何を揃えたら良い?必ず必要になる赤ちゃん用品リスト

良ければシェアをお願いします。

ベビー用品

出産間近のみなさんは、すでにご自宅で赤ちゃんを迎え入れる準備はお済みでしょうか。産まれてから用意すればよいと思っていては時すでに遅し。出産後はあれよあれよという間に赤ちゃんのお世話で時間が経ってしまいます。そんなわけで「これだけは必要!」という赤ちゃん用品を以下にリストアップしてみたのでぜひご参考頂ければと思います。

スポンサーリンク

妊娠初期から揃えられるものは早めに

妊娠4か月の初期から6か月の中期にかけて、出産準備や赤ちゃん用品をぜひ揃えてほしいです。この時期はつわりなどで体調が万全という日はなかなかないかもしれませんが、それ以降の体調も読めないからこそ妊娠が判ったら早く行動に移したいもの。既に産後に使うものは見当がついているので早速ここに挙げてみましょう。

退院直後から欠かせないベビーバス

赤ちゃんと共に退院してから早速自宅での生活が始まります。入院中は助産師さんのもとで赤ちゃんの沐浴をお願いしていましたが、これからはパパやママの役割になりますね。1カ月健診時に先生から自宅のお風呂で入浴可といわれるまでは沐浴が必須となります。いまでは台所のシンクにも入るシリコン製のものやビニール製のものもあるのでお気に入りを見つけてみるといいでしょう。

まとめ買いがお得のオムツとおしりふき

赤ちゃんのお尻はデリケート、ちょっと放置しておくだけでかぶれてしまいます。特に生まれたばかりの赤ちゃんは母乳やミルクのみで一日に何回も排泄をします。うんちもゆるゆるだと気づいたらすぐに取り換えなければなりません。オムツやおしりふきはたくさん買ってもすぐに消耗してしまいます。多すぎかな?くらいに備えておくとよいでしょう。もちろん赤ちゃんがかぶれないオムツだと確認してから大量購入することをおすすめします。不安なら病院で使っていたオムツと同じメーカーをチョイスするのが無難でしょう。

子どものサイズに合ったものを…ベビー布団やベッド

大人の布団に一緒に寝ればよいと考えがちですが、重量が重かったり、また、ふかふかしていたりするなど大人の規格は赤ちゃんには危険な場合があります。気づかないうちに大人や布団がかぶさって息ができなくなったなど、命にかかわる事故にもつながってしまいます。コストはかかりますが、やはり規格に合った赤ちゃん用の寝具を用意した方が安心かつ安全です。

合わせて読みたい

あってよかった!産後に必要となるアイテムリスト
母親学級や入院時など様々な場面で産後に必要なアイテムリストは渡されます。しかし、それだけでは足りないかった物も多く、退院後実家に帰った人はいいのですが、赤ちゃんのお世話をしてくれる人が居ない人は買い物もできずに困ってしまうことが多いです。そこで、ここでは産後あってよかったと感じたアイテムを紹...

妊娠中期以降は無理をしないで準備をしよう

つわりも収まり、安定期を迎えてから気持ちもだいぶ楽になってきているのがこの時期ではないでしょうか。ですがいくら体調が落ち着いているからと言っても今までと変わらず無理は禁物です。大体この頃には性別も判明してきますので、性別に合わせたものを揃えると良いですね。

肌着などの衣類系、予定日を考えて……

さて、だいたい24週くらいから産院の先生は妊婦さんに性別をお伝えすることが多いようです。そこで、性別が分かった時点でやっと衣類系を揃えることができるでしょう。それ以前に揃えることもできますが、男の子か女の子かわからない場合は「黄色い服」をチョイスするのが妊婦さんやその家族がやる「あるあるごと」ですね。まだ出産まで3か月あるので先の季節を考えて衣類を用意しましょう。

赤ちゃんは保湿が重要…スキンケア用品

産まれてくる前のママのお腹の中は無菌状態で、赤ちゃんは羊水に包まれていたためゆで卵のようなつるつるのお肌でした。外界に出てくると乾燥の連続、そして紫外線などにも触れるので肌のケアは不可欠です。ベビーローションやクリームなど保湿系のスキンケアを常時備えておくことをおすすめします。赤ちゃん時の保湿を怠ると肌疾患にもなりやすいので注意です。

移動時に必要な抱っこひもやベビーカー

赤ちゃんが産まれてから2か月も経つと早速予防接種が始まります。その後毎月のように予防接種が続いたり、健診があったりと外出もしなければなりません。そこで抱っこひもやベビーカーのどちらか用意しておくと便利です。ベビーカーはA型B型とタイプがありますが、後者の方が3歳ころまで使えるタイプのため買い替える必要もなくお得です。また車を利用することが多いのであれば「チャイルドシート」もお忘れなく!

合わせて読みたい

産後のホルモンバランスを整える4つの方法
出産後、ママの体にはさまざまな変化が起こります。その原因は、出産や育児によってホルモンバランスが乱れていることにあります。体調を順調に回復させるには、ホルモンバランスを整えることが重要です。 ここでは、産後にホルモンバランスが乱れる原因と症状、また、ホルモンバランスを整える4つの方法をご紹介し...

出産間際には買い忘れた物や予備のほてんを

妊娠初期から中期、後期と順を追って必要なものをお伝えしてきましたが、これからは赤ちゃんが産まれてくるためにとにかく無理をしない過ごし方が大事。買い忘れたものを補う程度にとどめておきたい時期でもあります。

もしものときのための哺乳瓶とミルク

母乳推奨の産院では「ミルクなんて必要ない!」と言われるかもしれません。ですが、母乳母乳と意識しすぎたり自宅での慣れない育児でストレスから母乳が出なくなってしまったり、ママが体調を崩して一時的に母乳をあげられなくなってしまうといったことも起きるのです。使わないかもしれませんが念のために哺乳瓶1つと粉ミルクは備えておくと無難かもしれません。

体温計や鼻吸い器などの医療機器

赤ちゃんは産まれてから半年はママの免疫が残っているために熱を出すことがないと言われています。体温も平熱が37度5分くらいまでは普通のこと。だからといって部屋が暑すぎたり衣類の着せ過ぎだったりと簡単に熱が上がってしまうのも赤ちゃんだからこそ。体温調節がまだ十分な時期ではないので、体温計はあると良いでしょう。また鼻詰まりにも赤ちゃんはなりやすいので鼻吸い器も置いておくと便利です。

どのくらい栄養とれたかな?体重計

母乳をどのくらい飲んだのかわかりませんよね。自宅にある体重計でママの体重から子供の体重を測ることはできますが意外と面倒です。もし、予算があるならベビー用のスケールも用意しておくと便利かもしれません。結構母乳飲んだかな?まだ足りないかな?など栄養の指標や健康状態も分かるので置いておくといいかもしれません。

おわりに

いかがでしたでしょうか。「まだ用意しなくてもいいや」と悠長に過ごしているとあっという間に出産時期になってしまいます。早ければ早いに越したことはないので余裕をもって準備をし、出産も余裕を持って臨んでもらいたいものです。

ピックアップ

出生届・給付金・産後に行うべき手続きまとめ
妊娠中は、妊婦の体調や無事に赤ちゃんが生まれてくるための環境づくりに気をかけなければなりません。その一方で、赤ちゃんが生まれた後の手続きなど、行うべきことを事前に確認し、忘れずに行動していくことも重要です。 今回は産後に行うべき手続きや、受け取ることのできる給付金などについてご紹介します。 ...
産後ママのために、パパができる9つの事
子どもが生まれて大喜びもつかの間、ママとパパは育児に追われる日々が始まっていきます。可愛いし愛しいし一緒に赤ちゃんと過ごす時間は楽しいですが、それだけじゃないんです。特にママはお産という大仕事終えたあとです!これからのパパの協力がどれだけあるかでママの大変さは変わってきます。ぜひこの記事を読...
食事でしっかり、産褥期の体力を回復!オススメしたい食事3選
出産という大仕事を終えて、ママはもうヘトヘト。なのに、出産と同時に子育てが始まり、昼夜問わずに休息もままならず、自分のことは後回しになりがち。けれど、この産褥期を乗り切り、体力を回復するために、食事はとても大切です。ここでは、産褥期に特に必要な鉄、タンパク質、カルシウムを含むオススメの食事を...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
何を揃えたら良い?必ず必要になる赤ちゃん用品リスト
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る