良ければシェアをお願いします。

おんぶ紐はメリットがいっぱい!おすすめ商品と選び方

良ければシェアをお願いします。

おんぶ紐

ママになる方にとって必需品になる抱っこ・おんぶ紐。赤ちゃんの寝かしつけから外出時、家事を行う時など昔から重宝されてきました。できれば、出産前に準備しておきたいものの1つですよね。しかし、種類が豊富にあることからどれを選べばよいのか悩んでしまう方は多くいらっしゃいます。ここでは、そういったことから抱っこ・おんぶ紐の選び方とおすすめの商品についてご紹介します。

スポンサーリンク

抱っこ・おんぶ紐のタイプ

赤ちゃんの重さ

現在の抱っこ・おんぶ紐のタイプでは大きく二つに分けることができます。どちらも新生児から使用が可能ですが、赤ちゃんの抱き方からその作りまで異なります。

キャリー(縦抱き・横抱き・腰抱き・おんぶ・多機能タイプ)

しっかりとした作りが特徴なため、肩こりなど体への負担を軽減することができ、両手が自由になるので赤ちゃんを抱っこ・おんぶしたままでも家事などが行えます。縦抱きから横抱き、腰抱き、おんぶができるタイプのものまであり、多機能タイプのものでは、縦抱き・横抱き・腰抱き・おんぶなどの全てができるものもあります。しかし、しっかりとした作りが特徴なため、装着が難しかったり携帯には向いていなかったりするものが多いです。

スリング(横抱き・腰抱き・おんぶタイプ)

布製のものが多いため、装着が手軽に行えて携帯がしやすいです。片側の肩から吊るすような形で赤ちゃんを包み込むので、赤ちゃんと密着しやすく、安心感が得られるのが特徴です。しかし、肩への負担が大きく、抱き方によっては両手が自由になりません。

月齢別 抱っこ・おんぶ紐 抱き方スタイル

電車の中でおんぶ紐を使う赤ちゃん

横抱きスタイル(新生児~)

赤ちゃんを寝かせたままの状態で抱っこできる新生児向けの抱き方です。

対面抱っこスタイル(新生児・生後4ヶ月~)

新生児から使用できる抱っこ紐の中で対面抱っこスタイルのもありますが、基本的には首が座った頃に向いている抱き方です。赤ちゃんの表情がしっかりと見えるのが特徴の抱き方です。

前向きだっこスタイル(生後4ヶ月~)

首がすわりだして、周りにも興味を持つ好奇心旺盛な時期におすすめの抱き方です。赤ちゃんの視野が広くなり、ママと同じ目線となります。

おんぶスタイル(生後4・5ヶ月~)

家事を行う際や、寝かしつけの際におすすめの抱き方です。

腰抱きスタイル(生後6・7ヶ月~)

腰がすわりだす生後6・7ヶ月頃におすすめです。ママの腰骨に座らせるような形となるので安定感があり、赤ちゃんの表情が分かり、視野も広がる抱き方です。

合わせて読みたい

妊娠初期の飛行機は影響がある?乗る前に知っておきたい3つのこと
妊娠初期は最も流産しやすい時期のため、飛行機でなくても長時間の移動は避けた方が良いと言われています。しかし、妊娠しても帰省や旅行、仕事などの都合でどうしても飛行機に乗らなければならない時があります。 そんな時に気になるのが赤ちゃんとママの体調への影響です。飛行機に乗ることでどんなリスクがあるの...
星ねえ。蟹座のB型。既婚。旦那さんと息子の3人家族。 野球をしている息子のために土日は早朝からお弁当作りをしています。家事は手抜きをモットーにしています。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
おんぶ紐はメリットがいっぱい!おすすめ商品と選び方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る