悪魔の3歳!?加速する3歳児のイヤイヤとは

良ければシェアをお願いします。

寝る子ども

子どもは、2歳から4歳にかけての成長が著しいと言われています。特に3歳で目立つのが、イヤイヤ期です。「買ってくれないとイヤ!」、「持たせてくれないとイヤ!」など、自分の思い通りにならないと気が済まないのが、3歳児の特徴です。イヤイヤ期は2歳から始まって、4歳ごろになると落ち着きます。2歳のときよりも口が達者で、4歳よりも聞き分けがないので、「悪魔の3歳」とも呼ばれています。今回は、加速する3歳児のイヤイヤについてご紹介します。

スポンサーリンク

どうしてイヤイヤになるの?

喧嘩するこども

3歳児は言葉を覚えて感受性が豊かになるので、誰かと話すことに楽しみを覚えます。自分の意思を伝えられるから、自然と話上手になります。しかし、相手を思いやる気持ちを知らないため、欲求をそのまま口に出してしまうことも。また、3歳児は自分の力でできることが増えます。自分一人で着替えられるだけではなく、体力がついて力強くなります。2歳のときとは異なり、無理に抱っこして連れていくことは難しいでしょう。

やって良いことと悪いことの区別がつかず、公共の場で泣きわめいたり、親と口げんかしたりします。また、近所の人にに「ママはいつも欲しいものを買ってくれない」など、告げ口をすることもあります。

イヤイヤの種類とは

ぬいぐるみ

子どもの気持ちは複雑で、親を困らせたくてイヤイヤ言っているのではありません。「うまく伝えられない」という、もどかしい気持ちが表れている時期なのです。また、「指示されるのがイヤ!」といった、反発する気持ちを表している子どももいます。自分で考えて行動できるようになった喜びもあるので、やりたいことができなくて不満を感じてしまいます。逆に、「やりたくない」という気持ちでイヤイヤになることもあります。

挑戦したい前向きなイヤイヤだけではなく、嫌なことを避けたい後ろ向きな意味のイヤイヤの両方が存在することを覚えておきましょう。そのほか、「できないけどやりたい」、「まだまだ甘えたい」、「眠いからイヤ」、「お腹空いたからイヤ」など、さまざまな気持ちを表現しています。

合わせて読みたい

子供の急な発熱にびっくり!基礎知識と4つの対処法
小さな子どもの場合、さっきまで外で元気で遊んでいたと思ったら、急に発熱することがあります。そんな時にすぐに病院に連れていったほうが良いのか、薬を飲ませたほうが良いのか、食事は食べさせた方が良いのかなど、いろいろと判断に迷うことがあります。大事なことは、子供の急な発熱の原因を知っておくことです。そ...

イヤイヤ期との向き合い方

成長する子ども

子どもの自由な行動で、計画通りに動けないときもあります。なかなか思い通りにいかず、イライラしてしまう人もいるかと思われます。大切なのは、「イヤイヤ期と向き合えるのは、このときだけ」と理解することです。イヤイヤ期は子どもの成長過程であり、今しかない楽しみでもあります。どんなに聞き分けが悪くても、時間が解決してくれます。子どもの行動にイライラしてしまっても、罪悪感を持たずに受け止めることが大切です。

分かっていてもイライラしてしまう保護者のかたは、時間に余裕を持つことで解決する場合もあります。時間に追われると、ちょっとしたきっかけでストレスを感じてしまいます。また、イヤイヤが発生することをある程度想定して行動をすると、何かあったときにも冷静に対応できることもあります。生活環境を見直すことで、加速する3歳児のイヤイヤにも、心に余裕を持って向き合えるのでないでしょうか。

周囲からのサポートに頼る

たくさんの子ども

時間に余裕を持った行動をしたいけれども、毎日が忙しくてなかなかできない人もいるかと思います。そんなときは、周囲からの手助けに目を向けてみるのも大切です。人の手を借りることで、子どももたくさんの人たちと出会うことができます。例えば、一時保育を利用すると、数時間子どもと離れる時間ができて、親のイライラが少しは解消されることでしょう。

忙しい中で子どものイヤイヤにストレスを感じてしまう人は、一時保育に預けることで悩みが解消される場合もあるため、利用をぜひ検討してみてください。ママ友を通じて、子ども同士で遊ばせるのも効果があります。ママ友同士でイヤイヤ期の大変さを共感できるだけではなく、子どもたちにも幼なじみができます。さらに、休日にパパと遊ぶ時間があると、イヤイヤも収まる場合もあるようです。

自分一人で抱え込んでしまいそうになったら、誰かの手助けを求めることも必要です。周囲からのサポートに頼るほうが、子どもの成長にも良いとされています。

合わせて読みたい

乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。 ...

イヤイヤ期の注意点

傷つく心

厳しいしつけも大切ですが、3歳はとても感受性が豊かな年頃です。特にイヤイヤ期では、突き放す言い方をすると、子どもの心がひどく傷ついてしまいます。「ママ、もう知らないわよ!」「いいかげんにしなさい!」と言われると、子どもはどうしていいか分からなくなります。また、この年頃は冗談が通じないので、脅すような言葉にも気を付けることが大切です。

「言うこと聞かないと、おやつ食べさせないから」、「そんな自分勝手な子は、うちには要りません」、「よその子にするよ?」など、ついカッとなって言ってしまう人もいらっしゃると思いますが、言葉に出してしまう前に深呼吸などをして冷静になりましょう。正しいことを教えるために、時には怒ることも必要です。しかし、あまりに言い過ぎてしまうと、子どもは怖くて自己表現ができなくなります。感情的にならずに、子どもとしっかり向き合うことが大切です。

おわりに

今回は、イヤイヤになる理由や原因、向き合い方についてご紹介しました。将来を心配して、一つひとつの行動に目くじらを立てるときがあるかもしれません。

しかし、「悪魔の3歳」と呼ばれるイヤイヤ期は、もどかしい気持ちの表れです。そういうものと割り切って、今しかない子どもの成長を楽しむほうがイライラしなくなるのではないでしょうか。周囲からのサポートもうまく取り入れて、3歳の反抗期を乗り切りましょう。

ピックアップ

共働きの旦那さん必見!上手な家事分担のコツ
共働きの家庭というのは年々増加傾向にあり、2016年7月12日の厚生労働省の発表によると、2008年に1,000万世帯を超えて以降、現在もさらに増え続けているとのことです。この背景には女性の社会進出や不景気という社会情勢があり、これからも増加し続けることでしょう。 そこで問題になるのが家庭内に...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...

https://tamagoo.jp/childcare/nursery-school-kindergarten-nursery-difference/

購読はいいねが便利です!
悪魔の3歳!?加速する3歳児のイヤイヤとは
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

3歳~6歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る