おんぶ紐はメリットがいっぱい!おすすめ商品と選び方

良ければシェアをお願いします。

おんぶ紐

ママになる方にとって必需品になる抱っこ・おんぶ紐。赤ちゃんの寝かしつけから外出時、家事を行う時など昔から重宝されてきました。できれば、出産前に準備しておきたいものの1つですよね。しかし、種類が豊富にあることからどれを選べばよいのか悩んでしまう方は多くいらっしゃいます。ここでは、そういったことから抱っこ・おんぶ紐の選び方とおすすめの商品についてご紹介します。

スポンサーリンク

抱っこ・おんぶ紐のタイプ

赤ちゃんの重さ

現在の抱っこ・おんぶ紐のタイプでは大きく二つに分けることができます。どちらも新生児から使用が可能ですが、赤ちゃんの抱き方からその作りまで異なります。

キャリー(縦抱き・横抱き・腰抱き・おんぶ・多機能タイプ)

しっかりとした作りが特徴なため、肩こりなど体への負担を軽減することができ、両手が自由になるので赤ちゃんを抱っこ・おんぶしたままでも家事などが行えます。縦抱きから横抱き、腰抱き、おんぶができるタイプのものまであり、多機能タイプのものでは、縦抱き・横抱き・腰抱き・おんぶなどの全てができるものもあります。しかし、しっかりとした作りが特徴なため、装着が難しかったり携帯には向いていなかったりするものが多いです。

スリング(横抱き・腰抱き・おんぶタイプ)

布製のものが多いため、装着が手軽に行えて携帯がしやすいです。片側の肩から吊るすような形で赤ちゃんを包み込むので、赤ちゃんと密着しやすく、安心感が得られるのが特徴です。しかし、肩への負担が大きく、抱き方によっては両手が自由になりません。

月齢別 抱っこ・おんぶ紐 抱き方スタイル

電車の中でおんぶ紐を使う赤ちゃん

横抱きスタイル(新生児~)

赤ちゃんを寝かせたままの状態で抱っこできる新生児向けの抱き方です。

対面抱っこスタイル(新生児・生後4ヶ月~)

新生児から使用できる抱っこ紐の中で対面抱っこスタイルのもありますが、基本的には首が座った頃に向いている抱き方です。赤ちゃんの表情がしっかりと見えるのが特徴の抱き方です。

前向きだっこスタイル(生後4ヶ月~)

首がすわりだして、周りにも興味を持つ好奇心旺盛な時期におすすめの抱き方です。赤ちゃんの視野が広くなり、ママと同じ目線となります。

おんぶスタイル(生後4・5ヶ月~)

家事を行う際や、寝かしつけの際におすすめの抱き方です。

腰抱きスタイル(生後6・7ヶ月~)

腰がすわりだす生後6・7ヶ月頃におすすめです。ママの腰骨に座らせるような形となるので安定感があり、赤ちゃんの表情が分かり、視野も広がる抱き方です。

合わせて読みたい

妊娠初期の飛行機は影響がある?乗る前に知っておきたい3つのこと
妊娠初期は最も流産しやすい時期のため、飛行機でなくても長時間の移動は避けた方が良いと言われています。しかし、妊娠しても帰省や旅行、仕事などの都合でどうしても飛行機に乗らなければならない時があります。 そんな時に気になるのが赤ちゃんとママの体調への影響です。飛行機に乗ることでどんなリスクがあるの...

抱っこ・おんぶ紐の選び方のポイント

おんぶひもを使うパパ

豊富にある種類の中から選ぶためのポイントをご紹介します。

生活スタイルに合ったもの

毎日の生活のなかで、どのような時に抱っこ・おんぶ紐を活用するかを考え、その生活スタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。
例えば、パパも装着する場合は、パパでも着脱可能なサイズのものかどうか、外出が多い場合は着脱が楽かどうか、家事を行う際に活用することが多いようなら、両手がしっかりと空くキャリータイプのもので体への負担が軽いものにするなどを念頭に選ぶようにしましょう。

いつから使うか

新生児から抱っこ紐を使用する場合は、新生児から使用できるタイプの抱っこ紐を選ぶようにしましょう。生後2ヶ月ほどは、定期健診や急な病気以外ではあまり外出はさせませんので、迷っている場合は、出産前に新生児用の抱っこ紐を購入せず、出産後必要であれば購入するようにしましょう。主に新生児の頃はスリングを活用する方が多くいらっしゃいます。

疲れにくいもの

赤ちゃんがまだ小さいころは、体重もそこまで重くはないためスリングで十分かとは思いますが、大きくなるにつれて長時間の抱っこやおんぶは体に必ず負担をかけます。外出が多くなる時期に着けるものは、なるべく体に負担がかからず疲れにくいタイプの抱っこ・おんぶ紐を活用すると良いでしょう。

着けやすいもの

抱っこ・おんぶ紐は赤ちゃんにとって着け心地が大事ですが、装着する際のしやすさも重要なポイントとなります。赤ちゃんの寝かしつけなどで、すぐに着けられるものや、赤ちゃんが寝て抱っこ紐からはずす際もスムーズに外すことのできるものを選ぶと良いでしょう。必ず抱っこ・おんぶ紐を購入する際は試しに着けてみるようにしてください。

コンパクトなもの

外出することが多く、外出先で使用することが多い場合は、小さくたためて鞄やバッグに保管ができ、かさばらないタイプの抱っこ・おんぶ紐などがおすすめです。

赤ちゃんにとって着け心地が良いもの

赤ちゃんを実際に抱っこ・おんぶ紐で装着した場合、赤ちゃんが窮屈でないかを確認し、すわり心地が良いかどうかを確認する必要があります。また、夏に抱っこ・おんぶ紐を使用する場合、ママと赤ちゃんが密着するので熱を発しやすく、汗をかきやすくなります。そのため、抱っこ・おんぶ紐の熱を逃がすためにも通気性が優れたものや洗濯が可能なものを選ぶと良いでしょう。

合わせて読みたい

【レシピ付き】赤ちゃんが喜ぶ美味しい離乳食メニュー
離乳食は、赤ちゃんの食事をミルクから、私たちが普段口にしているような一般的な食べ物へと切り替えるための、いわば「つなぎ」の役割を果たす食事です。赤ちゃんごとに差はありますが、大体生後5ヶ月辺りから離乳食を与える期間(離乳期)に入り、1歳半くらいまでには完了するといわれています。 しかし、ひとく...

おすすめの抱っこ・おんぶ紐ブランド

選ぶポイント

エルゴベビー(ergobaby)

抱っこ・おんぶ紐の王道といわれるエルゴベビーですが、従来の抱っこ・おんぶ紐と比較して腰にベルトがついているため、肩への負担が軽減されており、体への負担が少ない作りとなったものが特徴となっています。腰のベルトは長さの調節も可能なため、パパでも使用が可能です。

そのほかの性能では、赤ちゃんを座らせたときに理想的とされる開脚姿勢となる立体設計になっています。また、日除けのスリーピングフードやジッパー付きのポケットが付いています。新生児からも使用可能な抱っこ・おんぶ紐もありますが、首がすわった頃に使用する抱っこ・おんぶ紐でも、インファントインサートを使用すれば新生児からでも使用が可能です。

ベビービョルン

ベビービョルンは、小児科医と協力して開発された新生児から使用可能な抱っこ・おんぶ紐で、縦抱きが特徴ですが、新生児の頭をしっかりとサポートし、まっすぐな姿勢を保たせ呼吸を妨げない作りとなっています。また、横抱き・前向き抱っこの2wayから、横抱き・対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶの4wayの使い方が可能な抱っこ・おんぶ紐があります。そのほかのこだわりでは、メッシュ・オーガニックコットン・コットンの素材があり、季節によって選ぶことができます。

napnap(ナップナップ)

napnapは、日本の赤ちゃんの体型に合わせた設計となった抱っこ・おんぶ紐で、新生児からも使用可能です。抱っこ・おんぶ紐で求められる、腰・肩への負担の軽減、赤ちゃんの快適さ、持ち運びの便利さ、安全性、装着のしやすさ、デザイン性を兼ね備えた商品を取りそろえています。

アップリカ(Aprica)

アップリカの抱っこ・おんぶ紐は、日本人の体型に合わせて開発された抱っこ・おんぶ紐です。日本人の体型に合わせて作られたからこその安定感と着け心地であり、安心して使用することができます。最大5wayの抱き方ができ、横抱き専用の新生児シートを使用することで、新生児から使用可能で、お洒落なデザインのものが多いのも特徴です。

コンビ ニンナナンナ

ニンナナンナの抱っこ・おんぶ紐の特徴は、成長に合わせた商品の展開をしており、新生児から使用可能な4wayタイプのものから、機能性とデザインにこだわった腰ベルトつきの肩に負担をかけないタイプのもの、外出時や家事のときに重宝するコンパクトなタイプのものがあります。どのタイプのものも赤ちゃんの快適さにこだわった機能性が高い抱っこ・おんぶ紐となっています。

おわりに

抱っこ・おんぶ紐を選ぶ際には、前もってポイントをおさえておきましょう。毎日使うようであれば、肩や腰に負担が少ないもの、着脱のしやすいものが重宝します。しかし、どんな場面においても一番大切なのは、赤ちゃんにとって快適かどうかです。できれば購入前にサンプルが試せるお店に出向き、実際に着け心地などを確認することをおすすめします。

ピックアップ

【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
母乳とミルクの違いとは?
赤ちゃんが産まれてはじめて口にする母乳について、妊娠中の方なら一度でも考えたことがあると思います。 「ちゃんと母乳は出てくれるだろうか?」ということから、「母乳とミルクだったらやはり母乳の方が良いのだろうか?」といった疑問や、「母乳育児とミルク育児ではどのような差が出るのだろう?」など、考え出...
赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
おんぶ紐はメリットがいっぱい!おすすめ商品と選び方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る