出産翌日から大忙し!出産後の院内スケジュールを把握しよう

赤ちゃんと夫婦

出産は命をかけた壮絶なもので、でもでも、いずれにせよ出産後の母親の身体はボロボロの状態になっています。しかしだからと言って休めるのは出産当日のみ。翌日から(病院によっては出産当日から)授乳や沐浴などノンストップで子育てが始まるのです。1週間の入院生活スケジュールはどのようになっているのか、私の体験をもとにご紹介します。

スポンサーリンク

出産翌日からは慣れない育児のスタート

出産当日は興奮しているのと、両家の家族がお見舞いにくればその対応等でなかなか休めないこともありますが、できる限り当日のうちに休んでおくことが重要です。翌日からは体力勝負の育児が始まります。ここでは翌日からどんなことをするのかをご紹介します。

新生児室へわが子を迎えに オムツ指導も

出産翌日、助産師さんによって沐浴を終えたわが子を迎えに行くと同時に、オムツの交換方法を教わります。同日に出産した人全員が集まり、その中の一人の赤ちゃんを使って実演で教えてくれます。男の子の場合のウンチの拭き方(おしっこは拭く必要がない)や、女の子の場合のおしっこ・ウンチの吹き方等細かく指導がありますので、ここできちんと覚えます。

授乳方法や粉ミルクの作り方を教わる

オムツ交換の次は、わが子を抱いて実際に授乳の姿勢を学びます。わが子を抱っこするのはこの時が初めてですので、首が座らずにクニャクニャとした状態の赤ちゃんをどう抱っこしたら良いか分からず最初は戸惑うでしょう。一人一人の姿勢や乳首の含ませ具合を助産師さんがその場でチェックしてくれます。それが終わると、今度は粉ミルクの作り方を教わります。

お世話の記録表の書き方を教わる

私が入院していた病院では午前9時~11時は新生児室に赤ちゃんを預け、助産師さんが沐浴するという流れでした。預けている2時間を除いた22時間は母親が赤ちゃんのお世話をすることになります。母親だけでなく助産師さんも赤ちゃんの状態を知るために、お世話の記録をするよう記録表を渡されました。何時におしっこ・ウンチをしたか、ウンチは何色だったか、乳首をくわえたか、ミルクをどのくらいの量飲んだかを記入するものです。

合わせて読みたい

出生届・給付金・産後に行うべき手続きまとめ
妊娠中は、妊婦の体調や無事に赤ちゃんが生まれてくるための環境づくりに気をかけなければなりません。その一方で、赤ちゃんが生まれた後の手続きなど、行うべきことを事前に確認し、忘れずに行動していくことも重要です。 今回は産後に行うべき手続きや、受け取ることのできる給付金などについてご紹介します。 ...

少し育児に慣れてくる産後2~4日目

ミルクやオムツ交換の頻度が多いので、このくらいの日数になると少しは手つきにも慣れが出てきます。抱っこも初日に比べるとコツがつかめてくるでしょう。また、人によってはそろそろ寝不足の辛さを感じてくる頃です。ではこの頃のスケジュールを見てみましょう。

母体に異常がないか健康チェック

たんぱくが出ていないかを調べる尿検査、貧血等がないかを調べる血液検査、その他に体重測定を行います。体重測定では思いのほか体重が減っていなくてガッカリする人もいるでしょうが、今後母乳で育てたいのならダイエットは厳禁です。ダイエットの影響で母乳の出が悪くなってしまうかもしれませんので、ダイエットを始めるのであれば母乳育児が終わってからにしましょう。

粉ミルクメーカーの人が調乳指導をすることも

出産翌日に調乳方法はひととおり教わりますが、粉ミルクメーカーの人が改めて説明してくれる場合もあります。主に自社製品の良いところ(母乳に近い成分で作られています、消化が良いように作られています等)を交えての説明だったりしますが、終わりに商品のサンプルを配布してくれることもありますので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

沐浴の仕方を赤ちゃん実演で教わる

出産日の近い母親が集まって、一斉に沐浴の仕方を助産師さんから教わります。その際に参加者の赤ちゃん一人を代表として使って実演しながらの講習となります。出産前に参加するパパママ教室では赤ちゃんの人形を使っての説明をする病院がほとんどですが、実際に動く赤ちゃんを使っての説明のほうがより現実味があるでしょう。

合わせて読みたい

あってよかった!産後に必要となるアイテムリスト
母親学級や入院時など様々な場面で産後に必要なアイテムリストは渡されます。しかし、それだけでは足りないかった物も多く、退院後実家に帰った人はいいのですが、赤ちゃんのお世話をしてくれる人が居ない人は買い物もできずに困ってしまうことが多いです。そこで、ここでは産後あってよかったと感じたアイテムを紹...

退院間近の産後5日~退院日当日

産後の育児疲れを感じ、これからの生活を考えると少し不安に思う方もいるでしょう。不安に感じるところ・疑問に思うことは、入院しているうちに助産師さんに質問して、退院後の不安を少しでも取り除いておきましょう。

退院した後の生活についてアドバイスをもらう

赤ちゃんにとって適した温度や服装・ベッドの配置等、生活環境について教わります。赤ちゃんのことだけでなく、母体の回復を早めるための体操や、出産で緩くなった膣を引き締めるための軽い筋トレ等、様々なことを教えてくれますし、退院後1ヶ月健診について当日の流れや持ち物等の説明もしてくれます。また、家族計画として避妊方法の指導もあります。

産後の母体に異常がないか診察を受ける

退院日の前日に、子宮の回復具合や会陰切開の傷口の様子を診るために内診があります。そこで特に異常がなければめでたく退院決定となるでしょう。会陰部がかぶれてかゆい等、何かトラブルがあったり欲しい薬があったりする場合には、退院当日でなく診察の時に伝えておいたほうがスムーズです。退院後は病院に来るにも大変なので、今のうちに遠慮なく言いましょう。

退院当日は帰る身支度をするだけ

退院の時間は申告制となり、母親やその家族の都合で決められます。どちらかというと迎えに来てくれる家族の都合が優先されるでしょう。退院当日に母親がすることは退院の帰り支度のみで、あとは助産師さんが母子手帳に必要事項を記入して終わりです。中には退院の祝福としてお菓子等のプレゼントをくれる病院もありますよ!

おわりに

おわりに、入院中の母親はあまり眠れません。なぜなら病室に人が出入りする機会が意外と多いためです。朝昼晩に食事が運ばれてきますし、その他にもお掃除の方が来る、ゴミ回収の方が来る、回診がある、定期的な授乳時間、助産師さんが定期的に様子を見に来てくれる、来客がある等、ありがたい反面まとめて寝る時間がないものです。お腹の中にいた赤ちゃんと一緒に退院できる喜びを噛み締めて、退院後の生活の練習と思って頑張りましょう。

ピックアップ

産後ママのために、パパができる9つの事
子どもが生まれて大喜びもつかの間、ママとパパは育児に追われる日々が始まっていきます。可愛いし愛しいし一緒に赤ちゃんと過ごす時間は楽しいですが、それだけじゃないんです。特にママはお産という大仕事終えたあとです!これからのパパの協力がどれだけあるかでママの大変さは変わってきます。ぜひこの記事を読...
食事でしっかり、産褥期の体力を回復!オススメしたい食事3選
出産という大仕事を終えて、ママはもうヘトヘト。なのに、出産と同時に子育てが始まり、昼夜問わずに休息もままならず、自分のことは後回しになりがち。けれど、この産褥期を乗り切り、体力を回復するために、食事はとても大切です。ここでは、産褥期に特に必要な鉄、タンパク質、カルシウムを含むオススメの食事を...
産後のホルモンバランスを整える4つの方法
出産後、ママの体にはさまざまな変化が起こります。その原因は、出産や育児によってホルモンバランスが乱れていることにあります。体調を順調に回復させるには、ホルモンバランスを整えることが重要です。 ここでは、産後にホルモンバランスが乱れる原因と症状、また、ホルモンバランスを整える4つの方法をご紹介し...
デコレーションケーキ作りが好きな、1児の母です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
出産翌日から大忙し!出産後の院内スケジュールを把握しよう
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る