産後の仕事復帰はいつから?復帰する際の注意点はある?

良ければシェアをお願いします。

通勤

産休を取得して出産をしたら、仕事に復帰することを考える方が多いでしょう。法律上は原則として産後8週間は、労務に就くことができません。本人が希望して医師も認めた場合には例外的にもっと早く復帰できますが、それでも産後6週間は休まなければなりません。これは健康と安全を考慮してのことです。

そして、法律上ギリギリの休暇だけで済ませる人もいれば、育児休暇を利用して復帰する人もいます。今回は産後に仕事復帰する際の注意点をみていきましょう。

スポンサーリンク

保育園に預け始めてすぐ復帰する場合の注意点

保育園

産後に職場復帰をするには、子どもの預け先を確保しなければなりません。スムーズに保育園への入園が決まれば、すぐにでも職場復帰をしようと考える人もいるでしょう。

しかし、保育園では、最初の1ヶ月くらいは預かる時間が短めになっていることがあります。お昼や午後の早い時間までで迎えに来て欲しいと言われることが多いです。

これは「ならし保育」と呼ばれていて、子どもを保育園に慣らすのが目的とされています。その期間を過ぎて子どもが保育園の生活に慣れてきたら、夕方くらいまで預かってもらうことが可能です。

預け先の保育園にならし保育があるかどうか確認した上で、仕事復帰の時期を決めるとよいでしょう。ならし保育があることを知らずに職場復帰を決めてしまうと、保育園からの呼び出しなどで職場の上司や同僚に迷惑をかけてしまうこともあるので注意が必要です。

合わせて読みたい

いつからとれる?産休と育休の計算方法について
これから出産を控えている妊婦さんの関心ごととして「産休」や「育休」があるはずです。まだ1度も出産を経験されていない場合、この産休制度などがどのようなものかを分からないこともあるでしょう。そこで、産休と育休とは何かから始め、手当金の計算方法についてご説明したいと思います。そして、この制度について詳...

育児休業や時短制度を利用する

時間

法律上は産休の他に育児休業も取得可能です。育児休業は子どもが1歳になるまで取得できるため、産休後にすぐに復帰する場合と比べて、少しだけ時間の余裕ができるでしょう。

預け先の保育園が見つからないなど特別な事情があれば、半年間育児休業を延長することも可能です。育児休業期間中は育児休業給付の支給を受けることができるため、経済的にも助かるでしょう。

また、子どもが3歳になるまでは時短制度を利用することができます。時短制度とは勤務時間を1日6時間程度に短縮してもらえる制度です。

ただし、給料はその分に応じて減ってしまいます。このことを念頭に置いておいた上で、利用するかしないかを決める必要があります。利用を希望する場合には、なるべく早い段階で上司に伝えておきましょう。

子どもが体調を崩したときのことを想定しておく

熱

小さい子どもはよく体調を崩します。保育園では他のお子さんと一緒に過ごすことになるため、風邪などが移ってしまうことも少なくありません。

子どもが体調を崩してしまった場合には、保育園から連絡が来てすぐに迎えに来るように言われます。その際には、両親のどちらかが仕事を早退することになるでしょう。突然そのようなことになると、職場の方々に残った仕事のカバーをしてもらうため負担をかけてしまうこともあります。

そのため、子どもが体調を崩すことを想定して仕事をすることが大切です。上司や同僚などにも呼び出しがあった場合はすぐに早退したい旨をあらかじめ話しておきましょう。負担をかけてしまうことには変わりありませんが、あらかじめ知らせておくことでスケジュール管理などもしやすくなります。何事もなく勤務できているときには、挽回するつもりで仕事に精を出すことも大切です。

また、旦那さんやご両親(子どもにとっての祖父母)などの協力を仰げないかどうかも、あらかじめ相談しておきましょう。

復帰の際のあいさつも大切!

挨拶

職場復帰をする際には、復帰日の少し前に職場にあいさつをしに行きましょう。特に産休だけでなく育児休業も取得した場合には、かなり長期間職場に顔を出していないことになります。

事前のあいさつを省いて仕事復帰の初日に簡単にあいさつをしただけで済ませると、上司や同僚からの印象が悪くなってしまうこともあるため注意しましょう。

事前のあいさつに行く際には、お菓子などを持って行くと印象が良くなります。職場の人数分いきわたるように用意しましょう。規模の大きな会社の場合は、所属部署やお世話になっている部署の人の分だけでも問題ありません。

服装はラフな格好は避けた方が無難です。スーツが望ましいでしょう。上司や同僚に感謝の言葉を伝え、仕事復帰後も子どもの体調不良時などに迷惑をかける可能性があることを伝えておくことが大切です。

合わせて読みたい

退職後でも出産手当金は貰える?申請方法と計算方法のまとめ
健康保険の保障の一つに「出産手当金」があります。これは、健康保険の被保険者が出産のために仕事を休み、その期間給料を受け取ることができないときに受給できる手当です。 ここだけ見ると再度職場復帰しなければならないように感じますが、実際は、出産を機に職場を退職し、育児に専念する人も必要な条件を満たせ...

職場の状況をあらかじめ確認しておく

人事移動

産休だけ取ってすぐ職場復帰する場合には、職場の状況は産休に入る前とほとんど変わらないことが多いです。しかし、念のため、以前と変わったことがないかどうか上司に確認をしておくことが望ましいでしょう。

産休に加えて育休も取得した場合には、以前とだいぶ変わっていることも少なくありません。人事異動などで、初めて顔を合わせる人がいる場合もあります。そのため、育休も取得した場合には、職場の状況の確認を十分に行いましょう。

おわりに

基本的には、子どもを預ける保育園が見つかって、少し落ち着いてから仕事復帰することになると思います。育休を取得できる期間は子どもが1歳になるまでということもあり、出産から1年以内に復帰する人が多くなっています。

育休を目一杯取得するのであれば1年間職場を離れることになりますので長く休んだ分、復帰の際には、職場の状況確認やあいさつなどをしっかりやっておきましょう。

また、育児休業や時短制度は、職場によっては法律で定めてある期間よりも長く取得できるところもあります。自分の勤め先がどういった福利厚生制度をとっているか、しっかり確認しておくことも大切です。

ピックアップ

これってもしかして…?マタハラから身を守るための対策と事例
企業が妊婦に対して、精神的、および肉体的苦痛を与えることを、マタニティ・ハラスメント(マタハラ)と呼びます。2014年に、最高裁判所が「妊娠による降格は、男女雇用機会均等法に違反している」という判決を下してから、マタハラは、パワハラやセクハラと並ぶ問題として取り扱われるようになりました。しかし、...
育児に専念!育児休業給付金の計算方法と条件
育児休業を考えているものの、その間の金銭面での不安から、なかなか踏み切れないという方もいらっしゃるかもしれません。確かに、育児休業の間は、企業から給与をもらうことができません。ですが、きちんとした手続きを踏めば、育児休業中に「育児休業給付金」が支給されることはご存知でしょうか。 ここでは、「育...
覚えておきたい産休前の職場で使える2つの挨拶
産休・育休は無事に赤ちゃんを出産して育てるために必要な制度です。その一方で、職場で働く上司、同僚、後輩に負担がかかってしまうのも事実です。そこで産休に入る前に、やっておきたい挨拶の仕方について説明していきます。挨拶の仕方を知っておくことで、将来的に復帰しやすい雰囲気や環境を作れるほか、自分の心配...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産後の仕事復帰はいつから?復帰する際の注意点はある?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る