屋外で子どもが事故に遭わないための予防策!

スポンサーリンク

屋外で子どもが事故に合わないための予防策!

子どもが歩けるようになってくると、屋外で遊ばせていると少し目を離した際にすぐにどこかに行ってしまいます。

事故は起こってしまってからでは取り返しがつきません。今回は歩き始めてから小学校に通い始めるあたりまでの、一番事故の可能性を心配してしまう時期の予防策を紹介していきます。

子どもが事故に遭う理由を把握する

ブランコから落ちる子ども

大人と子どもでは、同じ事故に遭うということでも理由が異なってきます。そこで最初は、子どもが事故に遭いやすい特徴を把握していく必要があります。

子どもの事故に遭いやすいポイントを押さえて、予防策を立てる準備をはじめていきましょう。

子どもは好奇心を優先してしまう

大人になれば好奇心はあっても、理性をしっかりと優先することができます。しかし、子どもの頃は理性的な行動をもとめていくのは難しい状態です。

そのため、子どもは興味を持ったものを見つけると、後先を考えず好奇心の赴くままに行動してしまいます。保護者の方は子どもが何に興味を持っているのかを理解したうえで、危険な行動をしないように注意していかなければいけません。

子どもは危険なものを理解できていない

子どもが事故に遭う理由として、保護者が一番注意してあげる必要があるのは、当たり前のことを当たり前だと考えないようにすることです。例えば、普通の大人であれば火を見れば触ろうと思いません。

それは、それまでに生きてきた経験から、当たり前に危険なことだと知っているからです。そのため、普通はしないと考えてしまうことが、子どもが事故に遭う危険につながります。

一度だけの体験では危険を覚えられない

子どもは多くの場合一度体験しただけでは、危険を覚えることができません。やけどをしたとしても、それが火を触ったためだ理解できないことがあるのです。

料理の経験が豊富な方であれば、失敗したときに原因がわかっても、経験の少ない人はなぜかわからないのと同じことです。子どものうちは、結果と原因を直接結びつけていくことが難しいのです。

合わせて読みたい

3歳の子をしかるときの上手なやり方とダメなやり方
3歳の子をしかるときの上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「しかる」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切にしからず子どもを放置していては、結果的にわがまま...

子どもの興味をひき危険なものを覚えておく

虫取りをする子ども

子どもが事故に遭う理由の中に、好奇心のままに行動してしまうことを上げましたが、事故の予防策はその好奇心が何に対して向けられるのかを把握していくことが大切です。

公園、駐車場、デパートなどで子どもが興味をひかれることを紹介していきます。

公園で子どもの興味をひき危険なもの

公園は子どもが遊ぶ場で、そこには当然興味をひくものがたくさんあります。例えば、遊具、飛び出しを確認するための鏡などがあります。遊具に関しては、大人の考えないような使い方をするため、注意が必要です。

遊具であれば使い方、道路にある鏡などは真下から見上げていると安全のためのものなのに姿が映らないためとても危険です。

駐車場で子どもの興味をひき危険なもの

駐車場で一番危険なことは、かくれんぼをはじめてしまうことです。子どもは自身に関心を持ってほしいと考えるため、車の陰などになっているところに隠れて、見つけてもらいたいと考えます。

しかし、そのときに他の人や車などには注意がいかず、無防備になっています。そのため、とても事故が起こりやすい状況が作り出されてしまいます。

デパートで子どもの興味をひき危険なもの

デパートやスーパーなどで子どもの興味をひいて危険なものは、エスカレーターです。子どもは動くものに対して興味をひかれます。

そのため、特に人の有無で自動的に作動するエスカレーターは、とても興味深く映ります。エスカレーターの手すりなどに上ってしまうと大きな事故の原因となりますので、十分に注意してあげましょう。

ショッピングセンターや量販店、飲食店などのトイレに一人で行かせない!

ショッピングや食事をしている最中に「ママ、おトイレ」と言われるとちょっと面倒な気持ちになってしまいがち。子どもが「一人で行けるよ」と言っても絶対に行かせてはいけません。

すぐ近くにトイレがあるから大丈夫よね、と思ってしまうのが危険な考えです。トイレは店内の隅にひっそりとありがちでしかも密室エリアになっています。

どんな人が紛れ込んでいるかわかりません。必ず大人が付き添ってあげましょう。

合わせて読みたい

4歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
4歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
4歳児は急激な、成長の最後の年ともいわれています。個人差もありますが、2歳から言葉を覚え始めて3歳で活発になり、イヤイヤも多くなります。...
姪達に囲まれて生活しているライター兼編集者です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
屋外で子どもが事故に遭わないための予防策!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る