汗はかく方がいい?かかない方がいい?子どもの発汗についての基礎知識

良ければシェアをお願いします。

汗はかく方がいい?かかない方がいい?子供の発汗についての基礎知識

子どもの体温調節はとても難しいです。汗は、子どもが新生児の頃からのママの悩みのひとつです。子どもは少し走り回るだけで汗だくになり、ついついクーラーに頼ってしまいます。しかし、その対処方法は合っているのでしょうか。ここでは、子どもが汗かきな理由とその対処方法、また子どものいい汗、悪い汗と病気について紹介します。

スポンサーリンク

子どもがたくさん汗をかく理由とは

子どもがたくさん汗をかくのは、大きく分けて3つの理由があります。汗が出る仕組みをきちんと理解し、不安や疑問をなくしましょう。
また、汗のメカニズムを知ることによって子どもの体と健康を守ることにつながります。

子どもの体温とは上がりやすいもの

赤ちゃんの平熱が36.5~37.5℃と言われているように子どもの体温は基本的に高いものです。さらに大人と比べて子どもは体が小さいため、体温が上がりやすくなっています。そのため、走り回るなど激しい運動の後はすぐに体温が上がります。

また、成長期で細胞分裂が活発に行われているため、消費カロリーが多いのも理由として考えられます。

子どもの汗腺の数は大人と同じです

汗腺は、汗を分泌するところです。子どもの体は小さいですが、実は大人と同じ数の汗腺があります。小さい体に汗腺が集まっているので、汗がたくさん出ます

日本人の平均汗腺数は約230万個と言われており、気候や環境が関係していると考えられています。そのため、寒い国と暑い国では、大きく差があると言われています。

子どもは体内水分量が多く、代謝がいい

人間の体は、多くの水分を含んでいます。その量は、新生児で約80%、子どもは約70%、成人では約60%と言われています。人間が汗をかくのは、体温調節をしているためです。そのため、基礎代謝がよい赤ちゃんや子どもは自然と汗をかくようになっています。汗をたくさんかいた後は、しっかり水分補給をし、体内水分量を戻さなければなりません。

合わせて読みたい

子どもに訪れるさまざまな敏感期を解説!
子どもの『敏感期』とはなんでしょうか。子どもは日々成長をしていて、多くの体験や経験から成長、発達していきます。そのような毎日の環境のなかでより成長したい、スキルアップしたいと感受性が高まる時期を『敏感期』と言います。今回は、どのように敏感期を過ごし、子どもの可能性を広げればいいのかを解説したいと...

子どもの汗とその対象方法とは

子どもはすぐに汗をかきます。その量にびっくりし、子どもの汗かきを心配する親も少なくないと思います。はたして子どもがたくさん汗をかくのはいいことなのでしょうか。また、汗をたくさんかいたときの対処方法を紹介します。

汗が出る汗腺の数は3歳で決まる

汗腺は、気候や環境で左右されると紹介しましたが、生後3年で機能が決まると言われています。そのため、3歳までの間の外気温度や環境が大切になります。しかし、空調で温度を下げ汗腺の数を減らすことがいいことではありません。

汗腺が多いからと言って必ず汗かきになるわけではなく、汗腺が多いと体温調節ができるため、体温調節機能をつけるためにも、汗をかく機会が必要です

子どもの汗のかきすぎは病気のサイン?

汗は、全身から出てくるものです。しかし、頭だけに異常な汗をかいている場合は、体質や環境の変化などによる外部の影響が考えられます。例えば、多汗症です。これは、大きな環境の変化や精神的な原因で大量の汗が分泌されています。

また、甲状腺などの病気や自律神経系の問題などから大量の汗をかく場合もあります。成長とともに汗の量が変わらず気になる場合は、たかが汗と思わず受診がおすすめです

肌が弱い赤ちゃんや子どもの天敵は汗疹

汗疹は、汗や汚れで汗腺が塞がり、汗が分泌できなくなり炎症を起こした状態です。子どもの肌はデリケートです。しかし、その小さな体にある汗腺や代謝の良さから汗疹になりやすいです。

汗疹の予防方法は、汗をかいた後すぐに拭くことです。また汗をかいた後は、肌が乾燥しているため、入浴後に保湿をすることで肌トラブルの予防にもなります。

合わせて読みたい

屋外で子どもが事故に合わないための予防策!
子どもが歩けるようになってくると、屋外で遊ばせていると少し目を離した際にすぐにどこかに行ってしまいます。 事故は起こってしまってからでは取り返しがつきません。今回は歩き始めてから小学校に通い始めるあたりまでの、一番事故が心配な時期の子どもの予防策を紹介していきます。 子どもが事故にあう理...

汗をかかないことはいいこと?悪いこと?

最近では、汗をかかない子どもが増えていると言います。その理由として、昔に比べて空調の精度があがり、幼少期に汗をかく機会が減少し、汗腺が発達していないことがあげられます。子どもが汗をかかないのは、いいことなのでしょうか。

子どもの汗腺が少なくなることによる影響

汗腺が少ないと、単純に汗が出にくくなります。その結果、体内の熱を外に出すことが難しくなり、体温調節ができません。そのため、熱中症になりやすく、夏バテをしやすい子どもになってしまうのです。

体内の熱が外に出ないと、疲労がたまりやすくなります。そのため、汗をかかない子の中には、暑くなると機嫌が悪くなる子がいるそうです。

汗をかかない子どもの低体温症とは

低体温症とは、体温が36℃未満というだけでなく、基礎代謝機能も低い症状を言います。基礎代謝が低いと冷え性や免疫力の低下などから、体調不良や肌トラブルにつながります。

これは、体温が上がっても汗をかけないことから、体の反応として、発熱を抑え、基礎代謝を低くしているためです。細胞の新陳代謝も弱くなるため、花粉症などのアレルギー症状も出やすくなります。

いい汗をかく体づくりをしましょう

汗をかかないことは、体にとっていい影響を与えません。そのため、汗をかける体づくりをしましょう。まずは、猛暑日などは避け、水分補給をしっかりさせることを心がけながら、汗をかく機会をつくります

しっかりと遊んで汗をかくことで自然と体が汗をかくようになります。また、汗腺が完成した3歳以降も入浴の習慣をつけることで、体質を変えていくことができます。

おわりに

子どもにとって汗をかくことはとても重要です。子どもはたくさん汗をかくものです。幼少期から水分補給をしっかりしたうえで、太陽を浴びて汗をかく機会をつくることが必要です。幼少期だけでなく、子どもの頃の習慣や体質を今から改善していくことはできます。しっかりと汗をかける体をつくることが、健康へとつながります。

ピックアップ

子どもの鼻血がとまらない!鼻血を出した時の正しい対処法
子どもって意外とよく鼻血を出しますよね。鼻をかみすぎたとき、転んで鼻をぶつけたとき、そして自分で鼻をほじっていて。血をみると子どもも大人も慌ててしまいますが、まずは落ち着いてください。実は慌ててティッシュを鼻に詰めるのは良くないと言われています。大人が慌てず落ち着いて対処し、子どもに説明する...
数年に一度は流行るマイコプラズマ肺炎の症状・原因・治療・予防の方法
「熱は下がったのに咳だけなかなか治らない」「風邪だと思っていたらマイコプラズマ肺炎だった」秋から冬にかけよく耳にするのがこの会話です。風邪の症状とよく似ているため診断が出たときには重症化していることの多い病気ですが、耳にする割によく知らないのではないでしょうか。今回はそんなマイコプラズマ肺炎...
幼児がかかる場合もある?帯状疱疹の症状・原因・治療・予防の方法
帯状疱疹とは、帯状に赤いぽつぽつとした発疹や水ぶくれができる皮膚疾患の一つです。以前は、高齢者に多くみられていましたが、最近は幼児でも発症することがあります。私の息子は、4歳のときに水ぼうそうにかかりましたが、6歳のときに帯状疱疹になりました。なぜ帯状疱疹になるのでしょうか。その原因と治療方...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
汗はかく方がいい?かかない方がいい?子どもの発汗についての基礎知識
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る