たまGoo!がおすすめする1歳児に読んであげたい本10選

良ければシェアをお願いします。

たまGoo!がおすすめする1歳児に読んであげたい本10選

1歳になるとハイハイからヨチヨチ歩きになり、転びながらも少しずつ歩ける距離が長くなっていきます。自己表現も始まり、うまく言葉にできない気持ちを全身で一生懸命に伝えようとします。

そんな風に、世界がぐんと広がるこの時期。子どもの感受性を育むためにも、素敵な絵本との出会いを贈ってあげたいですよね。ここでは好奇心旺盛な1歳児に読んであげたい絵本を10冊ご紹介します。

スポンサーリンク

どんな絵本を選べばいいの?

絵本選び

動物や食べ物、乗り物など、身の回りの物事に興味津々のこの時期。絵本にも1歳児が興味をひくような題材の物が多くあります。

まだ字は読めませんが、絵本の読み聞かせを通して新しい言葉をどんどん吸収していく時期で、お気に入りの言葉や登場人物の動きを真似してみることも少なくありません。指で絵をなぞってみたり、声を出してみたり、登場人物の真似をしてみたり……、読み聞かせ以外にも絵本の楽しみ方は沢山あります。

1歳児が楽しめる絵本の数々を、大きく分けて3つの観点からご紹介しましょう。

色、形を楽しめる絵本3選

母娘

1つめは「色、形を楽しめるタイプの絵本」です。丸、三角、四角。赤、青、黄色などなど。子どもの目をひく、沢山の色や形が出てくる絵本を3冊ご紹介します。シンプルな題材だからこそ長く楽しめる絵本です

1.「赤ちゃんのためのかたちの絵本」(文と絵・桑原伸之/あすなろ書房)

色々な物に興味津々のこの時期。この絵本では子どもの興味をひく黄色い丸や青い三角、赤い四角など、優しい顔をした様々な形が出てきます。

水の上でちゃぷちゃぷしたり、砂の上でざくざく砂遊びをしたり、お空でぴかぴか光ったり、シンプルな絵と言葉は何度読んでも飽きません。「赤ちゃんのための絵本シリーズ(全3巻)」の3作目です。

2.「つみき」(文・中川ひろたか、絵・平田利之/金の星社)

色々な顔の黄色い積み木を積んでいきます。「ひとつ」「ふたつ」と数えながら「とお」まで積んだ時、どこからかてんとう虫がやってきて塔のてっぺんにとまります。ゆらゆら揺れる積み木の塔。ドキドキしながらページをめくると積み木の塔は「がっしゃーん!」と崩れてしまいます。

縦開きのページをめくる度に高くなっていく積み木の塔がどうなっていくのかハラハラドキドキ、スリル満点の絵本です。

3.「ころころころ」(文と絵・元永定正/福音館書店)

階段道、でこぼこ道、山道に赤い道。沢山の小さな色玉が列になってころころころと転がっていきます。動きのある道を並んで転がっていく色玉たちが目に鮮やかです。

「ころころころ」と繰り返される文章もリズミカルで、視覚的にも聴覚的にも楽しめる1冊です。

合わせて読みたい

子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...

身近な物が題材になっている絵本3選

父と子

続いては、「身近な物が題材になっているタイプの絵本」です。電車や食べ物や植物など、身近にある物が題材になっている作品を3冊ご紹介します。1歳になると外へ出る機会も増えてくるので、絵本を通して物の名前を覚えることもできますよ。

1.「がたん ごとん がたん ごとん」(文と絵・安西水丸/福音館書店)

ほのぼのしたイラストでおなじみ、安西水丸さん作の電車の絵本です。「のせてくださーい」と乗り込むスプーンや哺乳瓶、果物のお客さんを乗せて、電車はがたんごとんと走っていきます。乗り物が好きな子どもにおすすめの1冊です。

2.「くだもの」(文と絵・平山和子/福音館書店)

まるで本物のように描かれたスイカやりんご、バナナにいちご。どれも子どもの大好きな果物ばかりです。皮をむいて小さく切って「さあどうぞ」と差し出されたおいしそうな果物たちに、子どもも大人も目が釘付け。読み終わったらおなかがグーッと鳴りそうな絵本です。

3.「おひさまあはは」(文と絵・前川かずお/こぐま社)

黄色いお日様の表紙が目印です。お日様や木、動物たちが皆楽しく「あはは」と笑っています。お日様と同じ黄色い服を着た「ぼく」と「おかあさん」が笑っているシーンでは、こちらまでつられて「あはは」と笑顔になってしまいそう!

合わせて読みたい

赤ちゃんとのスキンシップに最適なベビーヨガってなに?
「子どもが生まれたら、子どもと一緒にできるスポーツをしたい」「子どもと一緒に軽く体を動かしたい」「スキンシップやコミュニケーションの一環として、赤ちゃんと一緒に何かをしたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。 そんな人におすすめなのが、「ベビーヨガ」です。 ベビーヨガとはどんなもの?...

親子のふれ合いを楽しめる絵本4選

ふれあい

最後は、「親子のふれ合いを楽しめるタイプの絵本」を4冊ご紹介します。絵本の登場人物のように子どもをだっこしてみたり、一緒に声を出してみたり、子どもとふれ合いながら読める絵本です

1.「だっこして」(文と絵・西巻茅子/こぐま社)

1歳はまだまだだっこが大好きな時期です。絵本に出てくるカンガルーやひよこやこぐまの子どもたちもだっこが大好き。「だっこして」とおねだりすると、お父さんやお母さんは「おいで」とだっこしてくれます。

「絵本の動物たちはどんなだっこをしてもらうのかな?」と想像しながらページをめくるのが楽しい絵本です。

2.「くっついた」(文と絵・三浦太郎/こぐま社)

作者の三浦太郎さんはボローニャ国際絵本原画展に4度の入選経験があり、国内外で注目を浴びる絵本作家です。繰り返される「くっついた!」が楽しいこの絵本は、作者自身のお子さんとのふれ合いから生まれたそう。

ぞうさんとぞうさん、金魚さんと金魚さん、色々な動物たちが仲良くくっつきます。最後は赤ちゃんとお母さん、お父さんのほっぺがぴたっと「くっついた!」。

3.「いっしょにあそぼう おめめ おはな おくち」(文と絵・コンドウアキ/JTBパブリッシング)

ふんわりした優しいタッチの絵本です。ページをめくる度、主人公のあーちゃんの目や鼻や口が画面いっぱいに描かれています。あーちゃんと一緒に目をぎゅっと閉じたり鼻をくんくんと動かしたり、お口とおててで「あわわわわ」と声を出してみたり、子どもとのスキンシップを楽しみながら読める1冊です。

お話の最後には「あんよのこちょこちょ」が待っていますよ。

4.「ばいばい」 改訂版(文と絵・まついのりこ/偕成社)

シンプルな絵と優しい色使いのページの中から、動物たちが次々にご挨拶。「こんにちは」「ばいばい」と絵本を読む子どもに話しかけています。一緒に挨拶をしたり、「ばいばい」と手を振ったり、動物たちとのやり取りも楽しめる絵本です。

おわりに

1歳児は身体的にも精神的にも大きく成長する時期で、絵本を通して外の世界や沢山の言葉を覚えていきます。ぜひ子どもの好奇心を広げる素敵な絵本との出会いを贈ってあげてくださいね。

ピックアップ

ママが子育て中に感じる孤独感を解消する5つの方法
妊娠・出産、そして育児。子供と一緒に過ごす時間はママにとって幸せなひと時です。その反面、環境の変化により、自分だけが社会から孤立させられているような気持ちになってしまうこともあるようです。ママと赤ちゃんが二人で過ごす時間が長ければ長いほど孤独感や不安は大きくなり、苦しむ人が多くなると言われていま...
【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...

https://tamagoo.jp/childcare/what-baby-tooth-grows-slow/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
たまGoo!がおすすめする1歳児に読んであげたい本10選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

1歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

1歳になるとどんな症状になる?自閉症の赤ちゃんの特徴4つ
生まれつきの障がいである「自閉症」。自閉症を患っている子どもは、どのような特徴を示すのでしょうか。そこで今回は自閉症という病気と、1歳前後で見られるその特徴についてお話していきます。 自閉症という病 「自閉症」という言葉だけを聞くと、「自分の世界に閉じこもっている」「精神的につらいことが...
あいさつができる子に育てたい!1歳からできるしつけとは
気持ちよくあいさつができる子どもは周囲に好印象を与えます。感情や言葉が芽生える1歳頃があいさつのしつけを始める適齢期ですが、上手くいかずに悩む親も多いようです。 あいさつのしつけで気をつけたいポイントや、発育や個性に合わせた段階的なしつけの対応についてまとめました。 あいさつはしつけの...
1歳の子におすすめなおうち遊びとお外遊び6選
「子どもの遊ばせ方がマンネリになってきた」「1歳に合った遊びは何だろう……?」など、そんな悩みを抱えているママやパパは多いことでしょう。発育に良いゲームや運動能力を伸ばす遊びを考えても、なかなか思いつかない方も多いと思います。 そこで今回は、1歳の子におすすめしたい「おうち遊び」と「お...
【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...
子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る