共働きママが2人目を妊娠することのメリット・デメリット

スポンサーリンク

共働きママが二人目を妊娠することのメリット・デメリット

子育ては大変なこともありますが、楽しいものですよね。1人目の育児が落ち着いてきた頃、2人目が欲しいと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、2人目が欲しいと思っていても、経済的な事情や子育てへの不安などからちゅうちょしている場合も少なくないでしょう。さらに夫婦共働きの場合は、保育園の問題、会社での育休、産休問題など抱える問題も多く、2人目を妊娠するタイミングも重要になります。

「仕事も続けたいけど、2人目も欲しい!」と考える共働きママが、2人目を妊娠することのメリット・デメリットにはどのような点があるのでしょうか。ここではそのメリット・デメリットをご紹介いたします。

共働きでも2人目を妊娠したい~メリット

姉

仕事と子育ての両立と考えると大変そうですが、2人目の子どもができたからこそのメリットもあります。

1.子ども同士のコミュニケーションが増え、自然に手がかからなくなる

2人目が生まれるということは、兄弟または、姉妹ができるということです。喧嘩をしたり、勉強を教えあったり、助け合ったり、子ども同士のコミュニケーションができることで、相手に気を配れるようになります

その中で、協調性や思いやりの気持ちが芽生え、責任感を持てるようになると、ママの手助けも自然とできるようになっていきます。

2.児童手当などの給付金が増える

子どもが2人ということは児童手当などの公的給付金も2倍になります。ただし、住んでいる自治体によっては世帯の所得制限限度額を適用しているところが多いようです。

3.1人目で育児に慣れているため余裕を持てる

1人目の育児のときははじめてのことだらけで、大変なことも多かったのではないでしょうか。パパもママも、1人目の育児を経験しているため、2人目の子育ての方が、はじめてのことも少なくなるので、余裕を持つことができます。

合わせて読みたい

共働きの旦那さん必見!上手な家事分担のコツ
共働きの旦那さん必見!上手な家事分担のコツ
共働きの家庭というのは年々増加傾向にあり、2016年7月12日の厚生労働省の発表によると、2008年に1,000万世帯を超えて以降、現在...

共働きでも2人目を妊娠したい~デメリット

泣く子

メリットがあることは分かりましたが、もちろんメリットがあればデメリットもあります。デメリットは、考え方や先に対処法を考えることでメリットに変わることもあるため、デメリットを知ることは非常に大切です。

1.教育費がかかる

子どもを1人育てるのに、大学まで行かせること考えると何千万というお金がかかる、という話を聞きます。こう言った話を聞くと、1人は大丈夫でも、2人目は無理となってしまいます。

2.仕事での育休・産休問題

1人目の出産で育休・産休を取っていると、もう一度取りにくいと考える人も多いはずです。また、仕事でのキャリアやダウンや簡単に復帰できなくなるのでは、など悩みも増えるでしょう。

3.子どもの保育園問題

2人目と同じ保育園に通えることになればよいのですが、空きがない場合や年齢差によっては同じ保育園に通えない場合があります。

そうなると、別々の保育園になってしまうので、送り迎えやイベントの日程などが重なってしまうなどの問題が起こることが考えられます。

合わせて読みたい

2人目妊娠のベストタイミングはいつ?
2人目妊娠のベストタイミングはいつ?
1人目の赤ちゃんが生まれて落ち着いてくる頃に、2人目をどうするか話し合うご夫婦が多いようです。また、今まさに妊活中という方も、ご自身...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
共働きママが2人目を妊娠することのメリット・デメリット
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る