ついに靴デビュー!失敗しない1歳児の靴の選び方はこれ!

良ければシェアをお願いします。

ついに靴デビュー!失敗しない1歳児の靴の選び方はこれ!

「そろそろ靴デビューかな?」そんなとき、1歳児のママやパパが気になるのは、靴選びのポイントではないでしょうか。ファーストシューズはどんな形がいいか、サイズの余裕はどれくらいあればいいか、注意すべきことは何か……など、心配事は数知れず……。

今回は、1歳で靴デビューをする赤ちゃんに合った、靴選びのポイントについて紹介します。ぜひ参考にして、わが子にぴったりフィットする靴を見つけてください。

スポンサーリンク

靴選びの前のポイント

赤ちゃんの足

1:子どもの身体と足の成長を知っておく

靴選びと聞くと、まずは靴の種類やメーカー、デザインなどが気になる方も多いでしょう。しかし最初のポイントは、子どもの身体と足の成長を学ぶことです。

1歳は成長がめまぐるしい時期です。足の状態や歩き方が変わることもあります。わが子の身体と足がどの段階にあるか見極め、フィットした靴を探しましょう。

1歳児の場合、足は脂肪に覆われていて、柔らかいという特徴があります。足の骨も柔らかく、軟骨の状態です。また、「土踏まず」が未完成という特徴もあります。最近は偏平足(土踏まずがなく、平らな足)の赤ちゃんも多く、足が疲れやすいため注意が必要です。足指が扇状になっており、足幅は広めという特徴もあります。

まだまだ未発達な足に負担をかけない柔らかい素材を見つけましょう

合わせて読みたい

赤ちゃんの成長に感動!1歳健診では何をするの?
「うちの子もそろそろ1歳健診の時期。でも健診は“何のため”に“どんなこと”を“いつ”するのかしら?」という疑問を持つお母さん、お父さんは多いかもしれません。大人が定期的に健康診断をするように、赤ちゃんも、成長に合わせた健康診断が必要なのです。今回は赤ちゃんの「1歳健診」に注目し、その概要をま...

2:サイズを正確に測る

赤ちゃんは自力でじっと立つことが難しく、足のサイズを測定するのが難しいものです。ベビーシューズを扱う靴屋さんへ出かけ、測ってもらうのがよいでしょう

靴屋さんの多くは、フットスケールという足の長さを測定できる板を置いています。そこへ両足で立つだけで、おおよその足のサイズが分かるのです。ただし、足の長さしか分からないため、足の甲の高さや足幅は、メジャーで測ると良いでしょう。

スケールに立たせるときは、両腕で赤ちゃんをしっかり支えます。両足に、均等に体重がかかるよう立たせることがポイントです。

足の甲や幅を測るときは、足の親指の付け根と小指の付け根の、一番太いところを測るようにします。メジャーの端が足の甲のところへ来るように測定するのがポイントです。

靴選びのポイント

ベビーシューズ

1:足が動かしやすい柔らかな素材を

1歳の靴選びでまず重要なのが、素材選びです。素足の感覚に近く、足指の動きを妨げないタイプを選びましょう。赤ちゃんの足は汗をかきやすいため、メッシュなど、通気性に優れた素材であることもポイントです。

つま先が少し上がっているかもチェックしてください。土踏まずができていない1歳児の場合、歩き方は「よちよち/ベタベタ歩き」という特徴があります。つま先が上がっていると、足の蹴りだしがスムーズになり、つまずきにくくなります。

靴全体は柔らかい素材のものが良いですが、かかとは固めがおすすめです。赤ちゃんのかかとは骨が未発達なため、かかとをしっかり支えるタイプを選びましょう。ローカットよりハイカットの靴の方が、かかとを支えやすいです。

2:滑り止め付、マジックベルト付を

よちよち歩きやベタベタ歩きの赤ちゃんには、靴底に滑り止めが付いている靴や、マジックベルトで固定できる靴がおすすめです

外出する際、ツルツルしたコンクリートや滑りやすい床を歩くこともあるでしょう。滑り止め付であれば、そうしたときに転倒を回避できます。

また、マジックベルトタイプの靴だと足をしっかり固定できるというメリットに加えて、靴を履かせやすいというメリットもあります。最近はマジックベルトが2本以上あるもの、金具で引き戻して止めるタイプなどがあり、固定しやすくなっています。

靴屋さんで比較して、使いやすいものを選んでみてください。

合わせて読みたい

成長に合わせて選ぶ!新生児からのベビー服・子供服サイズ一覧表
出産前、出産後と必要になるベビー服や子供服ですが、どれも小さくて可愛いく目移りしてしまいますよね。実際に購入するときにはサイズを見て購入しなければいけませんが、赤ちゃんは生後1年もすると身長は約1.5倍、体重は約3倍と、成長するスピードがとても早いです。そのため、洋服選びは成長に合わせて選ん...

3:サイズは+0.5mmの余裕が目安

赤ちゃんは成長が著しいため、成長を見越して大きいサイズの靴を買うという方が多いかもしれません。しかし、1歳児は骨が未発達なうえ、足に合わない靴を履くと様々なトラブルを生じさせる可能性があります。購入する靴の目安は、「サイズ+0.5mm」だと覚えておきましょう。

赤ちゃんは、足指をたくさん動かすことで土踏まずの発達が促され、運動能力を高めていきます。0.5mm以上余裕があると靴の中で遊んでしまい、爪を痛める原因になります。逆に小さすぎると指が自由に動かず、変形してしまいます。足の甲がしっかりフィットし、足指が前後左右に滑らないサイズを選びましょう

4:シューフィッターに相談

最近のベビーシューズはデザイン・カラーが豊富なので、見た目の可愛さを優先してしまう保護者の方も多いかもしれません。しかし、選ぶ際は機能性と安全性を重視することが大切です

何度も試し履きをして、赤ちゃんの足にフィットする靴探しに時間をかけましょう。靴屋さんの中には、靴選びのプロ(シューフィッター)がいるお店も増えてきています。試着後に足を見てもらい、サイズが合っているか確認してください。

シューフィッターがいないお店でも、ベビー・キッズシューズを担当する店員さんがいれば相談してみましょう。子どもの足の特徴、靴の専門知識を持った店員さんについてもらい、歩き方をチェックしてもらえば安心です。

靴選びのポイントを押さえていても、実際に靴が合っているか見極めが難しいという方もいるでしょう。自分で決断できないときは、専門家に相談して的確なアドバイスをもらいましょう。

おわりに

1歳児の靴選びのポイントについてご紹介しました。靴選びの前に足のサイズを正確に測定し、靴選びのポイントを参考に、専門家の意見を取り入れつつ探していきましょう。ぜひ、お子さんにぴったりのファーストシューズを選んであげてくださいね!

ピックアップ

保育園・幼稚園・保育所・託児所の違い知ってますか?
新米ママさんは日々子育てにおいてさまざまな壁にぶつかると思いますが、中でも大きな壁は「保育園・幼稚園」選びでではないでしょうか。「保育園がいいのか、幼稚園がいいのか、でも保育所や託児所もある…」と頭を抱えているお母さんも多いはず。実際、それぞれの違いを正確に述べられるかと言われると難しいですよね...
ママが子育て中に感じる孤独感を解消する5つの方法
妊娠・出産、そして育児。子供と一緒に過ごす時間はママにとって幸せなひと時です。その反面、環境の変化により、自分だけが社会から孤立させられているような気持ちになってしまうこともあるようです。ママと赤ちゃんが二人で過ごす時間が長ければ長いほど孤独感や不安は大きくなり、苦しむ人が多くなると言われていま...

https://tamagoo.jp/childcare/stimulate-five-senses-baby-massage/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
ついに靴デビュー!失敗しない1歳児の靴の選び方はこれ!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る