はじめてのベビーカー選びで抑えておきたいポイントを伝授!

良ければシェアをお願いします。

ベビーカーとママ

出産間近になり、様々なものを用意しなければいけない中で購入に迷うものがあると思います。産後だと時間や体力の関係で買いに行けない、満足したものが買えないかもしれない、とそんな不安からできるだけ出産前に購入できるものは購入しておきたいですよね。今回は、出産前の買い物のなかで迷うものの1つ、ベビーカーについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

ベビーカーの種類・タイプ

横なる赤ちゃん

A型

A型のベビーカーは、生後1ヶ月から2歳まで使用可能なベビーカーで、新生児用としてフルフラットにリクライニングができ、横に寝かせることができるのが特徴となっています。また、新生児を乗せるために安定性がある設計になっており、ポケットやかごが充実しているため荷物がたくさん積めることができ、ハイシートタイプのシート部分が高くなっているものでは地面との距離があるため夏場の照り返しや地熱をあびにくくします。

そういったメリットとは反対に、大きさがあるため場所を取り、また重いので持ち運びには不便です。1台でできるだけ早いうちから使用したいという方は、A型がおすすめです。

B型

B型のベビーカーは、生後7ヶ月から使用可能なベビーカーで、A型と異なるのがリクライニングの角度に制限があるということです。生後7ヶ月は一般的に赤ちゃんの首・腰がすわりはじめた時期であり、生後まもない新生児に必要な機能をできるだけ省き、軽量でコンパクトになるよう設計されているのが特徴となっています。そのため、持ち運びにも便利で気軽に利用できます。

バギータイプ

バギータイプのベビーカーは、生後1ヶ月から使用可能なものから、生後7ヶ月から使用可能なものまでありますが、基本的には生後7ヶ月から使用可能なものが多いです。また、軽量化されているものが多く、コンパクトで持ち運びに便利なのが特徴ですが、長時間の移動には適していません。

3輪タイプ

3輪タイプのベビーカーは、生後3ヶ月から2歳まで使用可能なベビーカーで、前輪が1つとなっているのが特徴です。安定性が高く、移動がしやすいため、坂道や砂利道でも振動が少なく、ママの負担を減らすことができます。しかし、安定性を高めるためタイヤが太めにできていることもあり、4輪タイプに比べてもサイズが大きいものが多いようです。

多機能型

多機能型のベビーカーは、新生児から使用可能なベビーカーで、リクライニングのフラットシート、ベビーキャリー、ロッキングチェア、チャイルドシートにもなるものがあるのが特徴です。様々な機能を兼ね備えているタイプのベビーカーですが、チャイルドシートにもなる取り外しが可能なものは、B型のベビーカーに比べると大きく重くなります。

合わせて読みたい

【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...

ベビーカー選びのポイント

ベビーカーで出かける

購入する時期を見極める

出産前によくベビーカーは購入すべきか、という質問を目にしますが、出産前に用意するケースでは、生後1ヶ月検診時に利用する目的でA型や多機能型タイプのものを用意される方が多いです。チャイルドシートにもなる多機能タイプのものをあらかじめ用意しておくことで退院後すぐ使用することが可能です。

優先すべき機能が付いているかどうか

  • 持ち手が持ちやすい物
  • 移動がしやすいもの
  • 対面式になるもの
  • 簡単に畳めるもの
  • 場所をとらないもの
  • 軽量なもの
  • コンパクトなもの
  • ハンドル高さが調節できるもの
  • チャイルドシートになるもの

優先したい機能には個人差があると思いますが、そのなかでもはずせないポイントを絞ってみましょう。赤ちゃんが快適なものは欠かせないポイントとなるので、そのポイントを中心にこれはあってほしいと思うポイントを絞り、そのポイントに合うベビーカーを購入することで購入後の後悔がありません。

ライフスタイルに合っているかどうか

様々なタイプがあるなかで、ご家庭のライフスタイルにあったものを選ぶ必要があります。例えば、お住まいの住環境や外出の頻度などで選ぶべきタイプのものが絞られるので、機能性も重要視したいところですがライフスタイルに合ったものを選ぶ必要があります。

安全性の高いものかどうか

ベビーカーのなかには、有名ブランドであればSG安全基準により安全基準が定められたSGマークがついているものがほとんどで、SGマークが付いているものは高い信頼性が約束されています。ベビーカーのほかにも、歩行器や抱っこ紐、三輪車などでSGマークが付くものがあり、不慮の事故が起きた場合、対人賠償責任保険というものが付いているので、安全性が高いとされるSGマークがついたベビーカーを選ぶことで安心できます。

合わせて読みたい

赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...

ベビーカーのレンタルについて

ベビーカーに乗って笑う赤ちゃん

メリット

  • メンテナンスが行われたベビーカーが利用可能
  • 購入するより価格を安くおさえられる
  • 借りる際、返す際も自宅まで取りに来てくれる
  • 製品によっては新品のものが借りられる

デメリット

  • ベビーカーの型が古いものしかない場合がある
  • 好きなデザインのものが選べない可能性がある
  • 取扱いに注意が必要
  • 衛生面で不安になる
  • 長期間レンタルすることで購入より費用が高くなる可能性がある

ベビーカーをレンタルするにあたって、多くの方はA型だけレンタルされる方や、そんなに使わないということを見越してレンタルする方がいらっしゃいます。外出がそんなに多くなかったり、だっこ紐も併用したりする方でしたらレンタルの方が価格も安くおさえられますね。

しかし、2人以上お子さんを考えられている方は、購入した方が安く済む場合もありますので、レンタルする場合は予算と借りる期間を考えてレンタルをしましょう。

おわりに

赤ちゃんのなかには、ベビーカーに乗ることが大好きな赤ちゃんもいれば、ベビーカーを嫌がり抱っこじゃなければ嫌がる赤ちゃんもいます。そういったことも踏まえて購入・レンタルするには必要かどうかの判断が難しいかもしれませんが、選ぶときにはママが扱いやすく、なるべく赤ちゃんにとって快適だと思われるベビーカーを選ぶようにしましょう。

ピックアップ

母乳とミルクの違いとは?
赤ちゃんが産まれてはじめて口にする母乳について、妊娠中の方なら一度でも考えたことがあると思います。 「ちゃんと母乳は出てくれるだろうか?」ということから、「母乳とミルクだったらやはり母乳の方が良いのだろうか?」といった疑問や、「母乳育児とミルク育児ではどのような差が出るのだろう?」など、考え出...
【レシピ付き】赤ちゃんが喜ぶ美味しい離乳食メニュー
離乳食は、赤ちゃんの食事をミルクから、私たちが普段口にしているような一般的な食べ物へと切り替えるための、いわば「つなぎ」の役割を果たす食事です。赤ちゃんごとに差はありますが、大体生後5ヶ月辺りから離乳食を与える期間(離乳期)に入り、1歳半くらいまでには完了するといわれています。 しかし、ひとく...
子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
はじめてのベビーカー選びで抑えておきたいポイントを伝授!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る