子ども用サプリメントのメリット・デメリットを考えてみよう

子供用サプリメント

サプリメントが一般的になった今、子ども用にもたくさんの種類のサプリメントが販売されています。さまざまなサイトが子ども用サプリメントの良さをアピールしていますが、子どもにサプリメントは本当に必要なのでしょうか?効果や副作用も気になりますよね。そこで、今回は子ども用サプリメントの簡単な説明と、服用することでのメリットとデメリットについて紹介していきます。

子ども用サプリメントってどう選ぶ?

子ども用のサプリメントは、大人用のサプリメントの様に錠剤やカプセルではなく、グミやキャンディ、タブレットなどになっていて飲みやすく工夫されています。その種類も、大人用の様に豊富ではなく、子どもに必要と思われる栄養を補助できるものがほとんどです。

子ども用サプリメントの主な種類

子ども用サプリメントはいろいろな商品が出ていますが、目的や種類は大人用のものと比べると限られています。子ども用サプリメントによく見られるのが「カルシウム」や「DHA」、大人にも人気の「ビタミン」です。サプリメントを使用する動機は「子どもの偏食」や「頭の回転をよくしたい、集中力をつけたい」、「身長をのばしたい」などで、子どもの健康や教育に役立つ栄養が選ばれています。

飲ませるなら、1種類だけにしておきましょう

「うちの子は野菜も食べないし、集中力もないし…」と心配の多いママは、たくさんのサプリメントが気になるかもしれませんが、サプリメントは1種類にとどめておく方がよいといえます。サプリメントには、例えば「カルシウム」だけではなくて、それを効率的に吸収するための「ビタミンD」も含まれるなど、さまざまな成分が入っている物がほとんどです。何種類ものサプリメントをのむことで、ある成分が過剰摂取となる危険があるので注意しましょう。

大人用のサプリメントは絶対NG!

大人用のサプリメントの方が効き目がありそうだからと、子どもに大人用サプリメントを飲ませてはいけません。大人用のサプリメントは、大人に合わせて作られていますので、子どもにとっては強すぎると思っておきましょう。また、大人用サプリメントを半分に割ってあげるのは良いというわけではなく、やはり過剰摂取になってしまったり、子どもにとってはよくない成分が含まれていたりする場合もあります。

合わせて読みたい

ぐんぐん伸びろ!子どもの身長が伸びる食べ物は?サプリもご紹介!
ぐんぐん伸びろ!子どもの身長が伸びる食べ物は?サプリもご紹介!
この間買った洋服がすぐに小さくなってしまって・・・。と愚痴をいいつつ、日々成長するわが子を見るのはうれしいものですね。背が伸びる時期には...

子ども用サプリメントのメリット

子どもにサプリメントを与えるというのはまだまだ賛否両論があります。用法や用量を守ったうえで利用すれば、メリットも期待できるかもしれません。たくさんある情報の中から必要な情報を見極めていくことが重要です。

足りないと思われる栄養素が補える

サプリメントは栄養補助食品です。「どうしても野菜や果物を食べない」などの、偏食対策として子どもに飲ませているママもいますし、また、きちんと食べているつもりでも、現代の子どもたちはカルシウムや鉄、ビタミン、食物繊維が不足しがちだと言われています。手軽に不足分を補えるという意味では、サプリメントは便利ですよね。

上手に付き合えば、体調に変化が出てくるかも

食事では不足しがちな栄養を補うことで免疫力が付き、体調を崩しにくくなったという声もあります。また、アトピーや花粉症の子どもが「乳酸菌」のサプリメントを飲んだ場合などにも同様のレビューがよく見られます。しかし、サプリメントは薬ではないので、これらの声を鵜呑みにするのは危険です。我が子の体質に合ったサプリメントを探しだすようにしましょう。

集中力が増すなど、生活面での変化にも期待できる

カルシウムやDHA、EPAなどのサプリメントは勉強に悩むママたちにとっては魅力的な存在です。集中力を増したり、脳の働きを良くしたりすることで記憶力をアップさせることに期待が出来ます。DHAなどは主に魚に含まれますが、毎日魚を食べるのは現代人の食卓では難しい上、そもそも魚が苦手な子どももいます。そんな場合はサプリメントで与えることが出来ると助かりますよね。

合わせて読みたい

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ、保護者の方の中には、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、さまざまな習い事をさせ...
30代後半。家族構成は夫、長女8歳、次女6歳です。職歴はIT系企業でのWEBサイト制作、製造業企業でのECサイト運営補佐を経験。ライター以外にも、夫の仕事を在宅で手伝っていますので、あまり家事をする時間がありません。子どもたちには、自分のことはなるべく自分で出来る様に教えています。ただ、お勉強については、いっしょに出来る様に時間を確保しています。子どもたちには毎日の生活とお勉強で、考える力をしっかりと身につけて欲しいと思っています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子ども用サプリメントのメリット・デメリットを考えてみよう
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る