良ければシェアをお願いします。

毎日のケアが大切!赤ちゃんのスキンケア基礎知識

良ければシェアをお願いします。

触られている赤ちゃん

赤ちゃんの肌はモチモチプルプルで、大人には羨ましい限りですよね。そこでつい、「スキンケアなんてしなくても大丈夫」「むしろ余計なものは使わないほうがいいんじゃない?」などと思ってしまいがちです。

ところが、実際は、赤ちゃんは大人よりずっと肌がデリケートなので、しっかりとスキンケアをしてあげる必要があります。そこで今回は、赤ちゃんのスキンケア基礎知識をご紹介いたします。

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌の特徴

手を握る赤ちゃん

【赤ちゃんも肌トラブルがある?】

赤ちゃんの肌は大人の肌よりもずっと薄く皮膚から水分が逃げやすいため、とても乾燥しやすくなっています。また、外部の侵入を防ぐバリア機能も未発達で、紫外線や汗や埃の影響を受けやすいです

そのため、顔に湿疹ができたり、あせもがなかなか治らなかったり、お尻がオムツに被れてしまったりなど、実は肌トラブルがたえません。ママがしっかりスキンケアをして水分や油分を補ってあげることが必要です。

【三歳までで肌質が決まる?】

三歳までに、肌の土台が作られ、将来の肌質が決まると言われています。つまり、三歳までしっかりスキンケアをしておけば、肌トラブルがない健やかな状態をキープする力がつき、生涯の美肌につながるそうです

合わせて読みたい

赤ちゃんのお風呂はいつから?これでパパも完璧3つのコツ
赤ちゃんを出産してからはじめて自分で赤ちゃんをお風呂に入れる際、ママもパパも上手に入れられるか心配になりますよね。沐浴時は、赤ちゃんと一緒にお風呂に入るようになるまでの練習期間だと思って、しっかりとした準備やポイントをおさえるようにすることで、沐浴卒業後スムーズに入れられるようになります。 そ...

赤ちゃんのスキンケア

クリームをぬる赤ちゃん

【成長に合わせてケアの仕方が変わる?】

《生後一ヶ月まで》

生後1か月までの赤ちゃんは、男性ホルモンをたくさん分泌します。特に男の子はこの時期でも男性ホルモンの分泌が活発で、頭皮やおでこにニキビができやすいです。そのため、生後1か月の間は「しっかりと洗うこと」を心がけましょう。赤ちゃんはつい全身をボディーソープで洗ってしまいがちですが、皮脂が詰まりやすい頭皮やおでこはシャンプーで洗いましょう。ただし、使用するシャンプーは皮膚本来の機能を高める弱酸性で、低刺激のものを選んでください。

また、上で述べたような「乾燥しやすく、バリア機能が未発達」の特徴は2ヶ月目以降の赤ちゃんと変わらないので、保湿もしっかりとしてあげてくださいね。

《生後2ヶ月から》

生後2カ月目に入ると、男性ホルモンはほとんど分泌されなくなります。「保湿」を強く意識して赤ちゃんのスキンケアをしてあげてください。特に、秋生まれの子は、空気が乾燥した秋冬が新生児期に当たるので、特に注意が必要です。

3カ月目以降からは、食事が離乳食に切り変わり、ヨダレや食べこぼしで口周りが荒れやすくなります。柔らかい素材の濡れタオルでキレイにした後、必ずワセリンなどの保湿クリームを塗りましょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんの五感を刺激するベビーマッサージの効果とは
初めての赤ちゃんと、たくさんスキンシップを取りたいと思う人は多いでしょう。ただ、繊細な赤ちゃんとどのように接するのが正解であるのか、わからないという人も多いと思います。赤ちゃんとは言葉でのコミュニケーションが図れないからこそ、体で触れ合うことが最も大切になります。今回は、赤ちゃんの五感を刺激する...
みき。O型。犬五匹とオウムと生活。 今まで特に妊娠・出産に興味はなかったが、たまGOO!の担当になってから妊活に興味を持ち、本格的に検討中。「子育て」「ペット」に関する記事の執筆を主に担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
毎日のケアが大切!赤ちゃんのスキンケア基礎知識
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る