毎日のケアが大切!赤ちゃんのスキンケア基礎知識

良ければシェアをお願いします。

触られている赤ちゃん

赤ちゃんの肌はモチモチプルプルで、大人には羨ましい限りですよね。そこでつい、「スキンケアなんてしなくても大丈夫」「むしろ余計なものは使わないほうがいいんじゃない?」などと思ってしまいがちです。

ところが、実際は、赤ちゃんは大人よりずっと肌がデリケートなので、しっかりとスキンケアをしてあげる必要があります。そこで今回は、赤ちゃんのスキンケア基礎知識をご紹介いたします。

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌の特徴

手を握る赤ちゃん

【赤ちゃんも肌トラブルがある?】

赤ちゃんの肌は大人の肌よりもずっと薄く皮膚から水分が逃げやすいため、とても乾燥しやすくなっています。また、外部の侵入を防ぐバリア機能も未発達で、紫外線や汗や埃の影響を受けやすいです

そのため、顔に湿疹ができたり、あせもがなかなか治らなかったり、お尻がオムツに被れてしまったりなど、実は肌トラブルがたえません。ママがしっかりスキンケアをして水分や油分を補ってあげることが必要です。

【三歳までで肌質が決まる?】

三歳までに、肌の土台が作られ、将来の肌質が決まると言われています。つまり、三歳までしっかりスキンケアをしておけば、肌トラブルがない健やかな状態をキープする力がつき、生涯の美肌につながるそうです

合わせて読みたい

赤ちゃんのお風呂はいつから?これでパパも完璧3つのコツ
赤ちゃんを出産してからはじめて自分で赤ちゃんをお風呂に入れる際、ママもパパも上手に入れられるか心配になりますよね。沐浴時は、赤ちゃんと一緒にお風呂に入るようになるまでの練習期間だと思って、しっかりとした準備やポイントをおさえるようにすることで、沐浴卒業後スムーズに入れられるようになります。 そ...

赤ちゃんのスキンケア

クリームをぬる赤ちゃん

【成長に合わせてケアの仕方が変わる?】

《生後一ヶ月まで》

生後1か月までの赤ちゃんは、男性ホルモンをたくさん分泌します。特に男の子はこの時期でも男性ホルモンの分泌が活発で、頭皮やおでこにニキビができやすいです。そのため、生後1か月の間は「しっかりと洗うこと」を心がけましょう。赤ちゃんはつい全身をボディーソープで洗ってしまいがちですが、皮脂が詰まりやすい頭皮やおでこはシャンプーで洗いましょう。ただし、使用するシャンプーは皮膚本来の機能を高める弱酸性で、低刺激のものを選んでください。

また、上で述べたような「乾燥しやすく、バリア機能が未発達」の特徴は2ヶ月目以降の赤ちゃんと変わらないので、保湿もしっかりとしてあげてくださいね。

《生後2ヶ月から》

生後2カ月目に入ると、男性ホルモンはほとんど分泌されなくなります。「保湿」を強く意識して赤ちゃんのスキンケアをしてあげてください。特に、秋生まれの子は、空気が乾燥した秋冬が新生児期に当たるので、特に注意が必要です。

3カ月目以降からは、食事が離乳食に切り変わり、ヨダレや食べこぼしで口周りが荒れやすくなります。柔らかい素材の濡れタオルでキレイにした後、必ずワセリンなどの保湿クリームを塗りましょう。

【赤ちゃんのスキンケアは3ステップ!】

赤ちゃんのスキンケアはむずかしいことではありません。ごくシンプルに、下記の3つのステップを意識してください。

  • キレイに洗って、肌を清潔に保つ
  • 乾燥を防ぐため、しっかり保湿する
  • 肌への刺激を最小限に抑えるため、こまめにケアする

合わせて読みたい

赤ちゃんの五感を刺激するベビーマッサージの効果とは
初めての赤ちゃんと、たくさんスキンシップを取りたいと思う人は多いでしょう。ただ、繊細な赤ちゃんとどのように接するのが正解であるのか、わからないという人も多いと思います。赤ちゃんとは言葉でのコミュニケーションが図れないからこそ、体で触れ合うことが最も大切になります。今回は、赤ちゃんの五感を刺激する...

《1.キレイに洗って、肌を清潔に保つ》

赤ちゃんのお肌はとても傷つきやすいです。体を洗うときは、けっしてスポンジでゴシゴシ擦らず、手やガーゼを使ってたっぷりの泡で優しく洗ってあげるだけで十分です。特に、首・わき・手足のくびれ・股・お尻は、汚れや汗がたまりやすく洗い残しやすいので、気をつけてください。必ず頭→体の順番で洗いましょう。体から洗うと、頭をすすいだ時に頭皮の汚れが体に残ってしまいます。上から下へ洗うことを意識してください。

特に夏場の赤ちゃんは大量に汗をかきます。そのままにしておくとあせもやかぶれの原因にもなりかねません。汗をかいたらシャワーでさっと流したり、絞ったタオルでやさしく拭いたりしてあげましょう。そして、肌をいつも清潔に保つよう心がけるようにしてください。ただし、肌が乾燥しないよう、シャンプーやボディーソープの使用は入浴時1日1回のみにしましょう。

《2. 乾燥を防ぐため、しっかり保湿する》

洗ったり拭いたりして清潔したら、なるべく時間をあけずに保湿をするのがポイントです。一番忘れがちなのが、朝起きた時や食事の後の保湿です。柔らかい素材の布で口や顔の周りを拭いた後、クリームを塗って保湿をしてください。

オムツ替えの後は、毎回必ずお尻を保湿するようにしましょう。外出先や急いでいて手間を省きたいときは、キレイにした後にお尻拭きにクリームをつけて、塗ってあげるのがおすすめです。オムツで蒸れないようにと、お尻を乾かし過ぎてしまうママさんが多いですが、しっかり拭いた後はたっぷりのクリームで保湿をすることがツルツルのお尻を保つコツです。

《3.肌への刺激を最小限に抑えるため、こまめにケアする》

汗・よだれ・埃・蒸れなどは、バリア機能が未発達の赤ちゃんの肌に強い刺激を与えます。可能な限りこまめに、濡れタオルで拭いたり、オムツや衣服を交換したりして刺激を取り除いてあげましょう。替えの衣服やタオルが大量に必要になり、洗濯なども大変になりますが、この一手間で皮膚科通いが必要となる湿疹やかぶれを予防してくれるはずです。

おわりに

忙しい毎日の中で、こまめにスキンケアをするのは、かなり根気が必要だと思います。ですが、ママの一手間が、お子さんに一生ものの美肌を授けます。成長したお子さんへのプレゼントだと思って頑張りましょう。また、ママが毎日たくさん優しくさわってあげることで、ママと赤ちゃんのスキンシップにもなって、ますます我が子が愛おしくなってきますよ!

ピックアップ

ベビーバスはいつまで?おすすめのベビーバス4選
出産前に用意しておきたいアイテムの1つ、ベビーバス。昔はお風呂場に小さな赤ちゃん用のベビーバスを置くという選択肢しかありませんでしたが、現在ではお風呂場以外にも場所を選んで赤ちゃんをお風呂に入れることができる商品が豊富にあります。たくさんあって選ぶのに迷ってしまう方のために、今回はベビーバスを選...
どっちがいいの?紙おむつと布おむつの違いについて
大昔からおむつは出産前に手縫いで作り使用されてきましたが、現在ではおむつの形も進化し、紙おむつが主流となりました。そのことからも紙おむつを使用するママが圧倒的な数を占めるようになりましたが、なかには布おむつを使用されるママもいらっしゃいます。では、布おむつを使用されている方は何が良くて使用し...
【レシピ付き】赤ちゃんが喜ぶ美味しい離乳食メニュー
離乳食は、赤ちゃんの食事をミルクから、私たちが普段口にしているような一般的な食べ物へと切り替えるための、いわば「つなぎ」の役割を果たす食事です。赤ちゃんごとに差はありますが、大体生後5ヶ月辺りから離乳食を与える期間(離乳期)に入り、1歳半くらいまでには完了するといわれています。 しかし、ひとく...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
毎日のケアが大切!赤ちゃんのスキンケア基礎知識
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る