ついに靴デビュー!1歳児の靴の失敗しない選び方はこれ!

スポンサーリンク

ついに靴デビュー!失敗しない1歳児の靴の選び方はこれ!

「そろそろ靴デビューかな?」そんなとき、1歳児のママやパパが気になるのは、靴選びのポイントではないでしょうか。ファーストシューズはどんな形がいいか、サイズの余裕はどれくらいあればいいか、注意すべきことは何か……など、心配事は数知れず……。

今回は、1歳で靴デビューをする赤ちゃんに合った、靴選びのポイントについて紹介します。ぜひ参考にして、わが子にぴったりフィットする靴を見つけてください。

靴選びの前のポイント

赤ちゃんの足

1:子どもの身体と足の成長を知っておく

靴選びと聞くと、まずは靴の種類やメーカー、デザインなどが気になる方も多いでしょう。しかし最初のポイントは、子どもの身体と足の成長を学ぶことです。

1歳は成長がめまぐるしい時期です。足の状態や歩き方が変わることもあります。わが子の身体と足がどの段階にあるか見極め、フィットした靴を探しましょう。

1歳児の場合、足は脂肪に覆われていて、柔らかいという特徴があります。足の骨も柔らかく、軟骨の状態です。また、「土踏まず」が未完成という特徴もあります。最近は偏平足(土踏まずがなく、平らな足)の赤ちゃんも多く、足が疲れやすいため注意が必要です。足の指が扇状になっており、足幅は広めという特徴もあります。

まだまだ未発達な足に負担をかけない柔らかい素材を見つけましょう

合わせて読みたい

赤ちゃんの成長に感動!1歳検診では何をするの?
「うちの子もそろそろ1歳健診の時期。でも健診は“何のため”に“どんなこと”を“いつ”するのかしら?」という疑問を持つお母さん、お父さ...

2:サイズを正確に測る

赤ちゃんは自力でじっと立つことが難しく、足のサイズを測定するのが難しいものです。ベビーシューズを扱う靴屋さんへ出掛け、測ってもらうのがよいでしょう

靴屋さんの多くは、フットスケールという足の長さを測定できる板を置いています。そこへ両足で立つだけで、おおよその足のサイズが分かるのです。ただし、足の長さしか分からないため、足の甲の高さや足幅は、メジャーで測るとよいでしょう。

スケールに立たせるときは、両腕で赤ちゃんをしっかり支えます。両足に、均等に体重がかかるよう立たせることがポイントです。

足の甲や幅を測るときは、足の親指の付け根と小指の付け根の、一番太いところを測るようにします。メジャーの端が足の甲のところへ来るように測定するのがポイントです。

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
ついに靴デビュー!1歳児の靴の失敗しない選び方はこれ!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る