「 帝王切開 」のお役立ち記事一覧

帝王切開
帝王切開に関してのお役立ち記事を紹介しています。日本では、帝王切開で出産する人が5人に1人の割合でいらっしゃるそうです。多胎妊娠や前置胎盤・低置胎盤、妊娠高血圧症候群など、帝王切開になるケースというのはさまざまですから、しっかりと知識を付けておきましょう。

35歳を過ぎたあなたへ、高齢出産で気になるあれこれを全てまとめました

35歳を過ぎたあなたへ、高齢出産で気になるあれこれを全てまとめました

高齢出産とは「35歳以上で出産すること」と日本産婦人科学会では定義しています。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 女性の社会進出が進み晩婚化が進んでいることに伴い初産の年齢も上がっており、高齢出産は珍しいことでも特別なことでもありません。 ただし高齢...

1人目の出産は帝王切開、2人目の出産は自然分娩・・・VBAC(ブイバック)という選択

1人目の出産は帝王切開、2人目の出産は自然分娩・・・VBAC(ブイバック)という選択

芸能人でも、木下優樹菜さんや坂下千里子さんが経験した「VBAC(ブイバック)」での出産。これは、第1子が帝王切開での出産であったにもかかわらず、第2子を自然分娩で出産するという方法です。欧米では90年代ごろから推奨されているそうですが、日本でもVBACを選択するママが増えてきています。VBACを...

妊娠高血圧症候群【コラム妊娠と出産】

妊娠高血圧症候群【コラム妊娠と出産】

妊娠高血圧症候群は以前、妊娠中毒症と呼ばれた病態で、定義では「妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧が見られる場合、または高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないものをいう」となっています。 妊娠高血圧症候群とは? ...

コンタクトはNG?帝王切開のときに付けてはいけないものアレコレ・・・そのワケとは?

コンタクトはNG?帝王切開のときに付けてはいけないものアレコレ・・・そのワケとは?

帝王切開の注意事項を知っていますか?実は、帝王切開に必要な準備は心構えだけではありません。帝王切開の手術をするにあたってNG項目は、たくさんあります。普段当たり前につけているものでも帝王切開の手術ではつけてはいけないものもあります。日常生活で使っているアレコレの着用NGとその理由について紹介...

水分補給はNG!帝王切開は術後が辛いって本当・・・?麻酔はとれる?赤ちゃんには会える?

水分補給はNG!帝王切開は術後が辛いって本当・・・?麻酔はとれる?赤ちゃんには会える?

妊娠中のさまざまな要因から経膣分娩が難しいと診断された場合、帝王切開での分娩になります。帝王切開は、『入院が長い』、『術後の痛みがつらい』など心配されることがたくさんあります。では、実際に帝王切開後の赤ちゃんとママはどのように過ごすのでしょうか。1人目は経膣分娩でも2人目で帝王切開になる可能...

【妊娠37週】ついに正期産!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ

【妊娠37週】ついに正期産!赤ちゃんの成長とママの体の変化まとめ

正産期の妊娠37週0日から41週6日までの出産は正期産と呼ばれています。赤ちゃんの体はいつ生まれてもよい状態になりますが、2,000gに満たない赤ちゃんはもう少し大きくなるまで、ゆっくりとママのお腹で過ごすこともあります。赤ちゃんも生まれる前の準備として、ママのお腹の中で指をしゃぶって、おっ...

妊娠中期に関するQ&A 教えて!たまgoo!

妊娠中期に関するQ&A 教えて!たまgoo!

安定期ともいわれる妊娠中期(5ヶ月、6ヶ月、7ヶ月)は、体調が安定してくる時期です。赤ちゃんがお腹の中で動く胎動も始まり、早い人は性別もわかったりします。安定期といえども何があるかわかりませんので基本的な知識を備えて無理のない生活を送っていきましょう。 ...

【大切】子どもに赤ちゃんはどうやってできるの?と聞かれたら

【大切】子どもに赤ちゃんはどうやってできるの?と聞かれたら

子どもに「赤ちゃんはどうやってできるの?」と聞かれたら、なんて答えていいか困ってしまうパパママは多いのではないでしょうか?いつかは聞かれそうなこの疑問。子どもからしたら、不思議に思うのは当然です。まだ幼い子どもにはなんて説明するのがいいのでしょう。世の中のパパママはこの質問をどうやって切り抜...

出産までに何が起こるかわからない!保険が適用される異常妊娠や異常分娩について

出産までに何が起こるかわからない!保険が適用される異常妊娠や異常分娩について

本来妊娠や出産は病気ではありませんから、保険は適用外で全額自己負担となります。しかし「異常分娩」「異常妊娠」に関しては保険が適用する場合があるのをご存知ですか?自然分娩にも関わらず「異常分娩の扱い」になるのは入院、手術を伴う帝王切開をはじめ、微弱陣痛や前期破水、吸引分娩などです。このような「保険...

日本とは大違い?世界の不妊治療と出産事情 【韓国編】

日本とは大違い?世界の不妊治療と出産事情 【韓国編】

日本では、妊活という言葉が広まり始めるとともに、不妊治療についても注目されています。妊活という言葉が使われ始めてから、以前よりも特別な感じはしなくなってきています。また、少子化も影響し、不妊治療の費用を補助する制度が作られるなどしています。日本のお隣の国、韓国での不妊治療の実態はどのようなも...

出産後も痛いのが続く!後産と後陣痛・・・はどんな痛み?違いはあるの?

出産後も痛いのが続く!後産と後陣痛・・・はどんな痛み?違いはあるの?

長時間の陣痛に耐え、やっと生まれてきた赤ちゃんと感動のご対面…!そんな出産のクライマックスを無事に終え、やれやれと思ったのもつかの間、まだ後産と後陣痛という「痛み」が残っています。後産や後陣痛は出産後に起こる痛みであるため、同じことと勘違いしがちですが全く別物です。後産、後陣痛の違いや痛みなどに...

なぜ生まれない?42週を超えた過期産に産まれる赤ちゃんのリスクと母体の影響

なぜ生まれない?42週を超えた過期産に産まれる赤ちゃんのリスクと母体の影響

出産予定日というのは目安なので、その日に赤ちゃんが生まれないからといって焦ることはありません。でも予定日を過ぎたらやっぱり心配になりますよね。出産時期が遅くなり「過期産(かきさん)」という診断を受けた場合、胎児に悪い影響を与えるリスクも高くなります。今回は「過期産」の原因や赤ちゃんへの影響、対処...

傷跡はどうなる?1人目が帝王切開だと2人目以降も帝王切開になる理由

傷跡はどうなる?1人目が帝王切開だと2人目以降も帝王切開になる理由

一人目が帝王切開だった場合、二人目はどうなるの?と考えているママはたくさんいるはずです。陣痛は、子宮にとって大きな負担になるので、二人目も帝王切開をすすめられることが多いのが現実となっています。何度も帝王切開をして傷口が増えるのではと心配になりますよね。今回は、二人目を妊娠したらどうなるのか...

切ったあとは消えない?帝王切開の傷跡をきれいにするケア方法

切ったあとは消えない?帝王切開の傷跡をきれいにするケア方法

帝王切開で出産した後に気になるのは、やっぱり傷跡ですよね。どうにか綺麗に治せないものかと、悩んでいるママも多いかと思われます。では、どうしたら帝王切開の傷は綺麗に治せるのでしょうか。最近では、帝王切開後のママに嬉しい傷跡ケア商品も多く販売されています。今回は、傷跡を目立たせなくするケアについ...

お金がかかるので妊娠検診に行かないママも!それって大丈夫?

お金がかかるので妊娠検診に行かないママも!それって大丈夫?

妊娠検査薬で妊娠の反応があり婦人科を受診するも、「妊娠・出産に関する費用は病気ではないので保険が適用できません」と窓口で言われてしまい、そこから病院に行かなくなってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場合のリスクと、解決方法について調べてみました。妊娠している状態というのは変...

赤ちゃんが4キロ以上!巨大児出産時に起こりうるトラブル

赤ちゃんが4キロ以上!巨大児出産時に起こりうるトラブル

妊娠中、お腹の赤ちゃんがちゃんと成長しているのか気になりますよね。小さくても心配ですが、大きすぎるのも少々問題です。4キロを超えた場合は「巨大児」と呼ばれ、出産時に赤ちゃんに障害が残ってしまうリスクや母親側にもリスクが伴います。そこで今回は「巨大児出産時に起こりうるトラブル」について詳し...

出産費用はどこまで保険でカバーできるのか?陣痛促進剤は?無痛分娩は?

出産費用はどこまで保険でカバーできるのか?陣痛促進剤は?無痛分娩は?

待ちに待った我が子との対面!でもやっぱり気がかりなのが、出産費用ですよね。出産で支払わなければならない費用は実際どのくらいなのでしょうか。出産は病気ではないから民間の保険は使えない?出産に関係する公的な補助制度はある?陣痛促進剤を使った場合は?無痛分娩の場合は?など出産にまつわるお金についてご紹...

妊娠中のお母さんの感染症とその予防【コラム妊娠と出産】

妊娠中のお母さんの感染症とその予防【コラム妊娠と出産】

妊娠中にお母さんが罹ると赤ちゃんに異常をおこす感染症は沢山あります。日本ではまだありませんが、ジカ熱感染で赤ちゃんが小頭症になるというニュースは聞いたことがあるでしょう。妊娠初期にお母さんの感染症ウイルスやその抗体を検査するのは、赤ちゃんに異常を起こす感染症がないかどうかを検査するためです。...

出産翌日から大忙し!出産後の院内スケジュールを把握しよう

出産翌日から大忙し!出産後の院内スケジュールを把握しよう

出産は命をかけた壮絶なもので、自然分娩でも帝王切開でも、いずれにせよ出産後の母親の身体はボロボロの状態になっています。しかしだからと言って休めるのは出産当日のみ。翌日から(病院によっては出産当日から)授乳や沐浴などノンストップで子育てが始まるのです。1週間の入院生活スケジュールはどのようになって...

産後のむくみの原因・症状・解消法まとめ

産後のむくみの原因・症状・解消法まとめ

「出産を終えたのになかなか体型が戻らない…」「なんだか顔も手もパンパン」「なんとなく動くのがダルい」それは全て産後の「むくみ」が原因かもしれません。むくみは妊娠中のお悩みと思われがちですが、産後にむくみが発生することも珍しくありません。今回はそんなつらいむくみの原因や解消法にスポットを当てて...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る