3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方

良ければシェアをお願いします。

3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方

子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。

特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっては、子どものためになりません。3歳の子に対する適切な叱り方とは、どのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

怒りに任せた叱り方はNG

バツを出す女性

適切な叱り方を知る上で抑えておきたいのが、ダメな叱り方です。悪い叱り方を避ければ、自然と上手な叱り方がみえてくるのではないでしょうか。

ダメな叱り方の代表的なものが、「怒る」ことです。一見矛盾しているようにも思えますが、感情に任せて言葉を羅列した「怒る」と、悪いことをしっかりと伝えた「叱る」ことは違います。

3歳という年齢は、物事の良し悪しがわかっていない一方で、自己主張が強烈なため、わがまま放題に振る舞うことも多いものです。たとえば、電車などの公共交通機関で静かにできずに、大声をだしたり、車内を走り回ったりすることが多々あります。

手をあげるのは絶対にダメ!

「なにをしているの、静かにしなさい!」と闇雲に注意しても、なかなか言うことを聞かないものです。親も人間ですから、思うとおりにならない現状にイライラして怒り、子どもに叫びたくなることもあるでしょう。

しかし、そこで「怒る」感情に任せて怒鳴ったり手を上げたりしてはいけません。子どもに恐怖感を与えてしまいます。そこは冷静に「シー、静かにしようね」と叱るべきなのです。

さらにダメなのが、暴言と暴力です。物心ついていない3歳児であるがゆえ、多少の暴言や暴力は大丈夫だろうと思ってしまいがちですが、後々トラウマとして残ってしまうことも少なくありません。むしろ細かいことがわからない年齢だからこそ、厳しい言葉や手を出すことは避けるようにしましょう。「悪いことを悪いと教えるためには多少の暴力や厳しい言葉は必要」という考えもありますが、3歳であっても、心が傷つくことはあるのです。そこは、肝に銘じておくべきでしょう。

合わせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...

毅然とした態度で「ダメなものはダメ」と伝える

指を差す女性

次に「上手な叱り方」を見ていきましょう。一番に挙げられるのは、毅然とした態度で「ダメなものはダメ」と伝えることです。

物心ついていない3歳の子に対して、ただ優しいだけの叱り方をしてもあまり効果がありません。公共交通機関などで好き勝手に振る舞う子どもに「ダメよ~」と軽く注意する方を目にする時もありますが、多くの場合、子供が言うことを聞いていません。親の「ダメ」という感情が、まったく伝わっていないのです。

親が本気で叱っていることをきちんと示す

怒るときはまず親が子に本気であることを理解させることが重要です。そのためには、暴れまわる子どもを放置して言葉だけを投げかけるのではなく、しっかりと呼び止めて子どもの目を見たうえで冷静に「騒いじゃダメ、じっとしていなさい」としっかりと語りかけることが大切です。親の方も、本気であることをしっかり伝える意思を持ちましょう。

3歳児といえども、大人が「本気で怒っている」「本気で怒っていない」という雰囲気は、敏感に感じとるもの。「ここはこのままふざけても大丈夫」「このままではまずい」ということを本能的に判断しているのです。つまり、言うことを聞かないとまずいと思わせるような叱り方をしなければならないのです。

また、叱る際の言葉についても工夫が必要です。小学生や中学生の場合は、叱りながら「なぜダメなのか」論理的に説明し納得させる必要がありますが、幼児の場合は理論武装してもあまり効果がありません。「ダメ」「やめなさい」など単純な言葉を冷静沈着に繰り返すことが、言うことを聞かせる上で重要になります。

合わせて読みたい

悪魔の3歳!?加速する3歳児のイヤイヤとは
子どもは、2歳から4歳にかけての成長が著しいと言われています。特に3歳で目立つのが、イヤイヤ期です。「買ってくれないとイヤ!」、「持たせてくれないとイヤ!」など、自分の思い通りにならないと気が済まないのが、3歳児の特徴です。イヤイヤ期は2歳から始まって、4歳ごろになると落ち着きます。2歳のときよ...

叱った後のケアを十分に行う

親子

大人でも叱られたあとは気分が落ちてしまいますし、嫌な気分になりますが、子どもも同様で、精神的にショックを受けてしまうものです。親としても場合によっては、「叱りすぎてしまった」と感じることもあるでしょう。そのような場合は、叱った後に優しい言葉を投げかけたり、抱きしめたりすることで、愛情を伝えてあげましょう。子どもが抱いた恐怖心を拭い去ることができます。

できれば軽く叱った後も、なんらかのフォローを入れておいたほうが良いかもしれません。しっかりと目を見て叱った後にフォローを入れる。これが大きなポイントになります。

おわりに

今回は3歳の子を叱る時の上手なやり方を紹介しました。3歳という年齢は赤ちゃんから成長し、人間の「ありのまま」で生きている年齢です。子育て経験者の母親が「魔の3歳」と振り返るほど、親にとっては大変な時期です。しかしここを乗り越えれば、次第に子どもの方から親離れしていくもの。親にとっては、最初の踏ん張り所といえます。

ピックアップ

アレルギー性鼻炎の原因・症状・治療法・予防法まとめ
今や、国民の5人に1人がアレルギー性鼻炎を持っているといわれます。最近では発症の低齢化も進み、子どものアレルギー性鼻炎も多くみられます。命にかかわる病気ではありませんが、そのまま放っておくと日常生活に影響を及ぼすことも。さっそく原因や症状から予防法までご紹介していきます。 アレルギー性鼻炎につ...
アデノウイルスの原因・症状・潜伏期間・治療法まとめ
アデノウイルスとは 「アデノウイルス」は、おもに乳幼児~学童に多い、風邪の原因となるウイルスのひとつです。感染するとほかにもさまざまな症状が現れてきます。アデノウイルスには49種~51種類の型があるといわれています。種類が多いだけあって感染するとさまざまな病気の原因になる恐れも。また、一つ...

https://tamagoo.jp/childcare/fever-of-the-child/

33歳。B型。既婚。
妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。
購読はいいねが便利です!
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

3歳~6歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る