母子家庭で仕事を選ぶ時のポイント4つ 給料?子供?どっちが大事?

良ければシェアをお願いします。

母子家庭で仕事を選ぶ時のポイント4つ 給料?子供?どっちが大事?

母子家庭は増加傾向にあり、母子世帯の半数以上が貧困状態にあると言われています。母子家庭は、過去25年間で1.5倍に増加しており、年間の平均就労収入が181万円と、世帯収入としてみると高いとは言えないのが現状です。

子育ても重要ですが、生活していくためには働かなくてはいけません。特に、小さい子どもがいる母子家庭の場合は、子育てと仕事の両立に悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか。ここでは、子育てと仕事を両立させるために、母子家庭で仕事を選ぶときのポイントを4つご紹介しましょう。

スポンサーリンク

その1 現状の収入や将来にかかる出費など金銭的な現状を把握して、働きかたを考える

疑問

自分の置かれている状況を考えた時に「収入」と「時間」どちらを優先するか考えましょう。子どもの年齢や、周りのサポート状況によって変わってきます。

毎月どれくらいの支出があって、将来的にどれくらいの貯蓄が必要となるかなど金銭的な面を把握する必要があります。子どもの進学状況などにより、どのタイミングでどれくらいの出費があることを知っておくことが大切です。

月にいくら必要なのか、就業可能な時間、職種は何がよいのかなど、現状の状態を考えると、必要な働き方が見えてきます。

正社員として正規雇用で働く

雇用保険、健康保険などの保険が整っていること、毎月安定した収入を得ることができることが最大のメリットです。母子家庭の場合は、子どもとの生活を一人で支えていかなければいけないため、安定した収入は魅力的と言えるでしょう。

ただし、短時間勤務ができないことや職種によっては残業があるなど、長時間拘束され時間の制約がある場合は子どもを過ごす時間が少なくなってしまいます。

パートやアルバイトなど非正規雇用で働く

保険は勤務先によって異なりますが加入対象となることもあります。勤務時間は時短やシフト制など、自分の状況によって選択できるので子どもとの時間を優先できることがメリットです。しかし、勤務時間や日数が安定しないため、収入が安定しにくくダブルワークをしなくてはいけないこともあります。

置かれている状況によって選択できる働き方が変わってきますが、子どもが小さい頃はパートやアルバイトなどの非正規雇用で働き、成長したら正社員として正規雇用に移るなどその時の状況によって変えていく方法もあります。

合わせて読みたい

産後の仕事復帰はいつから?復帰する際の注意点はある?
産休を取得して出産をしたら、仕事に復帰することを考える方が多いでしょう。法律上は原則として産後8週間は、労務に就くことができません。本人が希望して医師も認めた場合には例外的にもっと早く復帰できますが、それでも産後6週間は休まなければなりません。これは健康と安全を考慮してのことです。 そして...

その2 できないことを決めておく

ねかしつけ

一家の大黒柱として収入を増やしたいですが、無理をしては意味がなくなってしまいます。最初に、できないことを決めておくと仕事を探しやすくなります。

子どもの預け先

子どもの年齢にもよりますが、保育園や幼稚園、土曜日や日曜日に働く場合など、一週間の何曜日、何時から何時まで子どもをサポートしてもらえるのかしっかりと把握しておきましょう

把握することで、仕事を探す時の目安にもなりますし、雇用条件と合わないのであれば、子どもを預かってくれる場所を最初に確保しておく必要が出てきます。また、子どもが風邪のときや、夏休みなどの長期休暇の際に預けられる場所があるかなども調べておきましょう。

地域によっては、ファミリーサポーターや保育ママなど急な場合に対応してくれる機関や、病気のときに預かってくれる病児保育施設もあるため、いざという時に対応できるようにしっかりと調べておく必要があります。

休日や出勤可能な時間帯を決めておく

休日や出勤可能な時間帯を決めておくことで、仕事を探す時に探しやすくなります。

その3 将来につながる仕事なのか、続けられそうかなど仕事について考える

パート

現状によっては、パートやアルバイトなどの非正規雇用で働くことしかできない場合もあるでしょう。しかし、母子家庭の場合、家庭を支えていかなくてはならないため、仕事はずっと続けていかなくてはなりません。将来的には、安定した一定の収入がある仕事に就きたいと考えるでしょう。

パートやアルバイトなどの非正規雇用の中にも、長く勤めて正社員になる人もいます。他にも、資格を取ると資格手当がつく仕事や、長く続けるとお給料が上がるなど、将来につながる仕事なのかどうかを考えながら、仕事を探すのも重要なポイントになります。

合わせて読みたい

待機児童解消加速化プランから読み取れる、今後の保活について
深刻な「待機児童問題」はこれから子供を産む女性、働くママとその家族にとって大きな不安材料です。そこで国や地域がどのような対策を打ち出しているのか、解決方法を探っていきます。ここではわが子を保育園に入園させるためにできる保活対策を考えてみましょう。 待機児童問題の背景と待機児童が多い原因 ...

その4 母子家庭向けの求職情報を使う

託児室

ハローワークの中にも、マザーズハローワーク・マザーズコーナーがあります。子育てをしながら就職を希望している人に向け、キッズコーナーの設置などを行い、子どもと一緒でも就職支援を受けやすいよう配慮されていることが特徴です。

また、担当者制による職業相談ができるため、現状に合った仕事探しを相談することができます。他にも、シングルマザー支援協会など母子家庭のお母さんが仕事を探しやすい機関が複数あるため、こうした場所を活用する方法もあります。

おわりに

母子家庭で仕事を選ぶポイントが給料なのか子どもなのかは、置かれている状況によって変わってきます。どちらを選ぶことにしても、子どものことを考えて選んでいることに違いはありません。しかし、無理をして決めてしまうとお母さんにも子どもにも負担になってしまいます。

収入を得るためには仕事をずっと続けていかなくてはなりません。どちらに重点を置くのかはポイントをチェックして、そのつど見直していきましょう。また、離婚された場合は子どもの父親と養育費などについてちゃんと話し合っておく必要があるでしょう。

ピックアップ

働く女性の味方、保活コンシェルジュとは?
今や「働くお母さん」は珍しい存在ではありません。働きながら子育てをしている女性は皆さんの周りにもたくさんいらっしゃると思います。そんな忙しいお母さんの救世主として登場したのが「保活コンシェルジュ」。保活コンシェルジュとは2013年に株式会社マザーネットによって誕生した新しいサービスです。しかし、...
ママが子育て中に感じる孤独感を解消する5つの方法
妊娠・出産、そして育児。子供と一緒に過ごす時間はママにとって幸せなひと時です。その反面、環境の変化により、自分だけが社会から孤立させられているような気持ちになってしまうこともあるようです。ママと赤ちゃんが二人で過ごす時間が長ければ長いほど孤独感や不安は大きくなり、苦しむ人が多くなると言われていま...
保育園・幼稚園・保育所・託児所の違い知ってますか?
新米ママさんは日々子育てにおいてさまざまな壁にぶつかると思いますが、中でも大きな壁は「保育園・幼稚園」選びでではないでしょうか。「保育園がいいのか、幼稚園がいいのか、でも保育所や託児所もある…」と頭を抱えているお母さんも多いはず。実際、それぞれの違いを正確に述べられるかと言われると難しいですよね...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
母子家庭で仕事を選ぶ時のポイント4つ 給料?子供?どっちが大事?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

仕事の悩みについて・・・あわせて読みたい

妊活中に退職はアリ?ストレスで仕事を辞める4つのメリットデメリット
今の仕事内容、職場の環境が好きだからと言って、仕事でストレスを感じないという方はほとんどいないでしょう。仕事をしている限り、多少のストレスでも強く感じてしまいがちです。 では、妊活中でありながらストレスを受けてしまうような仕事を続けるべきでしょうか?結論から言うと、妊活中の方が仕事を続けていく...
【男性編】夫の職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん、親戚や親しい友人など、報告すべき人たちはたくさんいますが、それぞれ報告すべきタイミングは違います。 親戚や親しい友人には、一般的に妊娠4か月後半から妊娠5か...
覚えておきたい産休前の職場で使える2つの挨拶
産休・育休は無事に赤ちゃんを出産して育てるために必要な制度です。その一方で、職場で働く上司、同僚、後輩に負担がかかってしまうのも事実です。そこで産休に入る前に、やっておきたい挨拶の仕方について説明していきます。挨拶の仕方を知っておくことで、将来的に復帰しやすい雰囲気や環境を作れるほか、自分の心配...
いつからとれる?産休と育休の計算方法について
これから出産を控えている妊婦さんの関心ごととして「産休」や「育休」があるはずです。まだ1度も出産を経験されていない場合、この産休制度などがどのようなものかを分からないこともあるでしょう。そこで、産休と育休とは何かから始め、手当金の計算方法についてご説明したいと思います。そして、この制度について詳...
妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
出産には大きな費用がかかりますし、子供を育てていくには何かとお金が必要です。そのため、家計に少しでもプラスになるよう、妊娠中にも仕事がしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 しかし、中には妊娠中に向いていないお仕事もあるため、仕事選びには慎重になる必要があります。そこで今回は、妊婦さ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る