妊婦が働く意志を表明しても、上司がそれを思いとどまらせようとすることがあります。例えば、「子育てをしながら働くのは大変だぞ」、「家庭に入って、子供のことを第一に考えるべきだ」というような言葉で、子育てに専念させようとしてくるパターンです。【事例3】と違い、発言者としては善意から発言しているつもりなのかもしれませんが、こうした発言も立派なマタハラにあたります。

こうしたパターンの背景にあるのは、「女性は家庭に入るもの」という「昭和的価値観」だと考えられます。そのため、このパターンのマタハラは、年配の上司から受ける可能性が高いといえます。

合わせて読みたい

いつからとれる?産休と育休の計算方法について
これから出産を控えている妊婦さんの関心ごととして「産休」や「育休」があるはずです。まだ1度も出産を経験されていない場合、この産休制度などがどのようなものかを分からないこともあるでしょう。そこで、産休と育休とは何かから始め、手当金の計算方法についてご説明したいと思います。そして、この制度について詳...

マタニティハラスメントの対策

ボイスレコーダー

【対策1】しかるべき場所に相談する

マタハラの対策として1番目に挙げられることは、「しかるべき相手に相談する」ということです。上司や同僚、あるいはそういった相談を専門に取り扱う部署に相談できれば一番ですが、多くの場合、なかなかそうした相談を行える相手がいないということが実情です。その場合は、法律事務所や厚生労働省などでもマタハラの相談を受け付けているため、そちらに相談してみましょう。

【対策2】証拠を集めておく

悪質な嫌がらせを受けている場合は、証拠を集めておくと良いでしょう。直接的な嫌がらせのメールや書類はもちろん、ボイスレコーダによる会話の録音も重要な証拠になります。こうした証拠があったほうが、法律相談所などに相談する際、スムーズに話が進みます。

【対策3】職場の理解が得られるよう、できれば職場全体でよく話し合う

育休や産休をとることは、妊婦の権利のひとつです。しかしその一方で、周囲の上司や同僚が、休暇中の仕事を受け持ってくれていることも事実です。そのため、不公平を感じたり、納得できなかったりする人がどうしても出てきてしまいます。

できれば、上司や同僚とよく話し合い、育休や産休に対する理解を得られるよう働きかけてみましょう。そこから発展して「お互いを助け合う環境づくり」ができれば、他の人も育休や産休を取りやすくなり、マタハラが発生する確率も減るはずです。

おわりに

マタハラの事例や、とるべき対策をご紹介しました。マタハラの大きな原因は、周囲の不理解や、それによって発生する悪意です。自分が行われているマタハラの原因を分析し、しかるべき対策を取れるようにしておきましょう。

ピックアップ

妊娠しやすい人、しにくい人の特徴
子どもが欲しいと思っても、なかなか恵まれないと悩む女性は多くいます。特に妊活中は、それがストレスとなり、かえって妊娠しにくい環境を作り出してしまうこともあります。すぐに妊娠の兆候が見られる人と、見られない人には、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい...
【男性編】夫の職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん、親戚や親しい友人など、報告すべき人たちはたくさんいますが、それぞれ報告すべきタイミングは違います。 親戚や親しい友人には、一般的に妊娠4か月後半から妊娠5か...
育児に専念!育児休業給付金の計算方法と条件
育児休業を考えているものの、その間の金銭面での不安から、なかなか踏み切れないという方もいらっしゃるかもしれません。確かに、育児休業の間は、企業から給与をもらうことができません。ですが、きちんとした手続きを踏めば、育児休業中に「育児休業給付金」が支給されることはご存知でしょうか。 ここでは、「育...
28歳。AB型。主婦。
主婦歴2年目に突入。最近実家に旦那と引っ越して、妊娠と出産に向けて本腰をいれて貯金と妊活を開始。妊娠するうえで大切な基礎体温から妊婦生活を送る上で気をつけるべきことなど、「生活」に関する記事の執筆を主に担当。
購読はいいねが便利です!
これってもしかして…?マタハラから身を守るための対策と事例
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

仕事の悩みについて・・・あわせて読みたい

妊活中に退職はアリ?ストレスで仕事を辞める4つのメリットデメリット
今の仕事内容、職場の環境が好きだからと言って、仕事でストレスを感じないという方はほとんどいないでしょう。仕事をしている限り、多少のストレスでも強く感じてしまいがちです。 では、妊活中でありながらストレスを受けてしまうような仕事を続けるべきでしょうか?結論から言うと、妊活中の方が仕事を続けていく...
【男性編】夫の職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん、親戚や親しい友人など、報告すべき人たちはたくさんいますが、それぞれ報告すべきタイミングは違います。 親戚や親しい友人には、一般的に妊娠4か月後半から妊娠5か...
覚えておきたい産休前の職場で使える2つの挨拶
産休・育休は無事に赤ちゃんを出産して育てるために必要な制度です。その一方で、職場で働く上司、同僚、後輩に負担がかかってしまうのも事実です。そこで産休に入る前に、やっておきたい挨拶の仕方について説明していきます。挨拶の仕方を知っておくことで、将来的に復帰しやすい雰囲気や環境を作れるほか、自分の心配...
いつからとれる?産休と育休の計算方法について
これから出産を控えている妊婦さんの関心ごととして「産休」や「育休」があるはずです。まだ1度も出産を経験されていない場合、この産休制度などがどのようなものかを分からないこともあるでしょう。そこで、産休と育休とは何かから始め、手当金の計算方法についてご説明したいと思います。そして、この制度について詳...
妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
出産には大きな費用がかかりますし、子供を育てていくには何かとお金が必要です。そのため、家計に少しでもプラスになるよう、妊娠中にも仕事がしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 しかし、中には妊娠中に向いていないお仕事もあるため、仕事選びには慎重になる必要があります。そこで今回は、妊婦さ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る